下痢が続いているだけでも辛いのに、緑色の下痢が出て、それが続いているとなると大変な病気になってしまったのではないかと怖くなってしまいますよね。

 

便の色が変化するということは、異変を知らせる体からのサインなのですが、原因や対処法を知っておくと、むやみに怖がることなく落ち着いて対処ができるはずです。

 

 

 

下痢が緑色で続く場合は胃腸炎が原因なの?

0a938ef5
胃腸炎が原因で緑色の下痢が続く場合ももちろんあるのですが、その他の原因で緑色の下痢になる場合もあるので、いくつかある緑色の下痢が続く原因を知っておきましょう。

 

まずはなぜ胃腸炎で緑色の下痢がでるのでしょうか?

 

私たちの便の色を決めているのは、肝臓で生成される胆汁(たんじゅう)という消化液に含まれるビリルビンという色素なのです。

 

胆汁とはアルカリ性の黄色い液体で、肝臓で作られ胆管という管を通って十二指腸で分泌されて、胃で消化された後の内容物をさらに分解するために働きます。この時にビリルビンという色素が内容物に混ざり色が付くのです。

 

その後小腸を通り大腸に移動すると、このビリルビンは再び吸収されて黄土色~茶色の便となって排出されるのが健康な状態なのですが、胃腸炎を起こしていると、この働きが上手くいきません。

 

胃腸炎とは、ほとんどが有害な細菌やウイルスが体内に入ったために起こる感染性胃腸炎です。食中毒やノロウイルス感染症などがこれに当てはまります。

 

またストレスを感じると脳が刺激され、自律神経に伝わると胃腸の動きが活発になってしまい、胃酸の分泌が過剰になって胃粘膜が荒れてしまいます。この状態が進行した場合も胃腸炎になってしまいます。

 

どちらの場合も腸が弱っており、大腸でのビリルビンの再吸収が不十分であったり、腸の運動が亢進し内容物が早く通過してしまうため、水分やビリルビンを吸収する時間が足りず、ビリルビンが便の中にたくさん残った状態になります。

 

ビリルビンは空気(腸内のガスを含む)に触れると酸化し緑色に変色する性質を持っており、下痢が緑色に変色してしまうのです。

 

他にも緑色の食べ物(緑黄色野菜やグリーンスムージーなど)の摂りすぎでも緑色の便が出ることがあります。病気ではないので心配はいりませんが、特定の食品の過剰摂取はおすすめできません。

 

また腸内の善玉菌の数が減り悪玉菌が優勢になると腸内環境が乱れ、通常は酸性に保たれている腸内がアルカリ性に傾いてしまうと、緑色になることがあります。腸内環境が乱れているということは、腸が上手く機能しない場合もあるため下痢も起こしやすいです。

 

肝臓の病気や溶血性貧血などの病気が原因のこともあります。

 

大人の場合は下痢+緑色となると、決して健康な状態とはいえないのですが、赤ちゃんの場合は例外があります。

 

下痢が緑色だった時は食中毒?腹痛はあるの?

 

赤ちゃんの腸内は95%~99%ものビフィズス菌が存在しており大人とは腸内環境が違うため灰緑色(=うぐいす色)も健康な便の色の1つとされています。また母乳やミルクが主食となっているため、形のない柔らかい便が出ることも珍しくありません。

 

緑色の便が出たときの対処法や治療法は?

ウンチの解説-3-300x119
まずは、最近食べたものや飲んだものを振り返ってみてください。緑色の食べ物をたくさん食べた心当たりがあれば、まずは食生活を見直しましょう。

 

緑色の下痢とともに、吐き気や嘔吐(おうと)、腹痛などを伴っている場合は、胃腸炎を起こしている可能性が高くなります。

 

胃腸炎を起こしているときに1番大切なのは胃腸を安静にすることです。胃腸の中何も入れないことが最も安静といえるのですが、下痢は思っている以上に体の水分を失っています。

スポンサーリンク

 

脱水になるのを予防するため、水分は少しずつ何度にも分けてしっかり摂るようにしましょう。冷たい飲み物は避け、常温か温かい飲み物で水分補給をしましょう。

 

