下痢症状あるうえに便の色が緑色だったりすると、変な病気にかかってしまったのではないかとますます不安になってしまいますよね。

 

赤ちゃんは緑色の下痢になることがよくあるのですが、もちろん大人が緑色の下痢をすることもあります。

 

赤ちゃんと大人では原因や症状は同じなのでしょうか?なぜ下痢が緑色になるのかを知っておくと、それぞれに正しい対処をする助けになるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢が緑色になるのはなぜ?

ok90
便の色というと、黄土色や茶色が一般的ですよね。これは十二指腸で分泌される胆汁(たんじゅう)のなかのビリルビンをいう成分の色が便に混ざって出てくるためです。

 

便は体の状態を知るバロメーターともいわれており、便の固さや色、量や匂いなどから様々なことが分かります。いつもと違う便が出ているということは、体の状態がいつもと違うというサインだと考えてください。

 

食べた物(緑黄色野菜など)や緑色の胃腸薬・サプリメントの摂取量が多すぎたため、それらの色がそのまま便にでてきてしまうことがあります。

 

これは緑に限らず、食べたものによって赤や黒になることもあります。いくら体に良いものだからといっても、食事の偏りや過剰摂取は考え直す必要があるかもしれませんね。

 

ビリルビンが長い間空気に触れて酸化した可能性が考えられます。胆汁と混ざった便が、腸の中の空気に長い間触れていると酸化し、緑色の便として出てくることがあります。

 

ビリルビンを含む胆汁は肝臓で生成されて十二指腸で分泌され、便と混ざって小腸を通過し大腸で再び吸収されるのですが、腸の中に便が長時間留まっており、ガスも溜まっている状態だとガス(=空気)にビリルビンが長時間触れることになり、酸化して緑色に変色し、そのまま排出されることがあります。

 

下痢が緑色だった時は食中毒?腹痛はあるの?

 

オムツをしている赤ちゃんならば、排泄後オムツの中で空気と触れて緑色に変色することもあります。(酸化したビリルビンはビリベルジンという物質に変わっています。)

 

  • 腸の中は基本的に酸性なのですが、善玉菌の力が弱まり、悪玉菌が優勢になっていることで、腸内環境がアルカリ性に傾いてしまったことも考えられます。これによっても便は緑色になることがあります。

 

  • 黄疸や溶血性貧血などの病気によって、胆汁が出すぎてしまうことがあり、腸で再吸収しきれずに大量のビリルビンを含む便が空気に触れ酸化すると、便が緑色になってしまいます。

 

  • 腸の炎症が原因で、腸が胆汁色素を再吸収しにくくなり、ビリルビンがダイレクトに酸化してしまう環境ができてしまうことがあります。

 

腸が炎症を起こす原因としては、暴飲暴食や脂肪分の摂りすぎ、細菌やウイルスに感染して起こる感染性胃腸炎、ストレスなどが原因で起こる過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)などがあります。

 

 1歳児や赤ちゃんと大人では、原因や症状は変わるの?

shutterstock_182426783-480x312
オムツを開けてみると、緑色の下痢がでていたなんてインパクトが大きく、初めて見たお母さんはびっくりしてしまいますよね。

 

しかし、1歳児や赤ちゃんが緑色の下痢をする原因は、ほとんどの場合便が腸の中の空気に触れて酸化してしまっていたり、排泄後にオムツに中で空気に触れて酸化してしまい緑色になっていることが多く、心配いらないことがほとんどです。これを酸化便といいます。

 

赤ちゃんの健康な便は大人よりバリエーションがあり、基本的には黄色い便が多いのですが、灰緑色(=うぐいす色)も赤ちゃんの健康な便の色の1つなのです。

 

1歳児や赤ちゃん(特に母乳やミルクを飲んでいる時期)は形のない下痢のような便をすることも珍しいことではありません。もちろんほとんどの場合病気でありません。また特に母乳の場合は、含まれる乳糖が乳酸菌の生成を促して、便が酸性になるので、緑色になりやすいのです。

スポンサーリンク

 

では大人の場合はどうなのでしょうか?

