下痢をしているだけでも体調がすぐれないのに、その下痢が突然緑色になったりすれば、心配でますます具合が悪くなってしまいそうですよね。

 

緑色の下痢を見てまず疑うのは食中毒でしょうか?しかし緑色の下痢は食中毒だけではありません。原因を知り正しく対処したいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢が緑色だった時は食中毒?

6939-003
まずは便の色がどのように付けられるのか知っておきましょう。便の色というと、ほとんどの人が黄土色や茶色をイメージするのではないでしょうか。

 

私たちの便の色を決めているのは、肝臓で生成され十二指腸で分泌される胆汁(たんじゅう)という消化液に含まれるビリルビンという色素なのです。

 

胆汁とはアルカリ性の黄色い液体で、胃で消化された後の内容物をさらに分解するために働きます。この時にビリルビンという色素が内容物に混ざり色が付くのです。

 

その後小腸を通り大腸に移動すると、このビリルビンは再び吸収されて黄土色~茶色の便となって排出されるのが健康な状態なのですが、腸の炎症などの病気やその他の原因によって、便は緑色をはじめ、様々な色に変化します。

 

食中毒でも便が緑色になることはあります。

 

食中毒とは、私たちの体に有害な細菌やウイルスが付着した食品を食べたり飲んだりすることで起こる健康被害の総称です。

 

多くの場合は下痢、腹痛、嘔吐(おうと)などの消化器症状が現れ、発熱や頭痛を伴うこともあります。食あたりともいいますが、同じ意味で使われており、食中毒は医療用語で食あたりは医療用語ではないという違いだけです。

 

消化器症状が起こっているということは、腸の中で炎症が起こっていることが考えられます。そのような状態では腸は正常な役割を果たすことができず、ビリルビンの再吸収という働きが不十分になってしまいます。

 

ビリルビンは長い間空気(腸内のガスも含む)に触れると酸化し、緑色になる性質を持っています。再吸収されなかったビリルビンは便の中に残ってしまい、それが酸化して便を緑色に変えてしまうことがあるのです。

 

腸が炎症を起こすのは、食中毒だけではありません。ノロウイルスなどに感染したことで発症する感染性胃腸炎やストレスが原因で発症することの多い過敏性腸症候群、暴飲暴食でも腸が炎症を起こすこともあります。すると食中毒の時と同じような仕組みで便が緑色になってしまうことがあるのです。

 

腸の炎症とまではいかなくても、腸の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れることで、通常は酸性に保たれている腸内環境がアルカリ性に傾いてしまい、便が緑色になることがあります。

 

病気などではなく、食べたものの色がそのまま出てくるケースもあります。緑黄色野菜や最近はやりのグリーンスムージーなどを摂りすぎると緑色の下痢が出ることがあります。

 

これは、体からの過剰摂取を伝えるサインだと思ってください。体に良いものだからといって、特定の食べ物の摂りすぎはおすすめできません。

 

食べ物が影響しているだけならよいのですが、重大な病気が原因になっていることもあるので油断してはいけません。たとえば溶血性貧血や肝臓の病気が考えられます。

 

溶血性貧血は赤血球の破壊を亢進させてしまう病気です。

 

ビリルビンの原料は実は古くなったり壊れたりした赤血球なのです。その赤血球を肝臓が処理してビリルビンに変えているのですが、壊れた赤血球が増えると、肝臓が頑張りすぎてしまいビリルビンの量が増えすぎてしまいます。

 

そうなると腸での再吸収が追い付かず、結果便の中にビリルビンがたくさん残りそれが酸化して緑色になることがあります。

 

下痢が緑色で続く場合は胃腸炎?対処法や治療法とは?

 

また黄疸(おうだん)が現れた場合も要注意です。黄疸とは皮膚や白目が黄色っぽくなってくる症状です。これは血中のビリルビンの濃度が高くなり起こる症状で、肝臓の異常を知らせるサインです。緑の便と黄疸が確認されたらすぐに病院で肝機能の検査を受けましょう。

 

下痢が緑だった時、腹痛はあるの?

