朝一番の「水」や「白湯」が良いと言うことは、ずいぶん知られてきましたね。お金も、商品を注文する手間暇もかからず便秘が解消されるなら、最高です。

 

でも、「ミネラルウオーター」じゃなきゃダメ!温度は60度の白湯で!などと書いてあることがあり、意外と面倒なのかもしれないと思ってしまいます。本当にそうなのでしょうか。

 

そもそも、どうして朝の「水」や「白湯」が便秘に効果的なのか、知らずしては語れませんね。そこで今回は、便秘に効果的な、朝1番の「水」と「白湯」について調べてみました。

 

 

 

便秘に効果的なのは朝の「水」?「白湯」?

便秘,朝,水,白湯
睡眠中の腸の中を考えてみましょう。人の体は、寝ている間に消化活動が行われています。と言うことは、朝目が覚めた時には、腸の中に便が出来上がっているということです。

 

消化が終わっているので、胃の中は空っぽですね。大仕事が終わってお休みしています。そこに「水」や「白湯」が入ると、突然重みがかかり、それがスイッチとなって、再び今日のために働き始めます。

 

「よし 今日も消化するぞ!」と思うと、要らないものが腸の中に入っているのを感じます。「まずは、あれを出してしまおう!」と言うわけで、人は便意を感じるようになるのです。

 

睡眠不足や、ストレスによる不眠などで、このサイクルが不順になったり、朝何も胃にいれなかったりすると、便意が起こらず、そのまま溜まっていってしまい、便秘になりやすくなります。

 

朝の「水」や「白湯」は、消化器官の目覚ましの役割を果たしているのです。では、「水」でも「白湯」でも効果は同じなのでしょうか。これは、水分補給と言う意味と、胃のスイッチ効果だけを考えたら同じです。

 

特に、一番ビックリさせて起こそうと思ったら「冷水」を一気飲みすれば、胃は飛び起きます。ただし、この場合は、「起こす」ことが目的なら良いですが、「胃の刺激」、「体の冷え」、「安心感」など、心身に及ぶその他の影響を考えると、不向きと言うことになります。

 

また、「水」よりも、「白湯」が注目されていますね。これは、過敏性腸症候群便秘型のようにストレスからきている便秘に効果を生むためです。

 

朝「胃」にスイッチを入れるだけなら、「冷水」「水」「白湯」どれも一緒です。この3つの違いを見てみると、「白湯」だけは一気に飲むことが出来ない飲み物ですね。

 

胃を起こすなら、一気に飲んで、一気に重みをかけてしまった方が、効果的なのでは?と思いますが、「白湯」には、それに負けない、「長い目で見た効果」が隠されているのです。

 

便秘によいとされるお茶や水はどれも効果は同じ?口コミで評判の良いのは?

 

朝起きて、白湯の入ったカップを手にした時、腰に手を当ててがぶ飲みする人はいないでしょう。座ってゆっくり飲むことになりませんか。実は、この「ゆっくりと、温かい飲み物がお腹に落ちていく時間」がストレスを軽減しているのです。

 

ただボーっと目が覚めるまでの時間にしても良いですし、今日の計画を立てる時間にしても良いのです。

 

映画のシーンのように、バルコニーで朝日を浴びながら、「白湯」を飲むと、セロトニンの生産量が増え、さらにストレスが軽減されて良いのですが、なかなかそうも行きませんね。

 

色々なタイプの便秘の原因!そこには共通点が!

どうして便秘を起こしているのか考えた場合、そこには色々な原因があります。便秘には種類があり、原因によって効果的な改善方法も変わってくるのです。

 

繰り返し起こり、「便秘症」と言われるのは、「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸便秘」です。

 

  • 弛緩性便秘

弛緩性便秘は、日本人に一番多く見られる便秘です。特に筋力の弱い高齢者や、押し出す力の弱い女性に多く見られます。腹筋が弱いと、腸の周りの筋力も弱く、ぜん動運動を起こす力も弱くなってしまいます。

 

すると、便はいつまでも先へ進めず停滞し、水分ばかりが吸収されてしまい固くなってしまうのです。そこに、次から次へと消化物が入ってくるのですが、押し出す力が弱い上に、固く動きにくくなっている便はなかなか移動せず、そこに詰まっていってしまうのです。