 

大人の場合の緑の下痢も、乳児と同じように酸化便であることが多いのですが、大人の腸内で酸化が起こる環境というのは好ましいものではありません。腸の中にガスが溜まっていたり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れた状態になっているのかもしれません。

C1B1B6CCB6DDA4C8B0ADB6CCB6DD
長期に及ぶと、総合的な生活習慣病を招く要因にもつながり、免疫力も低下する傾向にあります。

 

特に緑色の〝下痢〟というところが要注意ポイントです。緑色でも普通の便の固さで、長引かないものであればさほど心配はいらないのですが、大人にとって下痢が続くという状態は正常ではないので、なんらかの病気が原因だと考えます。

 

まずは肝機能の低下が考えられます。鏡に前に立って、自分の肌や白目の部分を見てみてください。少し黄色っぽくなっていませんか?もしそのような変化があるのなら、黄疸という肝機能が低下したときに現れる症状かもしれません。早めに内科を受診して、肝機能の検査を受けましょう。

 

また腸が炎症を起こしている場合も水分吸収力が低下しており下痢になりやすく、胆汁色素の再吸収もしにくくなるため、緑色になりやすいといえます。

 

下痢が緑色で続く場合は胃腸炎?対処法や治療法とは?

 

あとは、食中毒の疑いもあります。食中毒の場合は腸が異物を早く外に出そうと、異常に働きます。そのため内容物が腸を通過する時間が少なく、水分の吸収やビリルビンの再吸収が十分に行われず、緑色の下痢になってしまうのです。

 

緑色の下痢を見たときどうすれば良いの?

1歳児や赤ちゃんでしたら、緑色の下痢が出ていても、機嫌がよくて、発熱がなく、お腹を痛がっているような様子もなく、おっぱいやミルク、離乳食などがいつも通り摂れていればまず心配ありません。数日くらいは様子を見ていて大丈夫です。

karada_01_ill_01
あまりに長く続くようでしたら小児科に相談してみてください。

 

大人の場合も1日や2日で治まるようでしたら、特に心配いらないでしょう。また、脂っこいものを食べすぎやアルコールの摂りすぎの自覚があったり、緑黄色野菜や今はやりのグリーンスムージーなどを過剰に摂取した心当たりがあれば、おそらく原因はそれなので、まずは食生活を見直してください。

 

そして、下痢の時と同じように脱水に注意し水分補給をこまめに行います。1度にたくさん飲んだり、冷たいものを飲むと腸を刺激し下痢を悪化させてしまう恐れがあるので、常温か温かい飲み物を、少しずつ何度にも分けて飲むように心がけてください。

 

下痢が始まって半日~1日は絶食するのが好ましいです。食事を始めても下痢をしている間は、お粥や柔らかく煮込んだうどん、パン粥や野菜スープなど消化の良いものを食べるようにします。

 

緑色の便がだらだらと長く続いていたり、腹痛や嘔吐を伴ったり、肌の色が黄色っぽく見えたら病気の可能性が高く、自己判断で放っておくと危険です。

 

腹痛や嘔吐を伴っている場合は食中毒や細菌・ウイルスに感染し、感染性胃腸炎になっていることが疑われますし、肌の色が黄色っぽくなってきていれば、黄疸という症状が出ている可能性がかなり高いです。

 

黄疸は肝機能に障害が現れたというサインなので、すぐに病院を受診し、原因をはっきりさせて適切な治療を受ける必要があります。

 

まとめ

緑色の下痢をみると、最初は誰でも驚いてしまいます。しかしそれが1歳児や赤ちゃんであれば心配いらないことが多いので、便の様子や子どもの様子をよく観察して、落ち着いて対応しましょう。

 

大人の場合は、病気が隠れていることもあるので、緑色の下痢以外の症状の有無などとも総合して考え、病気の疑いが少しでもあれば、速やかに受診して治療を受けてください。

 

スポンサーリンク