赤ちゃんの便秘とママの母乳は、大変大きく関係しています。そもそも赤ちゃんを作り上げている栄養の原点が母乳なので、その影響は大きなものです。

 

「母乳の量」「母乳の質」与える時間や、温度にいたるまで、日々の積み重ねが、便秘につながってしまうのです。この問題を解決するには、ママの生活を見直す必要があります。

 

ママの健康が、赤ちゃんの健康に直結していると言うことですね。

 

そこで今回は、赤ちゃんの便秘と母乳の関係、便秘の原因は母乳なのか?また、離乳食でうまく便秘を改善して行く方法をご紹介します。

 

 

 

赤ちゃん便秘と母乳の関係とは?便秘の原因なの?

赤ちゃん,便秘,原因,母乳,離乳食
赤ちゃんは、お腹の中では、胎盤から。生まれてからは、母乳から。と、つねにママの体を通して栄養を蓄えています。そのため、ママの健康が大切な事が良くわかりますね。

 

赤ちゃんが便秘をする原因を考えた時に、「母乳不足」と言われることがあります。毎日頑張っているママに「〇〇不足」なんて言葉を投げつけたくないので、ここでは「赤ちゃんがもう少し飲みたがっている時」と言うことにしましょう。

 

母乳は、赤ちゃんがどれだけ飲んだかわからないため、体重で目安をつけますね。特に新生児の間は、毎日体重が増えていれば、問題ないと言われます。

 

赤ちゃんの成長は、目覚ましく、あっという間に、飲む量も増えていきます。まだ飲みたい時は、泣くのでわかりますね。常に飲みたい時は、機嫌が悪くなります。そうなったら、母乳の後に、粉ミルクを少し飲ませるようにしてみましょう。

 

「絶対に母乳だけで育てる!!」などと、意地は張らず、赤ちゃんの体を一番に考えてあげましょう。母乳と粉ミルクの両方を飲んでいる赤ちゃんは、離乳食への移行がスムーズに行くケースが多いです。

 

早いうちから、母乳以外のものを口にする生活は、哺乳瓶の吸い口など、新しいものへの抵抗に免疫性を持たせてくれるのです。

 

毎日同じおっぱいしか飲んでいないのに、「ゆるゆるうんち」の時や、「硬めのうんち」または、数日間出ないような「便秘」になることもあります。

 

幼児が便秘で苦しそう!こんな時の対処法は?

 

これは、日々の成長の証なので、仕方のないことでもあるのです。赤ちゃんは、朝と夜で顔が違って見えるほどの成長ぶりを見せてくれます。この成長は、当然体内でも起こっています。

 

未熟でふにゃふにゃの臓器や筋肉は、毎日の栄養と刺激で、どんどんシッカリしていきます。あまりにも、目覚ましい成長速度なので、脳と腸の信号のやり取りが間に合わないと言う事が起こります。

 

明らかに、「排便の機能障害」のような病気の場合以外は、赤ちゃんの場合、数日間排便がなくても「便秘」と言うより、「排便ペースがつかめていない」と言った方が良さそうです。

 

さらに、3日くらい排便がなく、綿棒を使ってクルクルと刺激した時は、カチカチ便ではなく、しっかりした便が「にゅるり」と排泄され、便の内容にも問題のないものです。

 

赤ちゃんが5~6か月になると、ずいぶん生活のペースが出来てきますね。その時、寝る時間と起きる時間を決めてあげると、授乳時間も決まってくるため、排便ペースが掴みやすくなります

 

赤ちゃんを好きな時間に好きなだけ寝かし、ママもだらだらと寝過ごしていると、親子ともども便秘に苦しむことになりますよ。

 

栄養過多の母乳が危ない!

母乳だけで育てている場合は、特に影響を考えなければなりません。母乳に含まれている「ラクトフェリン」や「オリゴ」はウイルスを寄せ付けないほど強く、あえてサプリメントで大人も摂取するほど良いものです。ところが、ママの食生活が偏っていたらどうでしょう。その母乳は良いものと言えるのでしょうか。

 

「脂肪分過多」「肉食過多」「糖分過多」など、欧米食と言われる食事をしている場合、母乳の中の栄養は、その限りとなります。赤ちゃんに必要な栄養分でも、ママが摂っていないことには、体に入ることはないのです。

 

また、産後に気を付けたいのが、「食事制限によるダイエット」です。出産で増えた体重を早く元に戻そうとして、食事制限をしているママはたくさんいます。ママが食事制限すると、その食生活はそのまま母乳に伝わり、赤ちゃんも「食事制限」することになります。

 

たくさんの栄養を身に付けている大人ならまだしも、生まれて最初の食事から、偏ったものになります。食事制限で炭水化物を完全に抜いてしまうと、赤ちゃんは、ブドウ糖などエネルギー代謝に必要な栄養分が取れず、便秘だけではなく、成長そのものに影響があります。

 

便秘してるママの母乳が危ない!

