慢性的に便秘を起こしている腸は、「腸内環境」が悪くなっています。

 

腸内環境が悪く、便秘を起こしている時に、より一層、便秘を悪化させてしまう食べ物があるのです。無意識で食べているうちに、詰まっている便を増やしてしまうことがあるので要注意です。

 

また、自分の便秘のタイプを知らないと、対処法を間違え、便秘を悪化させてしまうこともあるんです。

 

安易に「便秘=食物繊維」と考えていると、間違った食べ物を選んでしまい、改善どころか、便秘の上乗せになってしまいます。

 

そこで今回は、便秘の時に食べない方が良いもの、さらに、より症状を悪化させてしまう可能性がある食べ物を調べてみました。

 

 

 

便秘の時に症状を悪化させる食べ物とは?

便秘,悪化,症状,食べ物
すでに何日も排便がないような時に、1番避けたいのは、「肉類」です。脂質が多いので、消化にも時間がかかるうえ、タンパク質がいつまでも腸内にとどまり、悪玉菌のエサとなってしまうのです。

 

すでに便秘の時は、悪玉菌が優勢になり始めている腸内環境なので、ここに豊富なエサが入ると、悪玉菌は俄然元気になり、さらなる増殖を始めてしまいます。

 

悪玉菌が大繁殖すると、消化物を腐敗させるため有毒ガスが発生し、お腹がガスだまりでパンパンに張り、激しい腹痛を起こしかねません。「あれっ 昨日出てないな?」と感じた日は、お肉を食べるのは避けた方が良さそうです。

 

肉類は、便秘を起こしていなければ、血や筋肉をつくる、大切な栄養源として、食べる必要があります。でも、お肉ばかり食べていると、またすぐに便秘になってしまいますので、適量を守ってくださいね。

 

便秘にヨーグルトは効果ある?逆効果も?効果のある食べる時間はいつ?

 

また、脂質が多いものは控える方がよいので、「揚げ物」や油を使った「スナック菓子」や「ジャンクフード」は一時中止した方が良いです。体内で酸化した油分は、悪玉菌の大好物なのです。

 

これらの食べ物は、日頃から食べ過ぎには注意が必要ですが、脂質をまったく制限してしまうのはいけません。エキストラバージンオリーブオイルなどの上質な油分は、便を柔らかくし、さらに腸内の移動をスムーズにしてくれるので、必要な脂質なのです。

 

直接悪玉菌への影響とは別に、冷たい食べ物や冷たい飲み物は、腸の動きをさらに悪くするため、摂りすぎには注意しましょう。便秘だから夜ご飯を軽めにしようと「シリアル」にする人がいますが、これは大変な間違いです。

 

牛乳は消化が悪く、シリアルも腹持ちをよくするために消化に時間がかかるものです。さらに冷たい食事なので、腸に良くありません。反対に、腸が温まるように気を付けると、腸の動きは活性します。

 

食事の摂り方にも注意した方が良い?

便秘を起こしている時だけではありませんが、食事の時間を決めることは、腸の動きを良くするために大変重要です。長時間空っぽになったり、反対に一度に大量の消化物が入ると、腸はリズムが作れず、効率よく働けないのです。

 

また、食事の時間を決めると、起きる時間や寝る時間まで、ある程度生活リズムが出来ます。特に便秘の時は、良質な睡眠は大切です。

 

また、食事のさい、良く噛むことも重要です。食べ物がドロドロになるほど必要以上に噛む必要はありませんが、良く噛むと、唾液や消化液がたくさん出て、消化を助けるのです。日頃から少し気を付けて、良く噛むクセがつくと、便秘を起こす確率が低くなります。

 

便秘だからと食物繊維を摂るのは危険!悪化の可能性も!

便秘には、種類があります。種類ごとに原因や症状が違い、対処方法も違います。そのため、便秘だからと言って、なんでもかんでも「食物繊維」を摂れば良くなると言うものではないのです。反対に、間違った対処法で便秘が悪化することもあるのです。

 

便秘には「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」「直腸便秘」があります。1番多くの人が苦しんでいるのは「弛緩性便秘」で、女性や高齢者に多い便秘です。

 

  • 弛緩性便秘

弛緩性便秘は、筋力の低下や不足による腸の運動力の弱さ、押し出す力の弱さによって、排便がスムーズにいかずに起こります。

 

