逆流性食道炎は胃酸が食道に逆流する病気です。

 

食道と胃の間には下部食道括約筋(LES)lower esophageal sphincterという部位があります。これは、食道と胃の通り道を開け閉めしている筋肉です。

 

これは非常に重要な部位で、食事を食べて、食物を飲み込むと、食道から胃にものが自然に運ばれますが、この際LES(下部食道括約筋)は弛緩して(緊張がとれ緩む)食物を胃に速やかに流します。

 

一方、胃酸は食道にとっては害なので、胃で食物が消化される時、LES(下部食道括約筋)は収縮して胃から食道に食べ物や胃酸が逆流しないように弁の役割でふたを閉じてしまいます。

 

この機構が働く事で、胃酸の逆流を防いでいます。胃酸はPHが低く酸性に傾いており、食道の粘膜には刺激が強いので、胃酸が逆流すると食道の粘膜が痛んでしまい、潰瘍を形成することもあります。

 

 

逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液の消化液の逆流によって発生する食道の炎症を伴う疾患です。

 

 

 

逆流性食道炎の原因

発生原因は、胃酸によるものは胃食道逆流症(Gastroesophageal Reflux Diseas:GERD)と呼ばれる病体が主で、多くは食道裂孔ヘルニアを伴い高齢者に多い疾患です。

 

 

この病気は近年増加傾向で、最大の原因は前述のLESの圧の低下ですが、腸液によるものはアルカリ性逆流性食道炎といって、胃切除術の手術を受けた際に、胃の出口である噴門やあるいは入り口である幽門の機能不全が原因となっています。

 

その他の原因としては妊娠があります。妊婦は子宮が大きくなる事で胸腔が圧排されたり、妊娠の影響でLESが弛緩したりするためといわれています。

 

また肥満や、膠原病のひとつである全身性強皮症とよばれる疾患でも逆流性食道炎を合併すると言われています。

 

 

逆流性食道炎の症状

主症状は、食後の胸焼け、悪心ですが、ときに狭心症や心臓発作のような前胸部痛を訴えることもあります。

 

狭心症発作と症状が類似しているため、循環器内科医がニトロール等の心臓系の薬を処方してしまうと、これらは前述のLES(食道括約筋)を弛緩させる作用がありますので、逆流性食道炎を誘発してしまう危険があります。

 

また、高齢者は高血圧で治療されている方が多いので、血圧降下剤として一般的なCa拮抗薬を使用すると、これも同様にLES(食道括約筋)を弛緩させ逆流性食道炎を誘発してしまいます。内科医は、これらの疾患に対して治療をする時には必ず、逆流性食道炎の存在を念頭に置いておく必要があります。

 

重症例になると、食道狭窄、嚥下障害、夜間の咳嗽、吐血を来します。

 

さらに重症のまま長期間放置すると食道癌の発生原因になります。

 

 

逆流性食道炎の検査、診断

検査は上部消化管内視鏡検査が第一選択となります。食道内視鏡で直接病変部分を観察し、発赤やびらん、白苔、浮腫や時に潰瘍といった様々な所見をロサンゼルス分類という指標に照らし合わせます。

 

このとき、逆流性食道炎では症状と内視鏡所見との不一致を見る事が多いのですが、ヨード染色という特殊な染色液を使用する事で、食道炎やあるいは食道癌を鑑別しやすくなります。

 

 

逆流性食道炎の治療に関して

まずは生活指導になります。就寝前の食事を避けること、喫煙、肥満を避けることや、アルコールや高脂肪食を避ける食事指導を行います。

 

これと併用して胃酸を抑える薬や、消化管粘膜保護薬、消化管運動調整薬を使っていきます。

 

胃酸分泌抑制剤は、一般的にはガスターとよばれるH2ブロッカーという薬、またはPPI(プロトンポンプインヒビター)と呼ばれる直接的に胃酸分泌を抑制する薬も使用します。H2ブロッカー単独では6〜8週間での治癒率は49%と低いですが、PPIは単独でも治癒率87%と高い報告があります。

 

 

消化管粘膜保護剤は止血と粘膜保護作用があるアルギン酸ナトリウムや、粘膜保護作用と胆汁結合作用があるスクラルファートという薬を使用します。

 

消化管運動調整剤としてはLES圧を上昇させるコリン作動性薬剤や抗ドパミン薬を使用します。

 

逆流性食道炎は基本的には内科的治療で緩解しますが、これらの治療で改善が見られない時は、Nissen手術という脱出した胃噴門部を腹腔内に引き下げる外科手術を選択する事もあります。近年ではこの術式を腹腔鏡で行う腹腔鏡下Nissen手術が保険適応になり盛んに行われるようになってきています。