リンゼスとは、過敏性腸症候群(IBS)のうち、便秘型に分類される症状に対して使用されるお薬です。

 

便秘薬としての作用が理論上ありますが、その働きは従来からある酸化マグネシウムやセンノサイド、ラキソベロンなどと異なり、小腸より分泌される腸液の量を増やして便秘に作用します。

 

また、大腸の痛覚を抑制することで、便秘のつらい痛みを抑えることが臨床上示されています。

 

リンゼスの作用機序(グアニル酸シクラーゼC受容体とは)、・リンゼスがほかの薬剤と違う点

リンゼスの有効成分は、リナクロチドという物質です。

 

ラキソベロンやセンノサイドの場合、大腸に作用して、大腸の蠕動運動(便を肛門の方向へ押し出そうとする運動)を亢進させることで便秘を解消します。

 

酸化マグネシウムの場合は、酸化マグネシウム自体が水分を含むことで膨張し水分を保持します。それが消化されずに排泄される便の中に入り込み凝集することを防ぎます。

 

しかし、リンゼスはこれらとはまったく異なる作用を持っています

 

リンゼスは腸管の表面に存在するグアニル酸シクラーゼC(GC-C)受容体という腸にある受容体に作用し活性化させます。

 

グアニル酸シクラーゼC(GC-C受容体)が活性化されると、サイクリックGMP(cGMP)の濃度が高まります。このcGMPの働きが高まることで、以下の作用が起こります。

・腸管分泌液の分泌促進
・小腸の輸送機能の促進
・大腸の痛覚過敏の抑制

腸液の分泌が増えることで、硬くなった便をやわらかくすることができます。さらに小腸の輸送機能が促進されることで大腸に刺激が伝わり、大腸の蠕動運動も促進されて、結果として排便が促されます。

 

ただし、現時点では便秘への適応は承認されておらず、過敏性腸症候群の便秘型に対しての保険が通っている段階です。

 

最も他の薬剤とことなる点は、痛覚過敏を抑制することです。

 

酸化マグネシウムでは作用機序から考えた場合、腹痛の頻度は多くありませんが、センノサイドやラキソベロンのように蠕動運動を亢進させる薬剤の場合、腹痛はつきものです。

 

しかし、リンゼスの場合、結果的に蠕動運動を亢進させるものの、大腸の痛覚過敏を押さえるため、腹痛を感じなくするという特徴があります。

リンゼスのエビデンス

国内で実施された臨床試験のデータを確認してみましょう。

 

便秘型過敏性腸症候群患者さんを対象に、第Ⅲ相プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験が実施されています。

 

朝食前に、5mgもしくはプラセボ(偽薬)を1日1回12週間投与したという、2つの群で比べることで、薬の効果を見ています(こういう検査をRCTといいます)、2つの主要項目が設定されています。

 

・12週間における過敏性腸症候群症状の全般改善効果のレスポンダー率

・12週間における完全自然排便のレスポンダー率

 

 

敏性腸症候群症状の全般改善効果のレスポンダー率完全自然排便のレスポンダー率
リンゼス33.7%34.9%
プラセボ17.5%19.1%

プラセボと比較すると、おおよそ2倍の人数で、効果が認められております。

 

リンゼスの現在の保険適応疾患

過敏性腸症候群には4つの分類がありますが、リンゼスはそのうち便秘型の過敏性腸症候群のみ適応を持っています。なお、4種類の過敏性腸症候群は以下の通りです。

 

・便秘型過敏性腸症候群:便秘が主症状

・下痢型過敏性腸症候群:下痢症状が主症状

・混合型過敏性腸症候群:下痢や便秘の両方を持つ場合

・分類不能型過敏性腸症候群:上記に分類されないもの

 

 

リンゼスが適応となる便秘型の過敏性腸症候群とは

まず過敏性腸症候群ですが、腸そのものに器質的な異常がないにもかかわらず、便秘や下痢、腹部膨満感などの腹部症状があることです。

 

加えて、6ヶ月以上前からその症状が継続していること、直近3ヶ月で腹部症状が1ヶ月に3日間以上あり、以下のうち2項目に該当する場合、過敏性腸症候群が疑われ、薬剤が処方されます。

 

  • 排便すると症状が改善する
  • 症状が出ている際は排便の頻度が変化する
  • 症状が出ている際は便の形状が変化する

 

便秘型の過敏性腸症候群ですが、

・排便回数が週3回未満
・便の性状は硬く、ころころとした丸いウサギの糞のような便(兎糞状便と呼びます)
・残便感や便のつまりを感じるという症状があった場合

便秘型と診断されます。

 

 

リンゼスの副作用

臨床試験のデータより、855例の投与患者のうち、副作用の発現が認められたのは184例(21.5%)で、最も多かった副作用は下痢の111例(13.0%)でした。

 

下痢以外の副作用としては、貧血、腹痛、腹部不快感 、腹部膨満、上腹部痛、放屁 便秘型敏性腸症候群の悪心、悪化、軟便、発熱、口渇、肝機能異常、臨床検査値異常などです。