便秘に乳酸菌入りのヨーグルトが効果的だと言われますね。

 

乳酸菌の何が便秘に良いのでしょう。また、ヨーグルトの種類はとてもたくさんあって、どれが良いのかわからなくなります。

 

そこで今回は、便秘に乳酸菌入りのヨーグルトの効果があるのか、また実際にはどのヨーグルトが良いのか、調べてみました。

 

 

 

便秘に良い乳酸菌とはどんなもの?

便秘,乳酸菌,ヨーグルト乳酸菌は350種類以上あると言われています。未だ研究が進んでいるので、今後さらに増える傾向にあります。

 

「シロタ株」「LG21乳酸菌」「ガセリ菌SP株」「1073R-1乳酸菌」などは、有名ですね。

 

乳酸菌はその種類とともに、作用や効能が違います。

 

シロタ株は胃液や胆汁に強く、消化液に負けることなく生きて腸に届き、ビフィズス菌を増殖させて腸内環境を整えます。

 

LG21乳酸菌は、ピロリ菌の活動を抑止し、胃ガンのリスクを下げます。消化機能を高めるため、腸に優しい効果があります。

 

ガセリ菌SP株は、腸に長く留まる事が判明しているため、ビフィズス菌を効率良く増やすことが出来ます。

 

便秘にヨーグルトは効果ある?逆効果も?効果のある食べる時間はいつ?

 

1073R-1のすごさは、免疫力向上です。ナチュラルキラー細胞を増強させることで、感染症予防に大きく役立ちます。

 

乳酸菌は、ヨーグルトにだけあるわけではありません。発酵食品にも多く含まれています。「御新香」「キムチ」「野沢菜浸け」などがあり、味噌や醤油にも多く含まれています。

 

乳酸菌の効果は便秘だけじゃない!

乳酸菌がこれだけ認められるのには、それだけ効果に期待が持てるからこそです。ただし、間違えてはいけないのが、ヨーグルトは便秘薬ではないと言うことです。

 

ヨーグルトを食べれば、数時間後に頑固な便秘が排便される!と言うようなことは、まずありません。じっくり時間をかけて、自分で排便できるような腸の状態にしていくための食べ物なのです。

 

そのためには、腸内環境を確実に良好な状態にできる乳酸菌は、最高のお腹の友と言えるのです。

 

今や、スーパーやコンビニでも、ヨーグルトは独立したコーナーとなるほどの品ぞろえです。

 

しかも、すべてのパッケージに、それぞれ違う乳酸菌の名前がかいてありますよね。実は、ヨーグルトがたくさん種類があるのには意味があるんです。

 

食べ物や飲み物として体内に入れた乳酸菌は、48時間で排出されてしまうのです。そのため、1回や2回口にしただけでは意味がありません。

 

最低でも14日間は、同じものを続けて摂り、腸内に自発的にビフィズス菌を増やすなどの結果を出さなくてはなりません。

 

しかも、乳酸菌にはそれぞれ違う働きがあるため、色々なヨーグルトを2週間ごとに交代で食べ続け、全体的に腸内細菌の善玉菌を強くしなければなりません。

 

最低でも、5種類~6種類のヨーグルトを選び、14日間ごとに1種類づつ食べ続けるのが、理想的です。

 

色々な効果の乳酸菌を選び、腸全体を活性化していきましょう。

 

  • 便秘改善…乳酸菌が善玉菌のエサとなり、乳酸と酢酸に分解され、腸を刺激してぜんどう運動が活発になるのです。また、腸内を弱酸性状態にすることで、善玉菌が住みやすい環境になります。

 

  • 免疫力向上…自己防衛機能のひとつである、ナチュラルキラー細胞を活性化させ、自然治癒力を高めることにつながります。ナチュラルキラー細胞が活性化することで、体内の免疫力の70%が集まる腸は強化され、腸内環境が安定します。

 

  • 美肌効果…乳酸菌によって悪玉菌が減ると、発生させていた毒素の生産が止まり、血液中や皮膚に現れていた、毒素の影響がなくなります。

 

  • アトピー性皮膚炎抑制…免疫細胞のバランスが調整され、アトピー制御に効果があると言われています。

 

  • 花粉症抑止…乳酸菌は、アレルギー症状を緩和する研究結果が発表されています。

 

  • 血糖値正常化…糖の吸収がゆっくり進むことで、血糖値の上昇が緩やかになります。

 

ヨーグルトの選び方!効率の良い食べ方とは?

