まだほんの小さな命の登場なのに、妊娠したとたんに、体はすごい勢いで変化し始めます。女性の体は、まさに「神秘」そのもので、自分が何もしなくても、自然と出産にむけて変わっていくのです。

 

その変化に伴い、さまざまな体調不良も起こります。妊娠時の体調不良の代表に「つわり」がありますが、その症状は「吐き気」だけに留まらず、「頭痛」を訴える妊婦さんもたくさんいます。

 

また、それらの体調不良を起こしている妊婦さんのほとんどは、便秘を起こしているのです。

 

そこで、今回は妊婦さんを苦しめる便秘と、併発する「吐き気」や「頭痛」などの体調不良を起こす原因と対処法について調べてみました。

 

 

 

妊婦を苦しめる便秘!吐き気を併発する原因とは?

妊婦,便秘,吐き気,頭痛
妊婦さんの体調不良は、初期→中期→後期と、妊娠が進行するに従って、変化します。

 

妊娠すると、女性ホルモンのプロゲステロンの作用により、腸のぜんどう運動が鈍くなるため、ほとんどの妊婦さんが便秘傾向となります。便秘が起こると、腸内に悪玉菌が繁殖し、腸内には毒素が溜まります。毒素は血管に吸収され、体内をめぐるため、さまざまな悪影響が出てきます。

 

妊娠初期に多い「つわり」ですが、どうして起きるのかは、ハッキリとした原因がわかっていませんが、「ホルモン」「自律神経」「便秘の悪影響」などの異常が一気に起こることで、体が反応していると考えられています。

 

  • 妊娠初期 → 妊娠中期の吐き気 

「つわり」は、中期にあたる安定期に入ると治まることが多く、そこから見ても、体の変化に伴って症状が変化していることが考えられます。「つわり」による吐き気の場合、ただ治まるのをジッと待ち、耐える事しかできず、辛い毎日となります。

 

担当医に相談すると、プリンペランなどの吐き気止めの注射や点滴をしてくれたり、錠剤を処方してくれますが、この効き目はかなり個人差があります。また、その状態によって、栄養補給と水分補給の点滴をすることもあります。

 

栄養や水分が不足すると、母体だけではなく、お腹の赤ちゃんの成長にも影響が出てしまうので、担当医にはマメに相談するようにしましょう。体が冷えると、症状が悪化するので、冷えは禁物です。

 

  • 妊娠中期 → 妊娠後期の吐き気 

中期以降になり、お腹が大きくなってくると、今度は子宮による胃や十二指腸の圧迫、胃のせり上がりなどで、ムカツキや吐き気を起こすことがあります。食事を一度にとらず、少量を何度も食べるようにするなどの工夫で、軽減できることもあります。

 

「後期つわり」と呼ばれることもあり、臨月近くになって、吐き気が起こることは、良くあるのです。また、この頃になると、大きなお腹は腸も圧迫するため、便秘はさらに深刻になってきます。ひどい便秘から、毒素が逆流し、吐き気を呼ぶこともありますので、便秘対策も万全にしなくてはなりません。

 

妊婦の多くが苦しむ便秘の解消法とは?即効性のあるものどれ?

 

この後期つわりは、初期のつわりほど酷い症状が出る人は少なく、吐き続けるようなことはありません。症状がひどい場合は、中毒症などの深刻な状態も考えられるので、すぐに担当医に相談してください。

 

妊婦を苦しめる便秘と頭痛が併発する原因とは?

吐き気と同様に、妊娠すると頭痛が起きることが良くあります。妊娠時の頭痛は、最初から最後までつきまとうことが多く、「便秘」「吐き気」「頭痛」は妊婦を苦しめる3大要素なのです。こちらも、妊娠時期によって、違う原因が考えられます。

 

  • 妊娠初期 → 妊娠中期の頭痛 

妊娠超初期の頭痛は、女性ホルモンの変化によって起こると考えられます。妊娠すると、プロゲステロンの分泌量が増え、エストロゲンは抑えられます。エストロゲンの分泌が抑えられると、それに伴ってセロトニンの分泌も抑えられることになり、血管が拡張し、片頭痛が起きやすくなるのです。

 