また、女性は特に、ダイエットによる食事制限や、もともと食事量が少ないことなどから、そもそもの消化物の量が少なすぎ、便がうまく形成されないと言う理由もあります。便秘の症状としては、激しい腹痛があると言うより、お腹が張ることが多く見られます。

 

腸はあまり小さい便だと認識でできず、どんどん溜まって、ある程度の大きさになってやっと、便だとわかり動かそうとします。そのため、弛緩性便秘の人の便は、4~5日に1回程度、小さな硬いものがいくつもくっついて1つになった様な便が出ます。

 

このタイプの便秘は、「不溶性食物繊維」で便を大きくする必要があります。便の存在を腸に知らせて、運動を活発にすると、便の動きが良くなり、排便のタイミングが早く来るようになります。

 

「不溶性食物繊維」は、水に溶けないため、大腸の中の老廃物をかき集めながら便を大きくするので、腸のお掃除にもなります。

 

  • 不溶性食物繊維

キノコ類、玄米、イモ類、ゴボウ、タケノコ、カボチャ、ブロッコリー、ナッツ類などです。

便秘,悪化,症状,食べ物

 

  • 痙攣性便秘

痙攣性便秘は、ストレスが原因で起こると言われています。ストレスにより自律神経が正常に機能しなくなり、交感神経が優位にたつと、それに対して副交感神経が過剰に反応して腸が痙攣を起こします。これは腸が副交感神経に支配されているためで、直に影響を受けてしまうのです。

 

原因は違いますが、腸の運動がうまくいかずに、便の移動がスムーズにいかないことは弛緩性便秘と同じです。

 

ところが、痙攣がおきているため、便同士がくっつくことはなく、痙攣性便秘の人の便は、コロコロのウサギのフン状のものが少しづつ排出されます。激しいぜんどう運動が起こることで、腹痛があります。

 

この場合、もしも不溶性食物繊維を食べてしまうと、腸内を大きな便がビュンビュンと跳ね回ることになり、より一層副交感神経を刺激してしまいます。

 

そのため、痙攣性便秘の時は、「水溶性食物繊維」を摂って、流れを良くしなければなりません。「水溶性食物繊維」は、水に溶けるとゼリー状になるため、コロコロ便が水分を含んでまとまって便の形状となり、腸内を滑らかに移動できるようになるのです。

  • 水溶性食物繊維

海藻、コンニャク、納豆、おくら、アボカド、エシャロットなどです。

 

  • 直腸便秘

直腸便秘は、日常的に排便を我慢することで、便意そのものを感じにくくなる便秘です。

 

また、便秘薬を常用しているため、直腸が反射を忘れている可能性もあります。この便秘は、大腸の運動が問題ではありません。

 

便は、肛門の手前の直腸までは、到達しているのですが、便意を感じないので溜まってしまうのです。直腸で長く留まるため、水分が吸収されて硬い便になります。どんどん溜まると、固い大きな便となり、押し出されるように出てくる時には、大変な苦痛を伴ってしまいます。

 

このような、直腸便秘を起こしている時に、「便秘だから食物繊維を摂ろう!」などと勘違いして、「不溶性食物繊維」を摂ってしまうと、ただでさえ固く大きな便を、さらに大きくしてしまい、肛門からなかなか出せないほど苦しい思いをしてしまいます。

 

オリーブオイルが便秘に効く!飲む時間はいつが効果的?

 

直腸便秘の時は、「水溶性食物繊維」をとるか、滑りをよくするために、オリーブオイルを小さじ1杯ほどそのまま飲むと効果的です。

 

まとめ

便秘の時は、肉類の摂取は2~3日の間、中止した方が良いです。肉類は、血や筋肉となる大切な栄養ですが、便秘のときに限っては、悪化させる可能性があるのです。

 

また、冷たいもので腸を冷やすのも良くありません。温かい物を摂って、腸の運動を良くするようにしましょう。食事のタイミングをそろえることも大切です。食事の時間を決めると、自然と生活リズムが整ってきます。

 

便秘だからと言って、やみくもに食物繊維を摂ってはいけません。便秘の種類によっては、大変な苦痛を伴うことになってしまいます。まずは、自分の便秘のタイプを知らなくては、改善方法も見つかりませんね。

 

「不溶性食物繊維」なのか、「水溶性食物繊維」なのか、便の形状を思い出して慎重に選んでください。また、直腸便秘は、その他の便秘と併発することもありますので、ご注意ください。