小腸は食べたものを吸収しているというイメージが強いとは思いますが、実は人体の中で最も免疫力の強い場所でもあることは意外と知られていません。

 

小腸に限らず、ヒトの粘膜面には、外敵から体を守るための粘膜免疫と呼ばれる免疫機構が存在しています。

 

獲得免疫や自然免疫とはまた異なる経路で、粘膜面から体を侵そうとするウイルスや細菌を攻撃してくれます。粘膜免疫に特徴的なのは、分泌型IgAと呼ばれる抗体の分泌と、細胞傷害性T細胞の誘導です。小腸はそういった機構が強い臓器なのです。

 

小腸の粘膜には腸管関連リンパ組織(GALT)と呼ばれる組織や、パイエル板というリンパ球が集まっている部分、M細胞というわざと抗原になりそうなものをキャッチしてそれが人体に害を及ぼすものかチェックする細胞が存在しています。

 

M細胞によって意図的に体内に持ち込まれた抗原は、M細胞のすぐそばで待ち構えていたマクロファージや樹状細胞などの免疫系の細胞が受け取ることで粘膜免疫はスタートします。

 

粘膜同士は共通粘膜免疫機構とよばれる機構によってかかわりを持っていて、どこかの粘膜で誘導された分泌型IgA産生細胞はほかの粘膜まで派遣されることが知られています。

 

粘膜はこの機構を使って、実行組織(実際に分泌型IgAや細胞傷害性T細胞が使われるところ)と誘導組織(分泌型IgAや細胞傷害性T細胞を誘導する組織)に仕事を2分割して免疫機構を構築しています。

 

どこかのM細胞が抗原をキャッチし、その情報を共通粘膜免疫機構によって様々な粘膜が受け取ると、受け取った粘膜では誘導組織として、実際に抗原を受け取った場所へ分泌型IgAや細胞傷害性T細胞を派遣してやる準備を整えます。

 

ただ、どこの粘膜でもそれらは作られるわけではなく、体の各所にある要所のようなところで作られます。

 

腸管関連リンパ組織(GALT)はそのひとつで、他にも鼻咽頭関連リンパ組織(NALT)、気管支関連リンパ組織(BALT)などがあり、それぞれが誘導組織としての役割を果たしています。

 

説明が遅れましたが、分泌型IgAとは免疫グロブリン、つまり抗体の一種です。

 

ヒトの消化管はちくわにたとえられます。ちくわの内腔の壁がヒトの消化管の壁だと考えると、そこはもう「外」であると考えられます。つまり、ヒトの消化管内腔は常に細菌やウイルスに暴露されるリスクが高いと言う訳です。そんなヒトの体の中の消化管を守るために分泌型IgAは存在しています。

 

分泌型IgAの働きは、細菌を凝集して細菌が粘膜面に付着することや、粘膜面での増殖を防ぐことです。このようにして分泌型IgAは体を守っています。

 

 

詳しくは述べませんが、粘膜免疫と対をなして体の免疫系を支えているのが全身免疫です。ワクチンなどを注射される場合、誘導される免疫系は全身免疫です。

 

ですが、実際に体に免疫を付けさせるためには、粘膜免疫を誘導した方が良いのではないか、ということが様々な研究によって明らかにされてきました。

 

ですので、現在の研究ではいかに粘膜免疫を誘導できるワクチンを開発するか、が考えられています。

 

現在日本で承認されている粘膜ワクチンは経口ポリオワクチンのみです。この他にも、国際基準ではインフルエンザも経鼻投与による粘膜免疫を誘導するワクチンが認可されていますが、日本では認可されていません。

 

 

このように、小腸には多くの免疫細胞・免疫機構があることが分かると思います。M細胞、パイエル板、粘膜免疫などは医療従事者ならば知っておき説明できるようにしておくとよいでしょう。