妊娠後期になると、大変つらい便秘に襲われる妊婦さんが急増します。大きくなったお腹で腸が圧迫され、ぜんどう運動が起こりにくくなることも理由のひとつです。

 

また、女性ホルモンの影響など、妊娠中は便秘になってしまう条件がそろっているため、気をつけていても、なってしまうのです。

 

そこで、便秘の強い味方と言えば「浣腸」ですが、これは妊婦が使用しても大丈夫なのでしょうか?今回は、妊婦を苦しめる頑固な便秘に浣腸を使用しても大丈夫なのか、調べてみました。

 

 

 

妊婦が浣腸しても大丈夫?流産、早産の心配はないの?

妊婦 便秘 浣腸
病院から処方された薬を飲んでも、プルーンを食べても、オールブランを食べても、バナナを食べても、ヨーグルトでも、どうにもこうにも出ない!!! と泣きたくなってしまう頑固な便秘!そこで登場するのが「浣腸」です。でも、浣腸は赤ちゃんに影響はないのでしょうか。

 

イチヂク浣腸の使用法を見ると、「妊婦は使用注意」と言う内容の注意文が書かれています。浣腸で心配なのは、成分と言うより、浣腸によって起こる「腸の激しい運動」です。

 

大きくなってきたお腹の赤ちゃんは、腸のすぐ近くにいます。そのため、グルグル、ボコボコと腸が伸縮してしまうと、子宮も動いてしまい、赤ちゃんへの影響が心配になります。

 

実はこの問題は、常に答えの見つからない状態を繰り返しています。産科の先生によって、「大丈夫!」「ダメ!」と見解が分かれ、サイトを調べてみても同じで、最終的には「自己責任」と言う有様です。

 

余裕を持って調べている時なら良いですが、今の状態が、1週間以上の便秘で、便意はあるのに肝心の便が肛門付近から一向に動く気配を見せない時などは、「誰でもいいから、どうにか、これを出す方法を教えてくださーい」と叫びたい気持ちですよね。

 

妊娠7か月くらいまでは、病院から処方される薬で問題なかったのですが、最近効きが悪くなったような気がする・・・と思っているうちに、悪夢のような便秘との戦いは突然やってきます。

 

このように辛い便秘ですが、実はかなり大勢の妊婦さんが経験しているのです。

 

病院へ行ける状態なら良いですが、肛門付近に便があるため、トイレから出られない状態か、部屋とトイレを往復せずにはいられないため、病院にすらいけないこともあるのです。ここまで辛い状態だと、思い切って使っていても市販の浣腸では効かないことが多いです。

 

出たとしても、コロコロした便がいくつか出るだけで、スッキリと出ることはあまりありません。

 

そんな時は、少し出たことで気分が少しでも楽なうちに、病院に行き、浣腸してもらいましょう。

 

病院でしてもらうなら安心ですね。妊娠している時は、3日出ない時は手段を考えるように、先回りして便秘に対処する必要があります。

 

妊婦の多くが苦しむ便秘の解消法とは?即効性のあるものどれ?

 

「浣腸」することで、流産、早産が起きることは、ほぼ考えられません。ただしその可能性がゼロではない限り、赤ちゃんへの心配が付きまといます。

 

これは、可能性がゼロ出ない限り、「浣腸」を使用しない便秘対策を考えたほうが良いでしょう。もし無理なら、できれば、一人の時に市販の浣腸を使うのではなく、するなら病院でお願いしましょう。

 

肛門付近に固まる頑固な便を、浣腸なしで出す方法とは?

妊婦 便秘 浣腸
我慢できずにビニール手袋をして、かき出した!と言う妊婦さんもたくさんいますが、万が一、肛門にキズがついてしまうと、今度は痔や出産時の痛み、ばい菌による感染症の心配が出てきます。そんな時は、<白色ワセリンを使う方法>を試してみてください。

 

ラップに白色ワセリンを乗せ、その部分を肛門に押し当てます。その時、タオルを敷いて、その上に左側を下にして横になって行うと、油が便に届きやすくなります。

 

その後、絞ったタオルをレンジで温め、肛門を温めます。油によって便の滑りを良くし、温めることで便自体を柔らかくする作戦です。

 

