下痢の時は普段以上に水分摂取をしなければいけないと言うけれど、吐き気や嘔吐を伴う時は水を飲むのも辛いですよね。

 

このような症状は何が原因で起こっており、どのように対処したらよいのか知っていくと、いざという時に少しでも楽に乗り越えられかもしれません。

 

 

 

下痢に吐き気が止まらない!何が原因?

illust07-4
下痢は水分が十分に吸収できないまま排出される場合や、腸からの水分分泌が増えてしまった場合、腸の水分吸収機能自体が低下してしまった場合などに起こります。

 

原因としては、暴飲暴食により腸がいつも以上に活発に動いたり、冷えたことによって腸が異常収縮すること、緊張やストレスが原因であることが多い過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)、細菌・ウイルスへの感染、食中毒などが考えられます。

 

その中でも吐き気や嘔吐(おうと)を伴う下痢は、細菌やウイルス感染によるものが最も多くそれらが原因の感染性胃腸炎は「嘔吐下痢症」と呼ばれています。

 

「嘔吐下痢症」は大きく2種類に分かれます。

 

  • 細菌性腸炎 

細菌が感染することで起こる腸炎で、夏季に多く起こります。

 

感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症します。下痢、腹痛、発熱が見られます。サルモネラ菌やO-157などは聞いたことがあると思いますがこれが原因で起こるのは細菌性腸炎の感染型です。

 

一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。悪心(おしん)、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌が有名です。細菌が原因の場合は抗生物質を使ってと治療を行います。

 

  • ウイルス性腸炎 

毎年冬になるとマスコミでも騒がれるロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。潜伏期間は1日~2日。有効な抗ウイルス薬がないため主に対症療法(症状に対してそれを緩和させる治療)を行い自己治癒力(じこちゆりょく)に任せます。他にもアデノウイルスエンテロウイルスなども腸炎を起こす感染症の代表です。

 

腹痛からの下痢や吐き気はストレスが原因?改善策や対処法とは?

 

どちらも便や吐物などからの接触感染が主ですが、乾燥した吐物などからウイルスが舞い上がり空気感染することもあるので適切な対処が必要です。

 

夏にもある感染症や胃腸炎にはどんなものがあるの?

下痢と嘔吐と言うとノロウイルスにかかったとイメージする人も多いのでは?でもノロウイルスは冬に大流行しますよね?しかし夏も要注意なのです。

 

急性胃腸炎には細菌性・ウイルス性・ストレス性と種類があり年間を通して注意が必要です。夏に多い感染症の代表的なものは食中毒です。これは細菌性の胃腸炎に当たります。

 

夏は気温・湿度が高く細菌が繁殖しやすい季節。有害な細菌などももちろん増えます。それらが含まれている飲食物を人が口から摂取した結果発症するのが食中毒なのです。

スポンサーリンク

 

食中毒では主に激しい下痢・腹痛・嘔吐といった胃腸炎の症状を起こします。発熱や倦怠感(けんたいかん)、ときには血便の症状が表れる人もいるようです。

 

ウイルス性の胃腸炎は有名なノロやロタなどが当てはまりますがこれは冬場に流行します。

 

ウイルス性の胃腸炎は冬の流行が多いのですが、エンテロウイルスは子どもの夏風邪の原因としてよく挙げられるウイルスで夏場に流行します。もちろん大人にも感染し、発熱や倦怠感などの風邪症状に加えて下痢や嘔吐も引き起こします。

 

1度かかると免疫ができてかからないと言われていますが、エンテロウイルスのエンテロとは「腸」という意味で、腸で増殖様々なウイルスの総称なので、また別のエンテロウイルスに感染し、夏風邪を引いてしまうということは考えられます。

 

ストレス性はその名の通り日々のストレスが体の症状となって現れた状態です。最初はお腹の症状として現れることが多く胃腸炎を引き起こして下痢や嘔吐が起こります。重症化すると腸からの出血が止まらなくなることもあるので甘く見てはいけません。

 

 急性腸炎になってしまった時の対処法は?

mig
下痢や嘔吐の原因を知るために、なるべく早く病院に行くことが望ましいのですが、症状が激しいとなかなか外に出られませんよね。

 

家にいる間は安静と水分補給が最も重要です。激しい下痢や嘔吐は半日以上続くことも多く10時間以上の下痢は深刻な脱水症状を引き起こします。この間は食事を控えて胃腸への負担を減らし、常温のミネラルウォーターやお茶などはこまめに飲むようにして水分を摂ります。

 

また水分だけでなく塩分も一緒に失われているのでごく少量の塩を混ぜて飲むとよいです。今は経口補水液がどこでも売っているのでこれで水分補給をすると良いでしょう。

 

下痢や嘔吐は、体に有害な物を外へ排出しようという防衛反応の1つなので無理に抑えると体の中に細菌やウイルスをとどめてしまうことにもなります。

 

辛いですがすぐに下痢止めや吐き気止めを使うのはやめましょう。

 

あまりにも症状がひどく水分が全く取れない場合や何日も激しい下痢・嘔吐が続く場合は医療機関で点滴などの適切な処置を受けてください。

 

予防法ってあるの?

食中毒や急性腸炎は気をつけていれば予防できることが多いです。いくつか予防方があるので紹介しますね。

 

  1. こまめな手洗い・うがい(病原菌を体内に取り込まない為に最も重要で効果があります)
  2. 食品は良く加熱してから食べる
  3. 良く噛んで食べる
  4. 腸内環境を整える(ヨーグルトや乳酸菌、オリゴ糖などが効果的)
  5. ストレスをため込まない
  6. 睡眠と十分とる
  7. 偏食をしない
  8. 暴飲暴食や極端なダイエットを避ける

 

すべてを毎日実施するのは難しいかもしれませんが、1番の手洗い・うがいを徹底するだけでも予防効果はあるので続けてほしいと思います。

 

まとめ

夏でも下痢や吐き気を伴う感染症は少なくありません。原因も様々ですが、日々の生活の中で実践できる予防法がたくさんあり、その予防法はかなりの効果が期待できます。

 

原因や対処法を知って予防法を実践し、感染症や胃腸炎に苦しめられることなく楽しい夏を過ごしましょう。