妊娠前には便秘症では無かった人でも、妊娠とともに便秘をするようになってきます。それは、妊娠から出産に向けて、体が変化する過程におこることなので、多少の差はあるとしても、誰もがほぼ同じ条件下にいるのです。

 

そのため、もともと便秘症の人は、妊娠によって今まで服用していた薬も飲めず、今まで以上の強烈な便秘と戦うことになってしまいます。

 

また、便秘薬を常用していた人は、寝る前に飲むと、起きた時にはどっさり出ることに慣れています。中には飲むと数時間で効果の現れる薬もあり、多少お腹が痛くても「とにかく出す!!」ことだけを目的とした便秘解消をしてきている人もいますね。

 

そんな人は、婦人科で出される便秘薬の緩やかな効果に驚き、不安になってしまうのです。

 

そこで今回は、妊娠時の便秘薬がどうして効かないのか、調べてみました。

 

 

 

妊娠=便秘! 9割の妊婦さんが苦しんでいるのです

妊娠 便秘 薬 効かない
妊娠すると、女性ホルモンに変化が起こります。女性ホルモンは、女性を機能的にサポートするプロゲステロン(黄体ホルモン)と、女性らしさをサポートするエストロゲン(卵胞ホルモン)が、それぞれ受け持ちの仕事をこなしています。そのおかげで、毎日を「女性」として過ごしています。

 

妊娠して、「女性」としての条件に「母親」が加わると、女性ホルモンはさらに大量に分泌され、出産に向けて体を変えていきます。中でも、女性を機能的にサポートするプロゲステロンの仕事は一気に増えます。プロゲステロンは、まだほんの小さな命の芽吹きを守るため、奮闘するのです。

 

それは、必ずしも母体にとっては、嬉しいことばかりではなく、便秘やつわり、頭痛やうつ症状を引き起こしてしまうこともあるのです。女性ホルモンの作用は、自律神経の支配下なので、自分で操作することはできません。

 

そのため、妊娠したら、プロゲステロンの指示に従うしかない状態です。

 

プロゲステロンは、着床した受精卵に振動が伝わらないように、子宮内膜をふかふかのベッドにし、子宮の周りの臓器たちに「あまり激しく動かないで!静かにしてね」とお願いします。

 

子宮の近くにある臓器で1番影響があるのは「腸」ですね。そのため、腸は便を移動させるために必要な「ぜんどう運動」を緩やかにしてあげるのです。

 

さらに、「赤ちゃんを守るために、羊水や血液循環量を増やしたいから、水分を溜めてほしい」と指示され、水分の吸収率を上げていきます。これは、赤ちゃんを守るために起こることですが、母体にしてみると、便秘条件がそろってしまったと考えるしかありません。

 

腸の中に入った消化物は、ぜんどう運動が鈍いため、あまり動けず、腸内に長くいることになってしまいます。

 

さらに、どんどん水分が吸収されるため、カラカラ、コロコロの便となり、溜まっていってしまうのです。この状態は、どの妊婦さんにも起こるので、妊娠と同時に、便秘対策が必要なのです。
妊婦を苦しめる頑固な便秘!浣腸は使用しても大丈夫?

 

もともと腸内環境の良い人は、善玉菌がぜんどう運動の働きを補ってくれるため、スムーズな排便が期待できます。ところが、日頃から便秘がちで、薬で排便していた人にとっては、地獄の苦しみとなってしまうこともあるのです。

 

妊婦さんに処方される便秘薬とはどんなもの?

妊娠すると、使用できる便秘薬が限られてきます。今までと同じように、強いぜんどう運動を無理に起こし、下痢の効果を使って排便する薬を飲むと、子宮に影響があるためです。

 

ラキソベロン→ラキソベロンは、大変多くの妊婦さんが服用した経験があると思います。良く処方される便秘薬です。水に垂らして飲む液体タイプのものと、錠剤があります。ラキソベロンも、ぜんどう運動を起こして下剤効果を利用し、排便を促すことには、変わりはないのです。

 

では、どうして妊婦さんが飲んでも良いと言われているのでしょうか。妊娠時でもラキソベロンを服用できる理由とは多くの便秘薬や下剤は小腸に到達した時点から働き、激しいぜんどう運動を起こして、下痢状態を作るものですが、ラキソベロンの大きな違いは大腸で働くと言う点です。

 

そのため、まず大腸まで届く時間がかかります。ラキソベロンの効果は、平均して7~12時間かかると言われていますが、それ以上かかる場合もあります。

 

便秘薬が小腸で分解されてしまうと、血液中にも成分吸収されてしまい、胎児の栄養にも影響します。そのため、時間はかかりますが、大腸で分解される「ラキソベロン」が処方されるのです。

 

ラキソベロンが効果を出すには腸内細菌「アリルスルファターゼ」が必要不可欠。

 