痛みを感じるということは、体が異常を知らせているということです。ではまず腹痛はなぜ起きるのか、簡単にお伝えします。腹痛には大きく分けて3種類あります。

 

  • 体性痛
  • 内臓痛
  • 関連痛

 

体性痛は、お腹の中の臓器が炎症を起こし、腹壁や腸間膜という腸と腸の間にある膜が刺激される起こる腹痛です。痛みが狭い範囲で発生するため、ここが痛い!とはっきり分かることいわれています。動けないほどの鋭い痛みが続くこともあります。

スポンサーリンク

ダウンロード
内臓痛
とは、胃や腸などの臓器が異常に収縮したり痙攣(けいれん)を起こしたりすることで起こります。肝臓などのお腹の中の臓器も、病気によって腫れたりすると臓器を覆っている膜が伸ばされて痛みが生じます。間欠的でなんとなくお腹が痛いような症状から激しい腹痛まで様々です。痛みの部位は特定しにくく、お腹全体が痛い・下腹が痛いなど漠然とした訴えが多く聞かれます。

benpi
関連痛
とは、内臓の痛みを伝える神経が皮膚の痛みを伝える神経と合流することで起こる痛みです。痛みの発生源となっている内臓から離れた場所で痛みを感じることがあります。

hard
腹痛を伴う下痢の場合は、ほとんどが「内臓痛」です。

 

原因によって腹痛の有無は異なりますが、食中毒を含む感染性腸症候群が原因の場合は腹痛も伴うことが多いです。腹痛だけに限らず吐き気や嘔吐、発熱も伴います。病原菌によってかなり激しい腹痛を伴うものもあります。

 

その他にも、過敏性腸症候群や暴飲暴食による緑色の下痢もグルグルとお腹が痛むことが多いです。食べたものがそのまま出てきて緑色をしている場合は腹痛はないことがほとんどで、排便時に少しお腹が痛む程度のことが多いです。

 

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、肝臓の病気で腹痛を感じることは少なく、腹痛を感じたときにはかなり重症化していると言われています。

 

下痢が緑色の時の対処法は?

まずは、最近の食生活を振り返ることから始めましょう。緑黄色野菜を摂りすぎたり、暴飲暴食が続いているなどの心当たりがあれば、まずは食生活を見直してください。

 

緑色の下痢とともに、吐き気や嘔吐(おうと)、腹痛、発熱などを伴っている場合は、食中毒を含む感染性胃腸炎をひき起こしている可能性が高くなります。

 

感染性胃腸炎を起こしているときは、胃腸を安静にすることが最も大切です。

 

胃腸の中に何も入れないことが最も安静といえるのですが、下痢は思っている以上に体の水分を失っているため、脱水になるのを予防しなければいけません。水分は少しずつ何度にも分けてしっかり摂るようにしましょう。冷たい飲み物は避け、常温のお茶やスポーツドリンクなどか温かい飲み物で水分補給します。

 

下痢が始まって半日~1日は絶食が好ましく、すこし落ち着いて来たら、消化の良いものから食べ始めます。

 

感染性胃腸炎の場合は、病原菌を早く体の外へ出そうとする防衛反応なので、無理に下痢や嘔吐を止めてしまうと病原体を体の中に留め、病状を長引かせてしまう恐れがあります。すぐに下痢止めや吐き気止めを使用するのはおすすめできません。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、腸内環境が乱れて腸がアルカリ性に傾いていることが原因の場合は、腸内環境を整えるヨーグルトなどの摂取を習慣にして少しずつでも腸内環境を整えるのも効果があります。

 

過敏性腸症候群の場合も胃腸の安静が基本ですが、原因となるストレスが改善されないと長引いてしまう可能性があります。

 

下痢が緑色に?1歳児や赤ちゃん、大人で変わる原因や症状は?

 

肝臓の病気が原因の場合は、肌の色や白目を鏡の前でチェックしてみてください。もし黄疸の症状が確認されたら速やかに内科を受診し検査を受けて、適切な治療を受ける必要があります。溶血性貧血の場合も病院での治療が必要になります。

 

まとめ

緑色の下痢をみると最初は驚いてしまうと思いますが、原因や対処法を知った今なら冷静になることができると思います。

 

食中毒が原因で下痢が緑色になる場合も多いのですが、その他の原因でも下痢が緑色になることがあると分かりました。

 

食生活の見直しで改善するものから、重大な病気が原因の場合まで様々なので、下痢以外の症状とも総合的に考えて原因を追究し正しく対処して、少しでも早い下痢症状の改善を目指しましょう。

 

スポンサーリンク