ヘルニアとは、脱腸という意味で、本来あるべき場所から何かが外に向かって飛び出すことを意味します。

 

人の病気を表す場合は、体内の様々な場所に出来るヘルニア門といわれる穴が存在する事で、その門を通して臓器が脱出する病気のことをいいます。脱出する臓器の事はヘルニア嚢といいます。

 

ですので一口にヘルニアと言っても、ヘルニアの場所、脱出する臓器によって疾患名は様々になります。

 

 

例えば、横隔膜という胸腔と腹腔との境目にある呼吸を手助けする筋肉がありますが、この横隔膜にヘルニア門があり、ここから内臓器が脱出する場合は横隔膜ヘルニアといいます。横隔膜ヘルニアの代表的な疾患として横隔膜のヘルニア門から食道が脱出する疾患を食道裂孔ヘルニアといいます。

 

 

ただし、一般的にヘルニアという病名を使う時は今から説明する鼠径ヘルニアを示す場合が多いと思いますので、この疾患について説明していきます。

 

 

鼠径ヘルニアとは

両足の股の付け根の部分を鼠径部といいます。

 

腹腔内から、この部分を除くと、内鼠径輪という10円玉サイズの穴があります。

 

これは出生前から出生にかけて睾丸が陰嚢におりてくるのですが、その部分は本来成長するにつけて自然に閉じてしまう物で、医学的な正式名称は腹膜鞘状突起といいます。

 

 

これをヘルニア門として、腹部の筋肉(腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋)を貫く鼠径管と いう管状のトンネルが出来るのですが、このトンネルを腹腔内の臓器(主に小腸ですが)腹腔外に脱出する病気を鼠径ヘルニアといいます。

 

鼠径ヘルニアは男性、特に小児に多い疾患で小児外科の領域で最も多い病気です。

 

 

 鼠径ヘルニアの症状

はじめは、お子さんの股の部分(鼠径部)に不自然な腫瘤を親御さんが見つける事が多いです。これを鼠径部ヘルニア腫瘤といいます。

 

寝ている時はわからないのですが、立ったり、遊んだりしている時に腹圧で腹腔内の臓器が圧排され、ヘルニア門からヘルニア嚢が脱出し、腫瘤として触れます。

 

お子さんは自分でわからない事も多いので、親が注意深く観察する事が必要です。

 

当然、小腸などの消化管がヘルニア門から脱出することで、長期間ほっておくとイレウスなどの消化管障害に発展する事もありますので、注意が必要です。

 

 

 鼠径ヘルニアの治療

基本的に行われる治療は、ヘルニア嚢高位結紮術という外科手術です。

 

麻酔は全身麻酔を使用し、鼠径部の皮膚を2〜3cm程度切開します。そして小腸などの内臓が含まれていたヘルニア嚢を取り出し、腹腔内の正常な位置まで戻し、ヘルニア門を閉じてしまい、腹壁からヘルニア嚢が脱出しないようにします。

 

こちらは従来行われていた開腹によるヘルニア手術ですが、近年は傷を出来るだけ小さくし、体の負担を減らす腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、通称ラパヘルというものもあります。

 

腹腔内到達法TAP(transab- dominal pre-peritoneal repair)、あるいは腹膜外到達法TEP(Totally Extraperitoneally Pre Peritoneal mesh repair)といわれます。

 

同様に、全身麻酔のもとで。お臍に3〜5mmの穴をあけ、内視鏡とよばれるカメラと、鉗子とよばれるマジックハンドのような器具を使用し、ヘルニア門を閉じる手術をします。

 

 

小児のヘルニア手術後の経過

一般的にはお腹の自発痛が改善すれば、翌日からすぐに食事を開始出来る事が多いです。この際、まずは流動食やおかゆといった消化に優しい食べ物から開始します。

 

そのまま経過を見て常食に変更し、問題が無ければ1週間以内で、腹腔鏡手術の場合は早ければ3〜5日で退院となります。