ラキソベロンは、大腸に到達すると、腸内細菌「アリルスルファターゼ」によって分解され、「活性型ジフェノール体」と言う物質となり、水分吸収を緩やかにしたり、腸の運動を強めて排便を促します。ラキソベロン自体には下剤能力は無く、活性型ジフェノール体に排便力があるのです。

 

そのため、大腸で分解されないことには、働くことができません。まれに、腸内細菌の中に「アリルスルファターゼ」を持っていない人がいるのです。その人は、ラキソベロンをいくら飲んでも、排便効果はないので、薬を変えてもらう必要がありますね。

 

ラキソベロンの適用量を考える。また、分解できる人でも「効かない」と言う人は、飲み方や量を変えてみると良いかもしれません。1日の服用量は、液体タイプだと10~15滴、錠剤だと2~3錠です。

 

液状タイプ5滴で錠剤1錠分と言うことですね。錠剤はなかなか、1.5個、2.5個と言うわけにはいきませんが、液体タイプはいかようにも変えてのむことが出来ます。

 

飲む量を頭で決めつけずに、体調や食事内容によって、決めていけるのです。腸内細菌によって、分解が可能な人であれば、ラキソベロンを飲み過ぎれば必ず下痢を起こします。効果は必ずあるので、飲み方や量を調整してみると、効果があるはずです。

 

便秘の原因を増やさない。また、ひどい便秘状態になってから即効性を求めてしまうと、イライラしたり、不安が大きくなり、ストレスは便秘をさらに屈強なものへと進行させるため、ゆったりと、早めに対処することが必要です。

 

また、初期から服用し続けていると、後期には効きにくくなってきてしまうかもしれません。

 

そのため、初期から便秘がある人は、早めに食事内容や、生活リズムの見直しをして、少しでも便秘のもととなる原因を作らないようにしていかなくてはなりません。

 

マグラックス錠→マグラックスも、妊婦さんに多く処方される便秘薬です。酸化マグネシウムを主成分としている薬で、胃酸の中和、便の水分再吸収を抑制する効果があります。

 

マグラックスは、胃かいようや胃炎の患者さんにも処方される薬のため、つわりのひどい妊婦さんは、便秘とともに胃がスッキリする効果も期待できます。

 

腸の運動機能を高めて排便を促す薬ではないので、習慣作用により徐々に効果が薄れることもありません。ただし、大量に摂取し続けると、体内にマグネシウムが溜まることがあるので、医師の処方のもとで、服用するようにしましょう。

 

腸は、女性ホルモンのプロゲステロンからの指示により、便から水分をどんどん吸収してしまうので、マグラックスは便に必要な水分を確保し、柔らかくして排便させてくれるのです。会社は違いますが、<マグミット錠>も同じ成分で、効果も同じです。

 

薬を異常に怖がる必要はありません!溜まった毒素の方が怖いのです!

妊娠したら、薬は飲まない!!と言う人がいますが、「薬を飲まなくても良い状態」であるなら問題ありません。ところが、「解決しなければならない状態」であるのにも関わらず、個人的な考えで、処方された薬を拒むのは、危険なことです。

 

便秘を薬で解決せずに、生活の中から治していくことは、大変大切なことなので、薬に頼ることは良くないです。

 

妊婦の多くが苦しむ便秘の解消法とは?即効性のあるものどれ?

 

ただし、妊娠時に慢性的に便秘を起こしていると、毒素が体中を廻り、胎児の栄養にも影響します。

 

やたらと怖がることはせず、生活に十分気を付けながらも、詰まった物は薬で排出して、お腹をクリーンな状態にしてあげることが、赤ちゃんにも良いことなのです。産科から処方された薬は、用法、用量を間違えなければ、心配することはありません。

 

まとめ

妊娠すると、便秘になりやすい条件が増え、9割の妊婦さんが便秘を起こすのです。妊娠がわかった時点で、対策をとる必要があります。日頃は薬を飲んでいる人でも、妊娠すると、「薬は怖い!赤ちゃんに悪いもの!!」と定義づけてしまい、不安になりますね。

 

赤ちゃんにとっては、薬を飲むことより、母体が異常な状態にあることの方が問題なのです。

 

悪いものは排出し、赤ちゃんが気持ち良く過ごせるようなお腹にしなければならないのです。用量範囲内であれば、自分の生活を考えて、自分なりの飲み方や量を決めて良いのです。

 

不安があれば、先生に相談しながら、飲み方を変えてみても良いですね。食生活では、食物繊維や、ビフィズス菌は便秘解消に効果がありますので、せっせと摂るようにしましょう。

 

また、オリゴ糖は便秘対策とともに、胎児のアトピーを抑制する作用があるとも言われていて、とてもおすすめです。薬に頼らず、便秘が解消できるようになると良いですね。