妊娠後期に入ってくると、お腹の重みで腸から肛門までが圧迫され、つねにうっ血している病態になります。

 

そんな時に、便秘でいきんでいると「イボ痔」「切れ痔」に・・・排便のたびに、トイレットペーパーにつく程度の出血が続きます。痔は、放っておくとどんどん酷くなってしまいますよ。

 

また、その出血は本当に痔からなのか不安ではないですか?子宮からだったらどうしよう・・・と不安になりますよね。そこで今回は、妊婦の便秘から起こる痔と出血について調べてみました。

 

 

 

妊婦がなりやすい便秘からの「痔」!原因や対処法は?

妊婦,便秘,痔,出血
妊娠後期に入ると、赤ちゃんはさらに大きくなり、腸は背中の方へ押されています。

 

妊婦は、ただでさえ便秘になりやすいのに、腸は圧迫されてどんどん動きが鈍くなり、排便困難な状態が続きます。排便のたびに強くいきんでいると、ある時「お尻に違和感が」と言うことになります。または、痛みはないのに、お尻を拭いたら出血していた・・なんてことも起こります。

 

  • イボ痔

最初は直腸に出来て、痛みはないのに、出血することが増えてきます。この直腸にできる痔を「内痔核」と言います。その後も、うっ血が続くと、中には収まり切らず、外に飛び出してきます。それを「外痔核」と言い、肛門のひだひだの一部が大豆ほどに飛び出してしまうようになります。この状態は、立っていても座っていてもお尻に違和感があり、不快なものです。

 

痔の外用薬は、妊婦にも影響がなく、使用することが出来ます。外痔核は押し込むことで、治まる可能性があります。それは、トイレに行くたびに、シャワーでイボ痔を温め、出ている部分を中に押し込むと言うことです。

 

最初はパンパンに膨れているので、触ると飛び上がるほど痛いですが、良く温めて押し込んでいるうちに、柔らかくなり、最後には出てこなくなります。これは、早いうちにやらないと効果が薄いので、「あれ?」っと違和感あったなら、鏡を見て確認し、すぐに始めましょう。

 

トイレ → シャワー → 押し込み → 軟膏 を繰り返します。

 

最初の2日間は、排尿だけの時もできるだけ行うと治りやすくなります。イボ痔は戻る力が強いので、何度もやらないと意味がないのです。3日目になると、かなり柔らかくなります。また、座る時は、お尻の下にカイロを置くなど、常に肛門部を温めておくように気を付けると、効果的です。

 

また、便秘にも良い効果があるので、体は温めるようにしましょう。とても痛みがひどい時や、出血が多い時は、まず産科の先生に診てもらいましょう。妊娠中の痔は、妊婦の80%が経験すると言います。そのため、診てもらう方は恥ずかしいですが、肛門科でなくても、ほとんどの産科の先生は慣れたものなのです。

 

  • 切れ痔

硬い便をした際、肛門内の粘膜、または肛門を傷つけて、そこから出血します。切れ痔は放っておくと、細菌による感染症を起こす可能性があるため、早めに治療してしまいましょう。

 

妊婦の多くが苦しむ便秘の解消法とは?即効性のあるものどれ?

 

痛みが無い場合、トイレットペーパーに血が付いていることで、子宮からの出血だったらどうしよう・・・と不安になります。その確認も含めて、早めに産科の先生に相談してみましょう。切れ痔も、早い治療なら、軟膏で治ります。

 

妊婦が痔にならないためには、何としても便秘をしないこと!

妊婦の80%もの人が経験すると言われる「痔」ですが、その原因は大きなお腹に圧迫されて起こる、うっ血と血行不良です。妊娠時は、循環血液量が増えるため、肛門周りの血管は通常時の1.4倍ほどの太さになっています。

 

また、水分の吸収力も大きくなっているため、肛門付近は常に、むくみのある状態になっています。そのため、より一層うっ血しやすくなっていて、今まで「痔」になったことなど無い人でも、妊娠時は、痔を経験してしまうのです。

 

痔は、お尻を温めたり、常に体を冷やさないように気を付けることなどで血行を促進し、回避することができます。ところが、そこへ便秘が起こると、そのたびに強い圧力がかかり、うっ血はひどくなり、痔になってしまうのです。痔にならないためには、出来る限り便秘にならないようにすることが大切なのです。

 

妊娠後期の出血!痔か異常出血かわからない?

