膀胱炎は主として、尿道からの上行性経路による細菌感染によって生じる膀胱の炎症で、特に女性なら1度や2度はかかる疾患です。

 

ほとんどの場合軽症ですむことが多いのですが、悪化すると様々な合併症を引き起こすので注意が必要です。

 

基本的には細菌感染によるもので、細菌感染以外の膀胱炎の原因としては特殊ですが、小児のアデノウイルス2型、およびアデノウイルス21型による出血性膀胱炎があります。また、シクロフォスファミドというタイプの薬物の副作用で起こる出血性膀胱炎や、放射線の影響による放射性膀胱炎もあります。

 

原因となる細菌は主に大腸菌で、これは80〜90%程度を占めます。他にはクレブジエラ菌、緑膿菌、セラチアなども膀胱炎の起因菌としては有名です。

 

 

膀胱炎は急性膀胱炎と慢性膀胱炎とに大別され、急性膀胱炎は大部分が基礎疾患の無い単純性膀胱炎で女性に圧倒的に多くなっています。理由は男性に比べて女性は尿道から膀胱への距離が短く、外界の細菌が容易に上行性感染を呈しやすいからです。

 

また、女性の膀胱炎では同時に尿道炎を併発することが多く、膀胱炎と尿道炎の総称として、下部尿路感染症という言葉が使われます。これに対して、尿管から腎臓への経路に感染が波及すると腎盂腎炎という病名になり、これは上部まで尿路感染症が進行してしまった状態で、より重症な疾患となります。

 

また、妊娠した女性は経過中に膀胱炎を併発する可能性が高く、症状の無い無症候性細菌尿の段階での治療が必要になります。膀胱炎を慢性的に放置していると、切迫早産を併発することがあるという論文もあり、妊娠子宮が尿管を圧迫することで、尿路へ上行性感染をきたしやすく腎盂腎炎や水腎症を合併することもあるため、妊娠中は軽い症状(頻尿や残尿感や排尿時の痛み)がある時点で、かかりつけに相談しましょう。

 

 

膀胱炎の症状

急性膀胱炎の主な症状は、頻尿、排尿時痛、尿混濁、下腹部痛などです。他には残尿感、下腹部不快感、排尿終末時の血尿などを認めます。

 

発熱は認めないことが多いですが、高熱を併発し始めると、膀胱から尿管を通って腎臓との境界である腎盂に炎症が波及し、腎盂腎炎という重症疾患に進展している可能性を考慮する必要があります。

 

慢性膀胱炎でも基本的には急性膀胱炎と同様の症状を呈しますが、一般的に症状が軽く、場合によっては無症状のこともあります(無症候性細菌尿)。

 

尿路の基礎疾患に続発することが多いため、基礎疾患を発見し、これを根本的に治療しないことには再発を繰り返すことになります。

 

乳幼児の場合はさらに慎重を期する必要があります。小児科領域で膀胱炎は日常最もよく遭遇する疾患のひとつですが、成人のように上記のような尿路刺激症状を正確に訴える訳ではないので、主訴の第一が発熱になります。

 

その場合は、膀胱炎のような下部尿路感染症が上行性に感染が波及し、敗血症という全身に細菌が繁殖する生命に危険が及ぶ重症感染症に発展する可能性もあります。

 

 

膀胱炎の検査、診断

膀胱炎の疑いがある場合は、まずは尿検査です。

 

試験紙法や、尿沈査、尿細菌培養検査等を行います。

 

試験紙法や尿沈査では白血球の増加、膿尿を認め、尿培養検査で細菌の増殖を認めます。

 

尿採取の際に注意することは中間尿を取ることです。中間尿とは、尿の出し初めと、排尿終了時の尿は捨ててしまい、その間の尿を採取する方法です。

 

出始めの尿にはなんら問題の無い状態でも細菌が付着していることが多いので、病態を正確に把握する為には中間尿を採取するのが有用です。

 

 

膀胱炎の治療に関して

治療は、ごくごく軽症であれば、水分を積極的に摂取し、排尿を促すことで自然に軽快していきますが、多くの場合は抗生剤で対応します。

 

抗生剤の種類は主に大腸菌をターゲットとしたセフェム系、ニューキノロン系を用いることが多いです。ただし最近はニューキノロン系の耐性菌が増えてきているので、膀胱炎への薬で耐性菌を作ってしまわないよう注意する必要があるということは知っておきましょう。

 

数日間、抗生剤で治療し、症状が軽快し、尿検査で細菌が陰性になれば治療は終了です。

 

前述のように上部尿路感染症に発展している場合は、長期間の治療(2週間の抗生剤治療、キノロンなら1週間)や、入院加療が必要になります。