小腸と大腸の超音波(腹部エコー)の見分け方、代表的な病気(十二指腸潰瘍・小腸炎・憩室炎・感染性腸炎)

病院での下痢の薬や検査

昔は、ガスの多い消化管(小腸や大腸)では画像が鮮明にみえず、超音波検査(腹部エコー)は不向きとされていました。というのも、超音波は空気が多い所では、空気があると超音波がうまく通らず画像が見えないという欠点があり、腸管は画・・・

ページの先頭へ