急にお腹がグルグルと痛みだして、トイレに駆け込んだ経験のある人もいるのではないでしょうか?

 

まだトイレに駆け込める状況ならいいものの、大事な会議の途中や電車の中などでの突然の激しい腹痛や下痢は本当に困りますよね。

 

なぜ下痢のときに激しい腹痛に襲われるのか、また下痢・腹痛の対処法を知っておくと少し安心できるかもしれません。

 

 

 

下痢の時の腹痛はなぜ起こるの?

230x263x2014y10m27d_233149142-260x300.jpg.pagespeed.ic.g6sKBVF9Uq
腹痛には大きく分けて3種類
あります。「体性痛」「内臓痛」「関連痛」です。

 

  • 体性痛

お腹の中の臓器が炎症を起こし、腹壁や腸と腸の間にある膜が刺激されることによって起こる腹痛です。痛みの発生が狭い範囲に限られており、ここが痛い!とはっきり分かることが多いです。

 

動けないほどの鋭い痛みが続くこともあります。お腹の中の臓器を包む膜が炎症を起こしている症状を腹膜刺激症状(ふくまくしげきしょうじょう)といいますが、腹膜刺激症状が見られた場合は緊急性が高いことが多いため、すぐに医療機関で診察してもらう必要があります。

 

  • 内臓痛

胃や腸などの臓器が収縮したり痙攣(けいれん)を起こしたりすることで起こります。肝臓などの臓器も腫れたりすると臓器を覆っている膜が伸ばされて痛みが生じます。間欠的でなんとなくお腹が痛いような症状から激しい腹痛まで様々です。

 

痛みの部位は特定しにくく、お腹全体が痛い・下腹が痛いなど漠然とした訴えが多く聞かれます。

 

  • 関連痛

内臓の痛みを伝える神経が皮膚の痛みを伝える神経と合流することで起こる痛みです。痛みの発生源となっている内臓から離れた場所で痛みを感じることがあります。下痢の時の腹痛は内臓痛が原因のことが多いようです。

 

下痢の原因には暴飲暴食などによる消化不良や体の冷えにより自律神経が乱れ腸を異常収縮させてしまうこと、細菌やウイルスに感染してしまう感染性胃腸炎やストレスなどによる過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)・潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)が主な原因として挙げられます。

 

腹痛や吐き気、冷や汗が出る場合の病名は?対処法はどうすれば良い?

 

どれも腸が異常収縮したり、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が異常に亢進してしまう為に起こる下痢と腹痛で、内臓自体に原因があるので痛みも内臓痛が多いということになります。

 

なぜあんなにお腹が痛くなるの?

下痢の時はなぜあんなに激しい痛みに襲われるのでしょうか。

 

消化不良で下痢をしている場合は、なんとか食べ物を消化しなければと、腸がいつも以上に頑張って働いてしまいます。腸の運動が激しくなったことを痛みとして感じ、また腸が早く動くぶん腸の中の内容物も早く動きます。それも痛みを感じる原因となり、激しい痛みと下痢が一緒に起こるのです。

 

細菌やウイルスに感染して下痢を起こしている場合は、不要な物が体内に留まってしまうと困るので、早く体外に排出しようと腸が激しく動きます。

 

この運動が痛みと感じられるのです。もし腹痛や下痢といった症状がなく、いつも通り食べたり飲んだりしてしまうと症状が悪化してしまう恐れもあります。身を守る防衛反応の1つとして激しい腹痛が起こるのです。原因は様々ですが、腸が激しく動けば動くほど痛みは強く感じられます。

 

下痢の時の腹痛の対処法ってある?


まず大切なのは下痢になった原因を考えることです。 

 

2~3日の食生活や出来事を思い出して、暴飲暴食していなかったか、食当りするようなものは食べていないか、お腹を冷やしていなかったかなどを確認してみてください。

 

これらが原因の下痢・腹痛には整腸剤などを服用して様子をみても大丈夫です。下痢のときは腸が活発に動いているため、お腹をしっかりと温めて腸を安静にします。

 

半日~1日は食事を控え、少量ずつ水分をこまめに摂ります。この時冷たい飲み物やコーヒー、炭酸飲料といった刺激物は避け、白湯や番茶、常温のスポーツドリンクなどがいいでしょう。

 

症状が落ち着くまでは消化の良いお粥やうどん、スープや整腸作用のあるヨーグルトなどをゆっくり食べます。なるべく胃腸に負担の少ない食事を心がけてください。

 

下痢・腹痛以外に嘔吐や発熱を伴う場合は細菌やウイルスに感染した可能性が高いです。そのときは、できるだけ早く細菌やウイルスを体外に排出する必要があるので、下痢止めや吐き気止めの服用は控えます。

 

感染性胃腸炎が疑われた時は、医療機関で診察を受け適切に対処してもらうのが良いです。過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎が原因の下痢・腹痛には、原因となっているストレスなどを取り除くことができれば1番良いのですが、なかなか難しいですよね。

 

腹痛の時にすぐ実践できる対処法は、やはりお腹を温めるということ、あたたかい飲み物をゆっくり飲みながら、お腹にはカイロを当てるなどで痛みは和らぎます。

 

腹圧を下げる姿勢も効果があります。座っているより立っている時の方が腹圧は下がります。また、お腹を押さえながら内股で歩く姿勢や前傾姿勢も腹圧が下がるといわれています。そして高タンパク、高カロリー、低脂肪の食品に、ビタミン、カルシウム、オリゴ糖を加えた食事が理想です。

 

腹痛が治まらず続くのに原因不明。何科に行けば良い? 考えられる原因は?

 

具体的には鶏の胸肉やささみ、卵の白身などはオススメです。刺激物やアルコール、脂肪分の多い食事はなるべく避けましょう。

 

まとめ

下痢の時に激しい腹痛が起こるのは、腸がいつも以上に活発に働いていたり、体に悪影響を及ぼすものを早く体外に排出しようとして腸の運動が亢進したりする為だと分かりました。

 

腹痛の原因は様々で、それによって対処方法も異なってくるため、自分の行動などを振り返り今起こっている症状などと合わせて原因を追究し、適切な対処をして少しでも早く回復したり、腹痛を和らげられるようにしていきましょう。