急性胃腸炎は嘔吐や下痢症状だけでも辛いのに、発熱があると子供はぐったりしてしまいます。

 

この場合に子供にするべき事は、その急性胃腸炎の原因は何か、と言うことによって大きく変わります。

 

そこで今回は、子供が急性胃腸炎で発熱した場合にするべき事について、詳しく解説いたします。

 

 

急性胃腸炎で発熱!その原因は何?

急性胃腸炎 熱 子供冬場の乾燥期に大流行するノロウイルスや幼児に集団感染するロタウイルスなどは、子供の周囲を見ていると流行っているかどうかがすぐにわかります。

 

誰かに発症すると、すぐに幼稚園や学校から連絡が入るようになっているところもありますね。

 

また、すでに学級閉鎖などが起きている場合は、自分の子供も感染したのであろうと言う事が分かります。

 

かかりつけ医がいる場合は、電話で相談しておくと良いです。ノロウイルスやロタウイルスに特効薬はないので、病院に行ったとしても、吐き気止めや頓服薬などの対処薬を処方されるだけです。

 

そのため、医師からも自宅で安静にしている方が良いと指示された時は、脱水症状に注意しながら家族に感染が広がらないように努めましょう。

 

医師に連絡しておくのは、経過が良くなかった場合に備えての事です。原因が違うことも起こり得るし、かといって辛い症状の時に無理に病院へ連れて行くのはかわいそうですね。

 

そのため、かかりつけ医に一報入れておいて、自宅で様子を見るのが一番良いのです。

 

万が一、脱水症状が起こり始めたら、大至急病院へ向かいましょう。これが、夏場の急性胃腸炎だった場合は、O157のような細菌性の可能性があります。この場合は、辛い症状でもすぐに病院へ行く必要があります。

 

集団食中毒の可能性もあるため調査が必要だと言うこともありますが、子供がO157に感染した場合、その後の合併症で命を落とす恐れがあるためです。

 

細菌性の胃腸炎は重篤な症状を引き起こす傾向にあるため、子供のように小さな体ではあっという間にグッタリしてしまいます。

 

もたもたしているうちに、脱水症状によって意識を失うこともあるので、親がしっかりと見極めなくてはなりません。

 

急性胃腸炎で発熱!子供の場合は脱水症状に厳重注意!

自宅で安静にしている場合、下痢や嘔吐、さらに発熱がある子供には、水分を摂らせなくてはなりません。十分に注意していても、あっと言う間に脱水症状に陥る事があるので、目は離せません。

 

ノロウイルスなどは、親子で同時に感染することもあるので、親もかなり辛い状態になっていることも考えられます。

 

辛いですが、子供への水分補給は欠かせません。大人ももちろんですが、子供は具合が悪くなると自分の意志だけでは「水を飲もう!」と考えられませんので、強制的に飲ませなくては最悪の場合死んでしまいます。

 

飲んでも吐いてしまうから飲ませない、という親御さんがいらっしゃいます。確かに飲ませるとしばらくすると吐いてしまうのをみると、心配になって吐かないように飲ませないようにしてしまう気持ちはとても分かります、目の前で上げるたびに吐いてしまうと、とてもかわいそうになりますよね。ですが、実は正解は「ほんのちょっとずつでもいいから飲ませる」なんです。

 

数分おきに、ペットボトルの蓋くらいのほんのちょっとの量。これくらいでいいんです。根気は必要ですが、この飲ませ方なら、少しずつ吸収されて、体の中に水分がいきわたります。(飲ませるものは、下痢の時に飲ませると良い飲み物の作り方を参考にしてくださいね)

スポンサーリンク

 

まだ乳児で母乳を飲ませている場合は、少しづつ何度もおっぱいをくわえさせるようにしましょう。これは、もし自分が辛い時でも一番楽に赤ちゃんに水分補給させてあげられます。

 

幼稚園以上になっている場合は、ペットボトルに直接付けられる飲み口がとても役に立ちます。100均などで売っていますが、寝込んでいる時は、水筒の開け閉めやペットボトルの蓋でさえ、開けるのが辛いものです。

急性胃腸炎 熱 子供
出典:http://goo.gl/duyR1n

ポカリスエットや経口補水液のペットボトルに直接つけて置いておくといつでも飲ませることができて便利ですよね。ただ、上で書いたように、数口飲んだら時間をあけることが大事ですよ!「ごく、ごく、ごく」と飲んで、胃の中にたくさん入りすぎると、その刺激で胃腸が活性化されて吐いてしまうことがあるので、注意が必要なのです。

 

発熱時は寒いか暑いか子供に聞いてみて!

「発熱=冷やす」と考えがちですが、発熱している間は暑いと感じているとは限りません。

 

まだ熱が出きっていない間は、悪寒を感じ震えるほど寒い場合があります。

 

発熱している子供が「寒い」と言う時は、お布団を首までかけてあげて、十分に温めてあげてください。靴下をはかせてあげると早く寒気が収まります。

 

下痢が続いている間は、なるべくトイレに近い部屋に寝かせてあげると良いです。

 

トイレが間に合わなかったり、下着が汚れたりすると、寒いのに裸にしなくてはならないし、便から他の家族への感染が広がります。

 

暑いと言いだしたら、今度は一転して布団を1枚とってあげてください。

 

おでこや脇の下を冷やすのは、ほぼ気休めのようですが、体を冷やすよりもっと大きな効果があります。それは、「安心感」です。特効薬も無い状態でウイルスと戦うには、自分の免疫力に頑張ってもらうしかありません。

 

ママやパパが近くにいてくれる「安心感」は、免疫力を向上させます。反対に寂しさや恐怖感は免疫力を下げることが分かっています。

 

下痢や発熱は、かわいい我が子の体がウイルスと戦う力を持っていると言う証拠です。

 

あたふたせずに、

 

  • 水分を摂らせる
  • 布団をかける
  • 汗をふいてあげる
  • 気替えさせる
  • 声をかける
  • 体をさする

 

など、ママやパパにしかできない特効薬を使って早く元気にしてあげましょう。

 

まとめ

急性胃腸炎で子供が発熱した時は、原因がウイルスか細菌かでするべき事が違ってきます。細菌が原因かもしれない時は、すぐに病院に連れて行きましょう。重篤化する恐れがあります。

 

流行っているウイルスに感染した時は、かかりつけ医に相談して指示を仰いでみてください。自宅で安静にする場合は、脱水症状に十分気をつけて水分を摂らせること。発熱がある時は、寒いか暑いか子供に確認しながら、状況に応じて対処します。

 

ウイルスに特効薬はありませんが、どんな病気にも一番良く効くのはママやパパの愛情です。

 

「頑張れ」「大丈夫だよ」と声をかけながら、体をさすってあげるのは、何よりの手当てです。すると子供の免疫力があがり、早くウイルスに打ち勝ってくれますよ。