つわりが起こるようになってくると、吐き気のたびに体中の筋肉が緊張し、血管を圧迫し、血行不良を起こします。血行不良は冷えを呼び、また「つわり」が悪化してしまうと言う、負の連鎖が起きてしまいます。また、妊娠の不安やストレスで自律神経が不安定になることでも、筋肉は緊張してしまいます。

 

  • 妊娠中期 → 妊娠後期の頭痛 

お腹が大きくなってくると、子宮は周りの血管を圧迫し、血行不良が起こります。そのため、いつ頭痛が起きてもおかしくない毎日を送ることになるのです。 また、重いお腹を抱えているため、筋肉は常に緊張していて、これらも血行不良の原因となります。 この頃は、肩こりや首コリも起こりやすく、体は疲れやすくなります。

 

妊婦を苦しめる「便秘」「吐き気」「頭痛」の対処法とは?

妊婦,便秘,吐き気,頭痛
「便秘」「吐き気」「頭痛」これらを引き起こす原因の共通点は血行不良です。

 

血行不良を起こす原因 (冷え・筋肉の緊張・ストレス・睡眠不足・貧血 )また、これらはお互いに影響し合って引き起こすことあります。そのため、どれかひとつでも起きると、連鎖的に引き起こることがあります。上記の状態にならないように気を付けることで、妊娠時の体調不良を軽減することができるのです。

 

対処法

◎体を温める(体を温めることで、冷え、筋肉の緊張を緩和させることができ、血行を促進します 。)

  • ゆっくりと温めのお風呂に浸かる
  • 腰をカイロで温める
  • 温かい食べ物、飲み物を飲む

 

◎簡単な運動をする(適度な運動を続けることで、筋力の衰えを防止します。 )

  • マタニティー・ストレッチ
  • 散歩

 

◎ストレス解消(ストレスは筋肉の緊張を起こすため、血行不良を呼びます。)

  • 家に引き込もらない
  • リラックスする
  • アロマを使用する

 

◎十分な睡眠をとる(妊娠時は、昼間たくさん寝てしまい、昼夜逆転の生活になるなど、睡眠障害を起こしやすいのです。)

  • 早寝早起き
  • 生活リズムを整える

 

◎食生活を見直す(つわりや体調不良によって、妊娠時は偏食になりやすいので、栄養補給を心がけましょう。 )

  • 鉄分などの足りない栄養分のサプリメントを飲む
  • 少しずつ数回に分けて食べる
  • 水分をとる

 

妊娠時だけに限らず、女性は体を冷やすと体調を崩してしまいます。男性に比べて、もともと体温が低いこともあり、すぐに代謝が悪くなってしまうのです。妊娠時は、できる運動が限られてしまうことや、動きが緩慢になることなどから、より代謝が悪くなりやすく、血行不良になってしまいます。

 

視覚から爽快感を味わい気分を楽にする!

妊婦,便秘,吐き気,頭痛

つわりや、体調不良を起こしていると、安静にしているしかなく、徐々に気分も沈んでしまいます。

 

そんな時は、良い景色の映画や写真集など、視覚から爽快感を味わうとリラックス効果が得られます。 アロマを使用する時は、柑橘系がお勧めですが、臭覚が敏感になっているため、気分が良くないときはやめておきましょう。

 

妊婦の便秘や下痢は危険?流産との関係はある?

 

テレビは、食べ物のCMだけでも気分が悪くなることがありますので、その日の体調を良く考えて観るようにしましょう。環境系や癒し系のDVD,動画などは目にも優しく、心地よい音楽が流れることで、安心してリラックスすることができます。

 

 

まとめ

「便秘」「吐き気」「頭痛」が起きるには、共通する原因が考えられます。

 

それは、体が冷えたり、筋肉の緊張などから起きる、血行不良です。人の体の機能がうまく成り立つためは、血液のスムーズな循環が不可欠なのです。血行不良が起きると、体はとたんにうまく機能しなくなり、影響が出てしまいます。

 

妊婦さんは、血行不良を起こす原因が通常時より多くなるので、より注意が必要なのです。

 

つわりがひどかったり、体調不良が続くと、気分が沈んできてしまいます。そんな時は、自然の溢れるDVDや動画、写真集などで、視覚から爽快感を味わうと、気分がスッキリし、リラックスできますよ。