妊婦,便秘,痔,出血
トイレットペーパーに血が付くような状態だと、これはいつもの「痔」の出血なのか、子宮から出ている出血なのか、わからないことがあります。37週目を過ぎている場合は、いつ生まれても大丈夫なことが多いので、腹部の痛みや、ひどい張りなどがなければ、さほど心配はありません。

 

ただし、腹部に痛みがある場合などは、胎盤剥離が起こる可能性があるため、すぐに病院へ行きましょう。また、37週未満の妊婦さんは、心配な出血があったなら、迷わず病院へ行きましょう。早産になってしまっては大変です。

 

37週以降に起こる胎盤剥離とは?⇒正確には「常位胎盤早期剥離」と言います。通常は赤ちゃんが誕生したあとに、役目を終えた胎盤が剥がれて出てくるものですが、胎盤剥離は、まだ、赤ちゃんが子宮内にいるのに、先に胎盤が剥がれてしまう状態を言います。

 

胎盤は、赤ちゃんに栄養や酸素を与える唯一の手段です。その胎盤が先に剥がれてしまうと言うことは、赤ちゃんは、酸欠状態を起こしてしまいます。

 

そのため、胎盤剥離が起きたら、直ちに出産させる必要があるのです。命が助かっても、酸欠状態が長いと、脳に障害が残ることもあり、非常に緊急を要する事態です。

 

胎盤剥離は、剥がれた子宮壁からも出血することから、大量出血によるショックを起こす可能性があり、母体も命の危険にさらされます。この胎盤剥離は、何がきっかけで起きるのか、ハッキリとわかっていません。

 

ただし、起こす可能性がある人は、妊娠中にわかっているため、大事をとって、その時期には入院していることが多いです。

 

可能性の高いひとは、妊娠高血圧症候群と診断された妊婦さんですが、特に診断はされなくて、良好な状態だった妊婦さんが突然、胎盤剥離が起きる可能性も無いわけではありません。そのため、妊娠後期になったら、わずかな変化にも注意が必要です。

 

胎盤剥離は、きっかけはわかりませんが、胎盤の血行不良が原因だと言うことは、判明しています。一部分から血行が悪くなり、徐々に壊死し始め、そこから剥がれ始めます。常位胎盤早期剥離の症状は、「突然の腹痛」「出血」「胎動の減少」があります。

 

特に、胎動の減少は、ママにしかわかりません。「おかしい」と感じたら、赤ちゃんからのSOSの可能性もあるので、病院へ行きましょう。

 

36週までに起きる早産⇒22週~36週の間の出産を、早産と言います。その中でも、90%が32週~36週の早産です。今は、産科の技術の向上により、かなり小さい赤ちゃんでも、無事に退院できることが多くなりました。

 

妊婦を苦しめる便秘!吐き気や頭痛を伴う場合の原因と対処法とは?

 

妊娠初期~中期と何の問題もなくきたのに、突然お腹がはり、早産になってしまうこともあるのです。出産はひとつとして、同じものはなく、個々に違うので、先生を頼りにしながらも、自己管理が大切なのです。お腹の張りや、出血など、おかしいと思ったら、病院へ行きましょう。

 

まとめ

妊娠後期は、うっ血が激しくなることから、妊婦は痔になりやすくなるのです。血行促進して、痔を回避することは可能ですが、とにかくうっ血しやすい状態にあるため、便秘が起きると、一気に痔になってしまうのです。そのため、痔にならないためには、便秘にならないことなのです。

 

また、出血が起きると、「痔」なのか「子宮」からなのか判断がつかないことがあります。お腹の張りがともなったり、腹痛がある場合は、迷わず病院へ行きましょう。

 

急いで行って、「痔」だったとしても、診てもらって安心できたなら、それでいいのです。

 

「痔」かもしれないし・・・などとグズグズしている間に、症状がひどくなり、「もう少し早ければ」などと、後悔するようなことがあってはいけません。赤ちゃんを守れるのは、ママしかいないのです。