感染性胃腸炎は、多くのものが、感染力が強いため、症状がある間に出席してしまうと、大変多くの人に感染してしまいます。

 

そのため、「学校保健安全法」により、出席停止の条件が提示されています。

 

今回は、感染性胃腸炎での出席停止について調べてみました。

 

 

 

感染性胃腸炎の出席停止について

感染性胃腸炎 出席停止 大学 何日
他人に感染し、重篤な症状を起こす可能性のある病気には、出席停止が義務つけられています。これは、「学校保健安全法」と言う、文部省で決められた規則です。

 

<幼稚園~小学校~中学校~高校~大学>出席停止の基準

出席停止期間の一覧
第1種

  • エボラ出血熱
  • 痘瘡
  • 南米出血熱ラッサ熱
  • ペストクリミア・コンゴ出血熱
  • ジフテリア重症急性呼吸器症候群(SARS)
  • マールブルグ病急性灰白髄炎(ポリオ)
  • 鳥インフルエンザ(H5N1)
  • 新型インフルエンザ等感染症指定感染症新感染症

(期間)→第1種の感染症に罹った者については治癒するまで

 

第2種

  • インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く)

(期間)→発症後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼稚園児については3日)を経過するまで

  • 百日咳

(期間)→特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで

  • 麻疹(はしか)

(期間)→解熱した後、3日を経過するまで

  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

(期間)→耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで

  • 風疹(三日ばしか)

(期間)→発疹が消失するまで

  • 水痘(みずぼうそう)

(期間)→すべての発疹が、痂皮化するまで

  • 咽頭結膜熱(プール熱)

(期間)→主要症状が消退した後2日を経過するまで

  • 結核

(期間)→医師が感染の恐れがないと認めるまで

  • 髄膜炎菌性髄膜炎

(期間)→医師が感染の恐れがないと認めるまで

 

第3種

  • コレラ細菌性赤痢
  • 腸管出血性大腸菌感染症(O-157)
  • 腸チフス
  • パラチフス流行性角結膜炎
  • 急性出血性結膜炎
  • その他の感染症

(期間)→医師が感染の恐れがないと認めるまで

 

などは、その他の感染症として、学校で流行が起こった場合にその流行を防ぐために必要に応じて校長が学校医(園医)の意見を聞き、第三種の感染症として出席停止にすることがあります。

 

学校保健安全法第19条

「校長は、感染症にかかっており、かかっている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒等があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることができる。」

参照:https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/yobo/syuxtusekiteisikikan.html

 

感染性胃腸炎は、その時の状況や状態によって、学校医と校長先生の判断によると言うことですね。そのため、発症した場合は病院で診察してもらう必要があります。

 

問題なのは、病院へ行くほどでもないけど、出席すると感染を広げる可能性がある場合ですが、学校医の診察を受けないと、欠席扱いになってしまいます。小中学校の場合、治癒証明書は500円~1000円程度です。

 

ノロウイルスなどの場合、たいていは、下痢が治まってから、念のため2日間はお休みしているようですね。ひどい下痢があった場合などは、体力も落ちているので、回復期は安静が必要です。

 

嘔吐や、下痢が起きていなければ、ウイルスの排出も収まってきています。手洗いやうがいを徹底することで、防げる範囲だと思われます。

 

大学の場合大学の場合は、学校医がないので、かかりつけの病院で診察してもらい、学校感染症治癒証明書、または診断書を取ることになります。

 

学校感染症治癒証明書は、ほとんどの大学のHPから印刷できるようになっています。ただし、感染性胃腸炎がすべて学校感染症として認められるかは、大学によるので、直接確認が必要です。

スポンサーリンク

 

証明書を取るためには、検査が必要ですが、保険がきくのは「3歳以下と65歳以上」だけなので、検査に15000円ほどかかります。そして、さらに証明書に2000~3000円かかるので、どちらが得か良く考えてからでも遅くはないかもしれません。

 

感染性胃腸炎の症状!発熱、下痢を伴う子供の胃腸炎は?

 

病院によっては、検査に意味を持っていない先生もいて、症状のあるうちに診察してもらっていれば、問診内容で証明書を出してくれることもあるようです。治癒証明を出していない場合、周囲には不安に思う人もいるかもしれません。

 

そのため、必要以上に言わず二次感染を広げないように、良識的な判断をしなければなりませんね。

 

感染性胃腸炎で感染力の強いノロウイルスを発症した場合

感染性胃腸炎 出席停止 大学 何日
ノロウイルスは、大変感染力の強いウイルスなので、多くの人が集まる場所に感染者がいると、あっという間に多くの人が感染してしまいます。一番気を付けたいのは、トイレのドアノブです。そのため、感染していない人も、まめに手洗いを徹底し、身を守る必要があります。

  • 潜伏期間=12~48時間
  • 発症期=1~3日
  • 回復期=2~7日 人によっては数週間

ノロウイルスの怖いところは、症状は回復しても、ウイルスが残っていて、便からの排出が続くことがある点です。自分では、もうすっかり回復したと思っても、安心はできません。数か月間も、ウイルスを排出した人もいるのです。

 

よほどひどい下痢が続いたなら、回復後1週間くらいは安静にしていた方が良いかと思います。

 

ウイルスがたくさん繁殖してしまったために、下痢がひどかったと思われ、回復後の排出量も多いはずです。反対に、症状が意外と辛くなかったなら、下痢が治まってから1~2日で出席しても大丈夫かと思います。

 

ただし、確実に治癒検査をしていない場合は、個人の良識に頼るほかありませんので、くれぐれも人に迷惑をかけない心がけが必要ですよ。

 

腸管出血性大腸菌 O-157に感染した場合

学校保健安全法の表をみると、腸管出血性大腸菌は第三種に入っています。O-157に感染した場合、第三者の不注意によって、感染してしまうことがあります。

 

そのような時は、かかった病院の医師が保健所へ連絡する義務があるため、店舗に調査が入ります。その後、店舗の方から連絡がありますので、回復後に、治療費、診断書、証明書の領収書を渡して支払ってもらいましょう。

 

感染性胃腸炎の原因は免疫力を下げるストレス?免疫力を向上させる食べ物とは?

 

学校の給食などで感染した場合は、学校からの指示に従ってください。医師の許可がでるまでは、出席停止となります。食中毒は、まったく迷惑な話で、苦しい思いをしただけで、慰謝料などは無いことが多いようですよ。なんとか、そんな思いをしないように過ごしたいものですね。

 

まとめ

感染症などの出席停止は、文部省による「学校保健安全法」で定められています。感染性胃腸炎は、学校医と校長の判断によって、感染拡大の恐れがあれば認められるし、認められないこともあります。

 

必ず、学校に確認してください。大学は証明するために、かなり費用がかかります。病院によっては、症状があるうちに診察をうけていれば、問診だけで証明書をかいてくれることもあるようです。

 

小学校や中学校では、500~1000円前後で証明してくれるようなので、大学生との差が激しいですね。腸管出血性大腸菌 O-157などの食中毒に巻き込まれたときなどは、重篤化すると、命にかかわることもあります。

 

まずは回復することだけを考え、経費は、後からすべて支払ってもらいましょう。

 

感染性胃腸炎は、巻き込まれるばかりではなく、気が付かないうちに、人を巻き込んでしまう恐れがあります。感染させてしまった人の家族に、高齢者や赤ちゃんがいる場合などは、取り返しのつかないことになる可能性もあるのです。

 

一人ひとりが、良識を持って、自己管理をしていかなくてはいけませんね。