便秘解消のために食べ始めようと思う場合は、確実にお腹のためになるヨーグルトを選びましょう。

 

1番わかりやすいのが、「特定保健用食品」いわゆる「トクホ」と表示されているものを選ぶことです。

 

そしてまず最初の乳酸菌は、ビフィズス菌を増やすことを優先し、プロバイオティクスのビフィズス菌配合のヨーグルトを続けて食べましょう。

 

プロバイオティクスとは、生きて腸に届くと表示してあるものです。

 

「森永 ビヒダスヨーグルト」や「雪印 メグミルク 恵」は、トクホであり生きて腸に届くビフィズス菌です。2つとも、プレーンの他に脂肪分ゼロがあります。

メグミルク ナチュレ 恵 megumi 400g 8個

メグミルク ナチュレ 恵 megumi 400g 8個
価格:1,827円(税込、送料別)

ビヒダスを14日間、その後恵を14日間、1ヶ月近く取り続けると、お腹はずいぶん快調な日が増えてきているのではないかと思います。

 

まだ、効果が表れない場合は、違うビフィズス菌に挑戦してみてください。ヨーグルトは、自分に合っているタイプとそうでないタイプがあるのです。

 

残念ながら、選んだヨーグルトがイマイチな結果となる場合は多々あるのです。だからと言って、腸に入ったビフィズス菌や乳酸菌が無駄になることはありません。乳酸菌は必ず善玉菌のエサとなっているので、悪玉菌の繁殖を抑えることに役立っています。

 

シンバイオティクスで効率を上げる!

生きて腸に届く乳酸菌や、ビフィズス菌の入ったヨーグルトを総称して「プロバイオティクス」と呼びますが、これはヨーグルトのことだけを指す言葉ではありません。

 

「腸内環境を整えて、人の体に良い効果をもたらす微生物」のすべてを「プロバイオティクス」と言います。

 

そして、プロバイオテクスのエサとなったり、補助する働きをして、腸内環境を整えるお手伝いをするものを「プレバイオティクス」と言います。これは、オリゴ糖や食物繊維などが当てはまります。

 

そして、この2つを同時にとって、効率良く腸内環境を整えることや、一緒に配合されているものを「シンバイオティクス」と言います。

 

便秘を悪化させてしまうことも!症状別に気を付けたい食べ物とは?

 

「ビフィズス菌 + オリゴ糖」などの商品は、シンバイオティクスです。効率良く、微生物とそのエサを同時に摂取するのです。

 

別々のものを同時にとることも同じです。ビフィズス菌ヨーグルトに市販のオリゴ糖をかけて食べると、シンバイオティクスと言う事になります。

 

これは、ビフィズス菌を単品で食べるより、かなり効率良く善玉菌を繁殖させることが出来ます。最初のビフィズス菌は、悪玉菌優勢な状態の腸へ送られるのです。エサが一緒にある事は、大変力強いということになります。

 

まとめ

便秘に効果的だと言われている、乳酸菌の入ったヨーグルトですが、その効果は即効性のあるのもではありません。

 

乳酸菌入りヨーグルトに便秘薬のような効果を期待してしまうと、当てが外れたような気持ちになり、「効き目なし!」と烙印を押してしまいます。

 

ヨーグルトに入っている乳酸菌やビフィズス菌は、じっくり取り組めば、必ず腸内環境を改善できる良いものです。

 

また、乳酸菌の力は便秘だけに留まりません。免疫力の強化や肌荒れの改善、アトピーや花粉症などのアレルギー対策にもなります。

 

血糖値の上昇を緩やかにする効果もあり、健康を手に入れることができる優れたものなのです。

 

このように、体に良い効果だけをもたらす「プロバイオティクス」と、そのエサや補助をする「プレバイオティクス」。

 

これらは、同時に摂取することで、その効果はより一層大きいものになります。そのような摂取方法を「シンバイオティクス」と言います。

 

ビフィズス菌ヨーグルトとオリゴ糖、乳酸菌ヨーグルトときな粉などの食物繊維を一緒にとるなど、組み合わせを考えて、楽しみながらじっくり時間をかけて取り組みましょう。