赤ちゃんの便秘を改善する場合、母乳をあげているママが便秘していないか考えてみましょう。

 

便秘は、消化物が長く腸内に留まることで、悪玉菌による腐敗が始まり、そこから発生する有害ガスによって腸の動きが悪くなり、ぜん動運動が弱まり、便の移動がスムーズに行かなくなり詰まりを起こしている状態です。便は、腸に長く居れば居るほど水分を吸収されて乾燥し、コロコロになってしまいます。

 

特に、妊娠中は、子宮が大きくなることで腸を圧迫し、便秘が起こりやすいため、苦しい思いをしたママは多いのではないでしょうか。

 

出産したことで、すっかり改善されたと言う人もいるのですが、そのまま引き続き便を溜めている人も少なくありません。産後すぐは、会陰切開などの痛みで、排便が怖くなり、しばらく出ない人もいるようです。

 

便秘の症状でめまい?腸内環境が悪化すると起こることとは?

 

便秘が続いている場合、腸内は悪玉菌が優勢な腸内環境となっていて、有毒ガスが充満しています。お腹が張ったり、胃がムカムカするなどは、この有毒ガスの充満が影響していると考えられるのです。

 

そして、ガスは、腸壁から吸収され、血液の中へと入ります。血液とともに全身を循環してしまうのです。

 

これは、ママの健康を考えても大変危険なため、改善が必要ですが、この状態で母乳を与えていると、その有毒ガスの成分が入った母乳が赤ちゃんの体にも入ってしまい、臓器の運動を弱めてしまうので危険なのです。

 

この有毒ガスは、それぞれの体がもつ「免疫機能」によって、ほとんどが退治されますが、毎日ママの腸で生まれたり、毎日母乳から入ってくるため、徐々にその「免疫機能」さえも、機能性を弱めてしまうのです。

 

赤ちゃんは4か月くらいで、ママの免疫が消えて細菌やウイルスに感染するようになっていきます。その時、自分の免疫機能が弱くなっていると、すぐに感染し、未熟な体は重篤な事態を引き起こすことがあるのです。

 

また、便秘をしていると体は冷えているため、母乳の温度が低くなります。赤ちゃんは常に冷たいものを飲んでいることになり、腸の成長が悪くなります。便秘は便秘を呼んでしまうのです。

 

ママの便秘は、子育てがストレスとなり、便秘の原因となっていることがあります。

 

一人で抱え込むことはせず、パパはもちろん、おばあちゃんや、おじいちゃんの手を借りたり、相談したりしながら、ストレスを溜めないようにしていきましょう。たまには、パパに任せて、ゆっくりお昼寝させてもらうだけでも、気持ちが楽になり、ストレス解消になります。

 

まずは、ママの便秘を改善しなくてはなりません、親子で病気になりやすい体になってしまいますのでね。

 

離乳食は便秘を改善させるチャンス!

離乳食が始まると、ママの悩みは増えますね。何でも良く食べてくれれば良いのですが、全然興味を示さなかったり、昨日は食べたのに、今日は食べなかったりと、「どうして!?」と叫びたくなりますね。

 

離乳食は最初こそ悩みますが、ママも赤ちゃんも「食事」に慣れてくると、あっという間に離乳食期は終わってしまいます。

 

離乳食は、赤ちゃんの好みがあるので、「便秘解消にはこれがいい!」と言うレシピが成功するとは限りません。手間暇かけて作っても「ぷいっ」とされて終わることは日常茶飯事です。頑張りすぎると、ガッカリ度も大きいので、簡単なもので、楽しそうに食べさせる工夫をしましょう。

 

ママと一緒に「アーン」と食べさせっこをしたり、歌いながら食べさせたりしましょう。しつけは後です。まずは食事を楽しみにさせて、腸に消化物が入り、便が出来て排出すると言うサイクルを作って行くことが大事です。

赤ちゃん,便秘,原因,母乳,離乳食
いつまでも、歌わないと食事ができなかったり、ママが「アーン」しないと食べれないと言う子はいないので、最初からしつけ重視にする必要はないのです。食事=楽しく無いこと、食事=ママが怒ること、と脳にインプットされてしまうと、やり直すのは大変です。

 

一番最初は、カボチャやジャガイモのペースト状のものが多いですね。これは、便秘にも良いので、食べてくれるようなら、慣れるまで続けましょう。

 

腸にとっても初めての消化作業なので、下痢や便秘が起こる可能性もありますが、これは驚いて起っているので、心配はありません。食事=楽しい、食事=ママが笑ってる、と脳にインプットさせれば成功です。

 

まとめ

赤ちゃんの便秘の原因に大きく関わるものに、「母乳」があります。そのためにも、ママは質の悪い母乳にならないようにしなければなりません。

 

母乳はもともと良質の成分が多いので、食生活や、便秘を改善していけば、赤ちゃんにとって、最高の栄養です。

 

便秘は体を冷やすため、母乳の温度が低くなります。唯一の食事が冷たい母乳では、健康に良いわけがありませんね。

 

赤ちゃんに便秘が続いているようなら、離乳食を機会に、便秘を改善させましょう。消化物が入って、便となって排出されると言う、初めての機能をうまく使い、体に良いサイクルを身に着けさせてしまいましょう。