驚きの60歳 南雲先生でお馴染みになったごぼう茶を見て、若々しい見た目に驚いた方も多いのではないでしょうか。「すっきり」、「エイジングケア」など気になることが沢山書いてあり、気になる方もいるでしょう。

 

 

ただ、実際にどんなものかを聞いても分かりにくいな?という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、自分で作れるごぼう茶の作り方や、ごぼうの栄養成分、ごぼう茶について、詳しくご紹介します。

 

 

 

便秘,ごぼう茶,飲み方ゴボウには、栄養成分が多く含まれます。繊維質なあの触感から、食物繊維が多く含まれていることを想像する方も多いと思います。

 

実際に、食物繊維は豊富で、「イグニン=不溶性食物繊維」「イヌリン=水溶性食物繊維」などの成分が含まれています。

 

ゴボウ茶がすっきり、と便秘への効能があるかのように言われるのは、この豊富な食物繊維が含まれているためです。確かに、不溶性と水溶性の両方の食物繊維がタップリと含まれている代表的な野菜としてゴボウは有名です。

 

※注意点:ただ、市販されている多くのゴボウ茶自体は特定機能食品ではありませんので、便秘の効能があるとは言えない(訴求できない)商品です。

 

不溶性食物繊維は、水分を含むと数倍に膨れ上がり、腸内の不要な老廃物をからめとって、便と一緒に閉じ込めます。また、便自体が大きくなるため、腸に刺激となり、ぜんどう運動が活発になるとされます。

 

 

水溶性食物繊維は、腸で水分を含むと、ゼリー状になり、便を柔らかくします。便秘がちな便は、カチカチに硬くなるので、水溶性食物繊維は大事な成分で、食事でとることが推奨されます。

 

 

ごぼう茶にして飲む場合、溶けないので不溶性食物繊維は当然入っていません。そこでごぼう茶はお茶の出がらしを食べる方法で食物繊維を取るように勧めていると考えられます。

 

 

 

 

 

ゴボウに含まれる栄養成分の考察

ゴボウに含まれるビタミンは豊富です。ビタミンには色々な働きがあり、ビタミンEによる抗酸化作用、ビタミンB群による免疫力向上、代謝力向上なども健康でいるためには重要視されます。

 

また、ゴボウには亜鉛も含まれています。亜鉛は自律神経を安定させる効果があるので、心因性の便秘である、痙攣性便秘にも積極的に進められる栄養成分です。ゴボウに含まれるこれらの成分は、水溶性食物繊維で便を柔らかくして、自律神経が安定して副交感神経が働くと考え、便秘外来で栄養士さんがゴボウを勧めることが多い理由にもなっています。

 

 

 

ゴボウ茶の作り方・飲み方

ごぼう茶は皮にポリフェノールが豊富に含まれているので、土を洗い流すだけで剥きません。分量は、ゴボウ2本分でだいたい1人で1週間楽しめます。ゴボウの成分すべてを飲むことになるので、安全性を考えて国産のものにしましょう。

 

皮が付いたまま、ピーラーでささがきにしていきます。最後はパラパラになってしまうので、神経質になる必要はありません。ささっと剥いてしまいましょう。

 

ささがきのゴボウは水にさらさず、そのまま新聞紙に広げたり、大きいザル(梅干し用など)、または干物用の干しかごに広げて干します。

 

冬場は日差しは弱いですが乾燥しているので、外に干す場合は風に当たるようにすると良く乾きます。3日~5日くらい自然乾燥します。

 

外に出せないし早く作りたい場合は、ストーブの前に干したり、電子レンジで乾燥させてしまっても良いですが、自然に乾燥し徐々に小さくなって行く方が美味しくなると言われています。

 

手で触って、パラパラになったらフライパンで焙煎します。油をひかずに、弱火で15分ほど煎ると、香ばしい香りがしてきます。量が半分くらいになるまで煎って出来上がりです。

 

手作りごぼう茶の飲み方!

出来上がったごぼう茶は、ジップロックや瓶に入れて保存しても良いですが、100均で買える、出汁袋に大さじ1杯づつ小分けにしておくと、煮だす時に簡単です。

 

保存には、のりに付いていた乾燥材などを入れておくと良いです。何度も開け閉めするとすぐに湿気てしまうので、注意しながら冷蔵庫で保存しましょう。

 

煮だす場合は大さじ1杯分で、1Lのゴボウ茶が作れます。時間は10分程度です。作り置きしておくと、常温でも冷やしても、HOTならレンジで温めて飲むことが出来ます。

 

急須で飲む場合は、ひとつまみで十分です。熱湯を入れ、3~5分むらしてから飲みます。

 

美味しいと言いたいところですが、「自然の味」と言った方が良いかもしれません。また、冷えると飲みにくくなりますので、熱いうちに飲むほうがおすすめです。

 

 

オリゴ糖で少し甘みを足して飲むと多少飲みやすくなるかもしれません。

 

市販のごぼう茶は、味を整えて飲みやすくしてあります。手作りでは飲めない時は、市販のごぼう茶を試してみるのも良いですね。

 

まとめ

ごぼうの栄養成分は、便秘によさそうという印象がありオススメしている栄養士さんも多いです。

 

豊富な食物繊維やポリフェノール、イヌリンの作用とオリゴ糖、ミネラルやビタミン、亜鉛など腸内環境にとって良い印象のある成分は多いです。

 

 

手作りごぼう茶を作る時は、国産の美味しいゴボウを選ぶようにしましょう。農薬漬けのゴボウを使ってしまうと、すべてを飲むことになってしまうので、安全性を考えてきちんと選ぶようにしましょう。

 

手作りで味がまずいと感じる場合、市販のごぼう茶もたくさんあります。飲みやすく考えられているものもあるので、色々試してみても良いかもしれません。

 

お茶の状態で保存しておくと、調理にも使いやすくなります。お茶で飲み切れない場合は、炊き込みご飯や味噌汁、煮物などに上手に使いましょう。