 

  • 痙攣性便秘

痙攣性便秘の特徴は、原因がストレスであると言うことです。ストレスが、腸を支配している自律神経の機能を異常にし、腸が過敏になり、痙攣を起こしてしまいます。

 

痙攣は正常なぜんどう運動の妨げとなり、便の移動がうまくいかなくなってしまうのです。ぜんどう運動が上手く行かなくて、便が停滞するので、便の条件は弛緩性便秘と同じですが、

 

痙攣している腸内をピョコピョコと飛び上がりながら進むので、硬い便はコロコロになり、シカやウサギのフンのようになります。まとまって排便できないため、残便感があったり、腹痛が起きたりします。

 

  • 直腸便秘

便が肛門手前の直腸にたどり着くと、肛門括約筋が緩んで、排便を促します。これは、直腸肛門反射と言われるもので、排便するために大変大切なものです。直腸便秘は、この直腸肛門反射を起こす神経が鈍り、起こりにくくなってしまう便秘です。

 

原因として考えられるのは、「便意の我慢」です。我慢し続けていると、徐々に便意を感じなくなってしまうのです。便意が無くても便は溜まっていくので、直腸はパンパンになってしまいます。

 

直腸は、結腸よりも太いため、たくさんの便が溜まりやすいのです。直腸内で便秘が起こると、水分のない硬く大きな便となり、排便時には大変な苦痛となります。

 

また、直腸での便秘は、ガンの元を作る可能性があります。溜まった便は悪玉菌による腐敗が起こり、有毒ガスが発生します。長期的に有毒ガスにさらされている直腸は、ただれや炎症が起こりやすいのです。

 

便秘は3つに分かれていますが、それぞれ1つづつしか発症しないわけではありません。弛緩性便秘が大腸で起きて、直腸では直腸便秘を起こすこともあるります。

 

便秘に効く「水」と「白湯」は朝しか効果はない?

朝飲むのは、「胃」にスイッチを入れるためですね。消化器官を目覚めさせて、排便を促します。では、「水」や「白湯」は、その他の時間に飲んでも効果はないのでしょうか。

 

上記の便秘を見てみると、どれも水分が吸収されつくして、固くなってしまったことがわかります。腸の中に長く滞在することで、腸に水分を吸収されてしまったわけです。この時、腸に十分な水分があったならどうでしょうか。腸はわざわざ便の水分を吸収しなくても良くなりますね。

便秘,朝,水,白湯
そのため、便秘の改善を考えた時、「食物繊維」も「乳酸菌」も大切ですが、何よりも「水分が不足しない!」と言う事が大前提となるのです。そのため、「水」や「白湯」の摂取は、つねに行った方が良いと言うことになります。

 

ただし、朝じゃなくても良いわけではありません。これは、朝には朝の役割があるため、朝の他にも飲むようにしましょう、と言うことです。

 

便秘で死亡することもある?原因はカチカチになった便?

 

体内に水分が十分にある事は、健康に生活するために重要です。慢性的に水分が不足していると、体は万が一に備えて、「貯水」します。すると、「むくみ」となって現れるのです。

 

むくみは手足、顔に出るとよくわかりますが、外から見てわかるような「むくみ」が出ている時は、内臓もむくんでいると言う事を忘れてはいけません。

 

まとめ

便秘の改善に、朝「水」や「白湯」を飲むと良いと言われています。

  • 水分が補給されることで「弛緩性便秘」を起こりにくくする
  • 「白湯」をゆっくりと飲む時間をとることで、ストレス軽減し「痙攣性便秘」を改善する
  • 「胃」にスイッチを入れることで、消化器官を目覚めさせ、便意を起こして「直腸便秘」を回避する

また、「水」や「白湯」を飲むことは、日常的に取り入れていきたい事です。

 

水分が不足すると、むくみから血行不良がおきたり、免疫力の低下が起こります。便秘と併発して、さまざまな不調の原因となりますので、水分補給は大切なのです。

 

朝1番は「白湯」にし、日中はペットボトルの常温の水にするなど、自分の生活にあった方法で、水分補給を考えてみてください。