感染性の胃腸炎の場合は、病原菌を体の外へ出そうとする防衛反応なので、無理に下痢や嘔吐を止めてしまうと病原体を体の中に留め、病状を長引かせてしまう恐れがあります。下痢止めや吐き気止めを使用するのはおすすめできません。出るものは出したほうがよいです。

 

下痢が始まって半日~1日は絶食が好ましく、すこし落ち着いて来たら、消化の良いものから食べ始めます。過敏性腸症候群の場合も胃腸の安静が基本ですが、原因となるストレスが改善されないと長引いてしまう可能性があります。

 

腸内環境が乱れ、腸がアルカリ性に傾いて緑色の下痢が出ている場合は、腸内環境を整えるヨーグルトなどの摂取を習慣にして少しずつでも腸内環境正常化を図るのも効果があります。

 

肝臓の病気が原因の場合は、肌の色や白目が黄色っぽくなる黄疸(おうだん)という症状が現れていることが多いので、鏡の前でチェックしてみてください。もし黄疸の症状が確認されたら速やかに内科を受診し検査を受けて、適切な治療をうけてください。

 

下痢が緑色に?1歳児や赤ちゃん、大人で変わる原因や症状は?

 

溶血性貧血の場合も病院での治療が必要になります。

 

胃腸炎になったときに食べると良いものは?

腸への負担が少ない、消化の良いものを食べるのが鉄則です。

 

カフェインやアルコール、炭酸や香辛料などの刺激物は避けましょう。また冷たい食べ物も腸を刺激してしまいますので、なるべく温かい食べ物や飲み物で水分・栄養補給をします。食事を初めて少し落ち着いているようなら、腸の回復に必要なたんぱく質も少しずつ摂るようにします。

 

具体的には、最初はお茶(できればノンカフェイン)やお白湯、常温のスポーツドリンクなどでの水分補給が中心で、次はお粥や柔らかく煮込んだうどん、野菜スープやパン粥などを食べ始めます。

 

下痢が悪化しないようなら、卵スープや湯豆腐などでたんぱく質を摂るといった感じです。冷たすぎないヨーグルトを食べるのもよいです。たんぱく質といっても、肉や魚は消化をするための負担が大きいので避けましょう。

 

おすすめは簡単卵雑炊です。

 

下痢が続いているときに長時間料理なんてしてられないというときに便利ですよ。作り方はとっても簡単で、お粥か柔らかく炊いたご飯(レトルトのお粥やご飯でもOKです)に市販の卵スープをかけて少しお湯を加えてチンするだけです。市販のスープに味がついているので味付けは不要です。これでちょうどよい薄味に仕上がります。

 

またヨーグルトも効果的だと紹介しましたが、冷たいままだと逆に腸を刺激してしまいます。でも常温にもどしたぬるいヨーグルトってあまり美味しそうじゃないですよね。

 

そんな時は、最近少し流行り始めているホットヨーグルトがおすすめです。

 

ホットヨーグルトといっても、あつあつにしてしまうとせっかくのビフィズス菌などが死んでしまいますので、様子を見ながら数十秒~1分レンジでチンします。

 

日本では冷たいデザートのイメージが強いヨーグルトですが、海外では温かい料理の食材に使われることも多く温かいヨーグルトは珍しくないとのこと。

 

あたためたヨーグルトにはちみつを加えて食べるのも美味しいですし、オリーブオイルとお醤油を少しずつ加えてパンにつけて食べるのもいいですよ。

 

まとめ 

大人が緑色の便が出ているということは、体に異変が起こっていると考えてください。食べたものがそのまま出てきた場合などは、一過性のものでそれほど心配はいりませんが、長く続くのであれば何らかの病気を疑いましょう。

 

胃腸炎なら紹介した対処法で改善することも多いのですが、1週間以上症状が続くのはただの胃腸炎ではないかもしれません。

 

怖い病気が隠れていることもあるので、緑の下痢以外の症状とも合わせて考え、おかしいと思ったら早めに病院を受診してください。