胃は食道と十二指腸の間に存在している袋状の臓器です。主な働きは、胃酸や消化酵素で食べ物を分解し、小さな形にして、腸に送ることです。

 

主に「消化」がメインの働きで、「吸収」しやすい形にして腸に届けています。

 

 

胃の構造

胃の構造は大まかに胃底部、胃体部、幽門部の3部位に分けることができます。胃底部というと胃の下の方だとイメージしがちですが、それは間違っています。食道から胃に移行するところを「噴門」と言いますが、噴門よりも上を胃底部と呼びます。

同様に胃から十二指腸に移行するところの「幽門」よりも上で、かつ胃角よりも下の部位を幽門部または幽門前庭部と呼びます。幽門部と胃底部の間を胃体部と呼んでいます。

 

幽門には特に幽門括約筋と呼ばれる筋肉が存在していて、胃に入ってきた食物が、消化前に勝手に十二指腸に達しないようにロックをしています。

 

 

次に胃の壁の構造について説明します。胃の壁は内側から

粘膜層→粘膜下層→固有筋層(3層の筋肉からなる)→漿膜下層→漿膜

の順になっています。

 

粘膜層にある細胞が消化酵素であったり、胃酸を分泌したりしています。

 

粘膜下層には血管が通っており、粘膜層の細胞を栄養しています。また、粘膜下層にはマイスネルの粘膜下神経叢と呼ばれる神経の束が存在しており、これによって胃の分泌物の量・タイミングを調節しています。

 

固有筋層はアウエルバッハの筋間神経叢によって支配されていて、十分に消化が完了した際に胃が収縮・弛緩することで十二指腸に食物を送る役割を担っています。

 

漿膜は人でいうところの服のようなもので、胃の外壁を守っています。漿膜は基本的に消化器系の臓器に存在しているのですが、食道は例外的に漿膜がなく、これによって食道がんは浸潤しやすいことがよく知られています。

 

さて、ここからは胃壁にある細胞がどんな物質を分泌するのか見ていきましょう。

 

胃の細胞が分泌するものー胃酸と胃の消化酵素とバリアー

胃には噴門腺、胃底腺、幽門腺の3種類があり、これはそれぞれ存在する場所に対応しています。場所については先ほど説明しましたね。3つの腺はそれぞれ構成する細胞が違います。

 

噴門腺は粘液細胞によって構成され、粘液細胞はその名の通り主に粘液を分泌し、胃壁を守っています

 

胃底腺は壁細胞、主細胞、副細胞、内分泌細胞の4種類があります。

 

壁細胞という名前に細胞が、HCl(つまり塩酸)とキャッスル内因子というビタミンB12の吸収を促進する因子を分泌します。

 

主細胞はペプシノーゲンと胃ペプシンを分泌します。主細胞から分泌されたペプシノーゲンはそのままだと消化酵素として働きませんが、壁細胞から分泌されたHClによって活性化され、ペプシンとして食物の中でも主にタンパク質を消化します。同様に主細胞から分泌された胃ペプシンは脂肪の消化吸収を助ける消化酵素でもあります。

 

副細胞は粘液細胞同様に粘液を分泌し胃壁を守っています。

 

 

ここまでの3種類は外分泌細胞と総称され、主に胃の中に何かしらを分泌しています。

 

 

一方で、内分泌細胞は胃の中ではなく、胃の中の様子を観察し、必要に応じて血中に様々なホルモン(セクレチン、ソマトスタチン、ガストリンなど)を分泌し、膵臓や十二指腸など、次の消化器官との連絡役になります。例えば、セクレチンは膵臓から胃酸を中和するための重炭酸塩の外分泌を促進するホルモンです。

 

 

口腔内ではアミラーゼによってデンプンがブドウ糖に消化されていましたが、胃ではデンプンの消化は進みません。なぜかというと、アミラーゼが活性化するpHは6.5であり、胃の中はHClが分泌されているせいでそれよりもはるかに小さいpHになってしまっているからです。場所によって何かの栄養素に特化して消化を行っていると言えますね。