子宮付属器とは解剖学的に子宮に付随する卵管、卵巣とその周囲の支持組織のことです。

 

子宮付属器炎とは、その卵管や卵巣に細菌感染を起こし、炎症を起こす疾患です。通常は卵管炎で発症し、それが隣接する卵管管膜や卵巣に容易に波及するのでそれらを総称して子宮付属器炎としてまとめています。

 

卵管炎は、膣〜子宮を通って上行性に感染し、卵管に炎症が波及します。また、数は少ないですが、虫垂炎からの直接的な炎症の波及や、肺結核からの血行性転移もあります。

 

起因菌(原因となる菌)としては、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの常在菌と、近年ではクラミジア感染症の割合が増えてきています。前者は内性器の感染防御機構の破綻が主因であり、後者は性行為感染症によるものです。

 

また、卵管への感染が慢性化すると、それが膿となって貯留し、卵管留膿症を起こします。

 

 

子宮付属器炎、卵管膿瘍(卵管留膿症)の症状

急性期には下腹部痛、悪心、嘔吐、悪寒を伴う発熱を呈し、症状は子宮に起こる炎症よりも強烈です。

 

卵管は卵管采を通して腹腔内に繋がっており、炎症が腹膜へ波及するからです。それにより腹膜炎を併発し、腹膜刺激症状が起こるからだと考えられています。

 

また、膣〜子宮への上行性感染を伴う本症では、子宮内膜の炎症所見(帯下の増量、外陰部掻痒感、悪臭、不整性器出血)なども伴います。

 

慢性期になると軽度の圧痛を残すのみになります。ただし、ただでさえ狭い卵管内腔で炎症が長引くと炎症性の癒着や瘢痕化による狭窄が起こり卵管が閉塞してしまいます。

 

また、卵管采から腹膜にかけて広がった炎症を免疫担当細胞が必死におさえ込むことにより、ここは主戦場となって癒着を残します。結果として卵管性不妊を起こしてしまうことがあります。

 

なお、すべての子宮付属器炎が急性期を経て慢性期に移行する訳ではありません。

 

特にクラミジア感染症の場合は、急性期はあっても軽度で、しばしば自覚症状を伴わず、慢性期になってから、不妊を主訴に来院するケースが目立ちます。

 

 

子宮付属器炎の検査、診断

診察所見で子宮付属器炎が起こっている患側に圧痛(痛みの部分を押さえ込むと症状が強くなる所見)を認めます。腹膜炎まで進行している時は、お腹全体が堅くなる筋性防御反応も起こります。

 

血液検査では炎症反応の上昇を示す白血球やCRPといった数値が高くなります。

 

エコーやCT、MRIでは患側子宮付属器が軽度炎症性に腫大しているのみで明らかな特徴はありません。卵管留膿症が起こっている場合は卵管がソーセージのように腫大している像が描出されます。

 

膣から採取した培養検査で、前述の起因菌、特にクラミジアが検出された場合は本症を強く疑います。

 

 

子宮付属器炎の治療に関して

急性期には絶対安静を保ち、感受性のある抗生物質を全身投与します。この時期には炎症の拡大を抑えこみ、卵管閉鎖や卵管采周囲の癒着といった後遺症を防ぐことが重要です。

 

急性期から移行した慢性期には、炎症部位はすでに瘢痕化しているので抗生物質を投与しても意味はありません。

 

癒着による下腹部痛を訴える場合には外科手術を行います。特に卵管留膿症はカプセル化された嚢胞内に膿がたまっていることが多く、血管を通して抗生剤を投与しても、炎症部分まで抗生剤が届かないことがあります。

 

そのため、外科手術で直接的にアプローチし、嚢胞部分から膿を排出する方法もあります。

 

特に自覚症状が強くなければ本症に対する治療は行いません。

 

クラミジア感染症の場合は、免疫応答がそれほど強くないので(だから急性期の自覚症状があまりないのです)、この時点で感受性のある抗生物質(ジスロマックなど)を投与しても間に合います。

 

後遺症としての不妊に対しては、卵管形成術や体外受精−肺移植などの適応があります。