冷や汗が出ているかもしれません。水分も補給しましょう。無理にぜんどう運動を引き起こす作用はなく、とにかく詰まっている物を出すことを考えた方法です。ワセリンが無い場合は、サラダ油でも大丈夫です。

 

あまりにも長い時間、便と格闘していると、陰部や肛門部がうっ血してしまいますので、なるべく短時間で終わらせたいですね。あまりにも長くいきむと、出血につながる可能性があります。

 

この時、必要以上に不安になったり、心配してしまうと、体が強張り、ますます出なくなってしまうので、途中で肩を上げ下げしたり、両手を上げ下ろしするなど、力を抜いてみるのも効果があります。

 

そうすることで、一度便意が遠のくかもしれません、そうなったらすぐに病院へ行きましょう。

 

何とか出すことが出来たのなら、同じことを繰り返さないように、生活を見直さなくてはなりません。今までの生活では、また辛い思いをしてしまいます。

 

妊娠後期にもう一度見直す便秘対策!

  • ストレスは溜まっていないか→お腹がおおきくなってくると、何をするのも大変で、気づくとストレスで一杯になっていることがあるのです。

 

  • 睡眠はとれているか→妊婦さんは常に不安を抱えているため、睡眠障害に陥りやすいのです。不安から、夜は安心して眠れず、日中の明るい時にタップリ寝てしまい、昼夜逆転の生活になってしまうこともあるのです。

 

  • 食事の量は適量か→妊娠後期になると、つわりも無く、安定した食生活が出来るようになってきています。そのため、この時期から体重増加が激しくなる妊婦さんが多く、食べ過ぎは腸の動きを鈍くしてしまうのです。

 

  • 必要な栄養はとれているか→妊娠中に不足しがちな栄養に「鉄分」があります。貧血を起こしていると、血行不良を起こし、それは便秘へとつながります。また、ビタミン不足も深刻になってくる時期ですので、見直してみましょう。

 

  • 乳酸菌、ビフィズス菌はとっているか→腸内に善玉菌を増やすため、乳酸菌、ビフィズス菌は必ず摂るようにしましょう。

 

  • 水分は不足していないか→意外と忘れてしまうのが、水分補給です。妊婦さんはできることなら夏でも暖かいか温い飲み物を飲むことをお勧めします。せっかく水分補給ができても、体が冷えてしまうと、代謝UPの効果が薄れてしまいます。

 

  • 体は冷えていないか→体を冷やすことは、便秘対策をするうえで、絶対にしてはならないことです。お腹が大きいと、お風呂も大変ですが、出来る限り浴槽に入り、ゆっくりと浸かりましょう。リラックス効果も期待出来て、ストレス解消になります。お風呂用のアロマキャンドルなどで楽しんでみても良いですね。

 

  • 適度な運動はしているか→一番心配なのは、この運動不足です。普段の動きも緩慢になってしまうため、全体的な運動量が減ってしまいます。一度横になると、起き上がるのが億劫になり、ついついゴロゴロとしてしまいます。

 

妊婦の便秘は太りやすい?過剰な体重増加が起こす怖い病気とは?

 

体調に問題がないようなら、毎日30分くらいの散歩に出かけましょう。ご近所のスーパーに何回かに分けて出かけるのも良いですね。一度に重たい荷物を持つことも下腹部に力が入り、あまり良くないので、数回に分けられると安心です。

 

まとめ

どうにもこうにも出ない時は、市販の浣腸を使っても、問題はないようです。ただし、ひどく頑固な便秘の場合、市販の浣腸では効果が薄いことが多いのです。

 

そのため、浣腸はできれば病院でしてもらうようにしましょう。浣腸の安全性をみても、流産、早産を起こしてしまった例などは無く、市販のものなどは、効果も強くないので、問題はないように思えます。

 

ですが、赤ちゃんへの影響を考えたときに100%の安全性が保障されているものではありません。便を排出するたびに浣腸を使うことは、お勧めできません。もう一度、自然に排便できるように、生活を見直してみましょう。

 

また、妊娠後期に入ったなら、産科の先生とは何でも話せるようにしておくことも必要です。

 

もうすぐ会える赤ちゃんのためにも、「安全」と言いきれないものを使うより、「自然」な方法で便秘対策をしてみてはいかがでしょうか。