ヨーグルトはお腹の調子を整える食べ物として良く知られていますよね?

 

ヨーグルトは便秘解消に効果があると言われたり下痢の改善に効果があると言われたり…。でも便秘と下痢って反対の症状だしどうすればいいの?と思ったことはありませんか?

 

ヨーグルトの効果を知り下痢の改善に役立つように詳しく解説していきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢の時にヨーグルトを食べると改善効果があるってホント?

20150315_2
まずは下痢という症状について少し知っておきましょう。

 

腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)をしながら栄養や水分を吸収し残った不要な物を便として排出しています。

 

通常水分は99%吸収され残りの1%が便となって排出されるのですが、腸の動きが活発になりすぎて、消化された内容物の通過が早く十分に水分が吸収されないまま排出されてしまう“運動亢進性下痢”や腸の吸収機能自体が低下してしまう“浸透圧性下痢”、腸からの水分分泌が増えてしまう“分泌性下痢”などの原因により、通常よりも多量の水分が便として排出されるため下痢が起こってしまうのです。 

 

下痢は「急性下痢」「慢性下痢」の2つに大きく分かれます。

 

  • 急性下痢

暴飲暴食や冷えなどによって腹痛を伴って起こる下痢で、誰もが経験したことのある下痢だと思います。 また食中毒やウイルス感染によって起こる下痢も急性下痢に含まれます。

 

  • 慢性下痢

症状が2~3週間以上や続きます。原因の多くはストレスなどによる過敏性腸症候群によるものだと言われています。このように下痢は大きく2種類に分けることができ、対処方も異なります。

 

お腹にいいとされるヨーグルトも症状や原因によって食べたほうがいいタイミングと避けた方がいいタイミングがあるので、理解した上でヨーグルトを摂取すると下痢にも改善効果が期待できます。

 

ヨーグルトに含まれる乳酸菌ビフィズス菌はお腹の調子を整えるのに大活躍してくれるのです。

 

乳幼児や1歳くらいのお子さんが下痢の時はヨーグルトはいけないの?

 

便秘に効くというイメージが強いので下痢を悪化させてしまうのではないかと思うかもしれませんが、ヨーグルトには便を軟らかくする効果はなく、腸内環境を正常化してくれるので、正しく食べれば下痢の症状改善にも効果を発揮してくれます。

 

下痢に効くおすすめの食べ方は?

yogurt-ey
下痢の時にヨーグルトを食べるには、食べるタイミングが大切です。

 

特に急性下痢の時は激しい症状が多いため半日~1日ぐらいはあまり固形物を摂取せず、活発に動き過ぎている腸を安静にしてあげる必要があります。この時期はもちろんヨーグルトも避けた方がいいです。湯冷ましや常温のお茶、スポーツドリンクなどを飲んで脱水にならないように注意します。

 

しかし、急性下痢でもおかゆやうどんなどを食べられるようになった頃からヨーグルトが有効になります。これはヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌による整腸作用が期待でき、腸内環境が整うことで免疫力のアップにもつながるためです。

 

一方の慢性下痢では日頃から腸内環境を整えておく必要があります。そのため習慣的にヨーグルトを食べるのが効果的です。

スポンサーリンク

 

ただしヨーグルトを冷たいままパクパク食べてしまうと体を冷やします。冷えは自律神経の乱れを起こして腸を異常収縮させ、さらに下痢を悪化させてしまう恐れもあるので要注意です。常温で食べるとよいのですが、ぬるいヨーグルトって美味しくないですよね。

 

温かい飲み物に混ぜたり料理に使ったりが上手くできれば1番おすすめなのですがヨーグルト料理のレパートリーってあまり知らない人も多いのではないでしょうか?

 

そのままで冷たいヨーグルトを食べるときに、1口ずつゆっくりと口の中で溶かすように食べると冷たさに対する体への負担は軽減できますが、時間がかかるし毎日続けられなという人もいると思います。

 

そんな人におすすめなのが、今少しずつ人気が出てきているホットヨーグルト! 

 

常温に戻したヨーグルトが微妙ならいっそのこと熱くして食べてみませんか?ホットヨーグルトには体を冷やさない以外にも様々な効果が期待できるのでおすすめです。

 

ホットヨーグルトって何?どんな効果があるの?

Fotolia_38603583_XS-min
ホットヨーグルトとは文字通り温めて食べるヨーグルトのこと。

 

ホットとは言ってもあつあつのヨーグルトをフーフーしながら食べるわけではなくひと肌からもう少し温かいくらいの状態で食べます。あまり温めすぎるとせっかくの善玉菌が死んでしまいます。

 

作り方もとってもシンプル。耐熱容器にヨーグルトをいれてレンジで数十秒~1分程度(温めすぎないように様子を見ながら)チンするだけ。

 

オススメは後からいろいろとアレンジができるプレーンヨーグルトです。

 

日本ではヨーグルトは冷たいデザートというイメージが強いですが、実は海外では食材の1つとして考えられており、温めたり塩を入れておかずとして食べることが一般的なんだそうですよ。

 

アレンジ方法としてはハチミツをかけて食べたり、冷たい牛乳の代わりにシリアルにかけたり、生姜をいれてジンジャーホットヨーグルトにしたり、オリーブオイルとお醤油を混ぜて温野菜のソースにしたりといろいろ楽しめます。

 

ではーグルトを温めることによってどんな効果が期待できるのでしょうか?

 

  • 冷蔵庫で冷やされた状態より、人の体温に近い温度の方が善玉菌が活性化する。 
  • 腸を冷やさずにヨーグルトを摂取できる 
  • カルシウムの吸収を促進させる。

 

ホットヨーグルトは簡単にできるので試してみる価値ありだと思います。

 

下痢の時に食べるヨーグルト選びで気をつけたいことは?

効果を期待してヨーグルトを食べるならどんなヨーグルトを食べるとよいのか知っておきたいですよね。ヨーグルトを選ぶときにはまず甘味料に注意してください。よく使われているキシリトールなどは消化しにくく、腸がデリケートな時に食べると下痢を悪化させる恐れもあります。

 

また腸が弱っているときに脂肪分を多く摂取してしまうと上手く消化吸収できず、腸への負担となってしまうことも考えられるので低脂肪の物を選ぶとよいでしょう。

 

最後に、いくらヨーグルトがお腹に良いと言っても体質的に合わない方もいます。牛乳を飲むと下痢をしてしまうような人は乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)と言って、もともと乳糖という成分を消化する酵素が少ないために上手く消化吸収できず下痢をしてしまいます。

 

牛乳で起こりやすい症状で、ヨーグルトでは起こりにくいとされていますが、下痢をして腸が弱っているときはさらに下痢を起こしやすくなってしまいますので乳糖不耐性のひとは下痢のときはヨーグルトは避けた方が良いと思います。

 

まとめ

ヨーグルトは下痢の症状改善にも効果があるということが分かりました。

 

下痢の症状を確認しどのタイプの下痢なのかを知り、食べるタイミングを守ってお腹に優しいヨーグルトを選び効果的な食べ方をしましょう。

 

そうすることでヨーグルトは下痢の症状改善の強い味方になってくれるはずです。

 

スポンサーリンク