虚血性大腸炎とは?

大腸は水分や食物から栄養を吸収し、食物残渣を最終的に便として排出する臓器ですが、大腸自身を栄養するための血管が巡らされています。

それを腸間膜動脈といいますが、その血管の分枝である結腸動脈末梢枝の閉塞、あるいは狭窄による超粘膜の虚血性壊死を示す炎症性病変を虚血性大腸炎といいます。

 

あまり一般の方にはなじみの無い病名ですが、救急外来に腹痛で受診する場合の原因としてはメジャーな疾患です。

 

虚血性大腸炎の多くは大腸の粘膜下層や粘膜固有層の細い血管の閉塞によって起こり、粘膜下の出血を起こしやすい疾患です。

 

原因は高血圧や動脈硬化症、糖尿病など、血管障害を起こす基礎疾患を持つ患者さんとご高齢の方が腸間膜動脈の狭窄を来していることが多いです。

 

また、便秘が虚血性大腸炎発症の誘因になると言われています。

 

好発部位は左側の結腸の脾臓近く(脾彎曲部)、下行結腸、S状結腸に多く発症します。これは、この部位に走る腸間膜動脈は解剖学的性質上、虚血を起こしやすくなっているからだと考えられています。

 

 

虚血性大腸炎の症状

50歳以上の高齢者で、前述の通り高血圧、動脈硬化、心房細動、糖尿病、あるいは長期人工透析などの背景を持つ患者さんが多いです。

 

透析患者の場合は、透析中の血圧低下時、あるいは徐水(人工透析の体内血液を回収する段階のこと)が進んでいる際に腸管脈動脈循環不全がおこり腹痛を訴えることがあります。

 

また必ずしも高齢者のみの疾患ではなく、稀ですが若年者にも起こるので注意が必要です。若年女性に虚血性大腸炎が起こるメカニズムとしては、便秘による腸管内圧の上昇や腸管膜の微小血管の攣縮(発作的に動脈が痙攣して、狭窄や閉塞を起こすこと。)などが考えられています。

 

突然の下腹部痛(特に左側に多くなっています)、しぶり腹(テネスムスといい、便意を催すのに便が出ない状態のことです)、下痢、下血を生じます。

 

この中でも初診時に最も注意すべき症状は下血で、この症状があると医師は必ず虚血性腸炎を念頭に置く必要があります。

 

その他には悪心、嘔吐、腹部膨満感を訴え、腸管壊疽を起こしている場合には発熱も伴います。

 

虚血性腸炎の多くは可逆性で、通常は10日以内に改善してしまいます。時に再発が見られる疾患でもありますので既往歴は重要です。

 

 

虚血性大腸炎の検査、診断

血液検査では一般的な炎症反応の数値である白血球やCRPといった値が上昇します。また、下血の症状が続くとそれに応じて貧血も進んできます。

 

注腸造影検査といって、消化管に造影剤を流してX線で撮影すると、母指圧痕像といって左結腸に親指で判を連続で押したような像が認められます。

 

また、虚血性大腸炎が慢性化すると狭窄を呈することもあります。

 

下部消化管内視鏡検査では、粘膜の浮腫、暗赤色の粘膜膨隆、多発性のびらん、ないし不整形の潰瘍病変、縦走潰瘍など様々な所見を認めます。

 

超音波検査や腹部CT検査も有効で、特に造影CT検査では大腸壁の肥厚と濃染像がみられます。

 

虚血性大腸炎が進行すると稀に消化管穿孔を合併することもあり、その場合は注腸造影や大腸内視鏡は出来ないので注意が必要になります。

 

 

虚血性大腸炎の治療

治療は症状、炎症反応、内視鏡所見などから重症度を総合的に判断し方針を決定します。虚血性大腸炎は一過性のタイプも多く、自然治癒傾向も高いので通常1〜2週間ほどで症状が改善します。

 

原則としては腸管の安静(短期間の絶食)、補液など保存的治療を行います。

 

軽症例では必ずしも入院の必要はありません。発熱を伴う症例には抗生剤を併用します。

 

また、再発が多い疾患ですので、便秘にならないような生活指導(高繊維食、水分摂取、便秘薬の使用)を行います。

 

腸管が狭窄したり、あるいは壊疽、穿孔に至る場合は病変部位の腸切除術をふまえ外科手術を選択する例もあります。