便秘の原因は様々ありますが、薬の副作用として便秘が起きることがあります。

 

ここでは便秘を引き起こす可能性のある薬剤のうち抗コリン薬についてまとめます。

 

抗コリン薬とは

 私たちは、交感神経と副交感神経という2つの自律神経のバランスによって体の状態を保っています。

 

交感神経は戦う神経・副交感神経は安静の神経と言われていますが、抗コリン薬とはこの2つ自律神経のうち副交感神経の働きを阻害することで効果をあらわす薬です。

 

では、副交感神経が働くとどのような生体反応がおきるのでしょうか?

 

副交感神経はアセチルコリンという物質がムスカリン受容体に作用することで唾液量増加・気管支を狭め・心臓の拍動を低下・胃腸の活動活発化・膀胱収縮(排尿)などの生体反応をおこします。

 

イメージとしては、戦士を想像すると分かりやすいです。戦士は、戦いの時は交感神経優位になり、興奮する一方で、安静・休息の時は副交感神経優位になり、腸は栄養を蓄えるように働きますので腸に血流が増え、消化吸収に向いた状態と考えると分かりやすいでしょう。

 

抗コリン薬はこれらの副交感神経の反応を阻害します。

 

主な抗コリン薬の種類

抗コリン薬は副交感神経の効果を阻害することで効果をあらわします。つまり副交感神経を刺激したときと逆の反応が起き、主に以下の用途で使用されます。

 

下痢止め (ロートエキスなど)による便秘

胃腸の働きを弱める効果

 

腹痛における痛みどめ(ブスコパン・チアトンなど)による便秘

胃腸の働きを弱める効果・胆汁の排出抑制効果

 

気管支拡張吸入薬(スピリーバなど)による便秘

気管支ぜんそくや慢性閉塞性肺疾患での気管支拡張効果

 

排尿障害改善効果(バップフォー・ベシケア・デトルシトール・ウリトスなど)による便秘

膀胱括約筋を弛緩させることでの膀胱への蓄尿量増加効果

 

抗パーキンソン効果(アーテン・アキネトン・タスモリンなど)の薬剤による便秘

脳でのアセチルコリンを阻害することでパーキンソン症状改善効果

 

抗コリン薬の副作用

抗コリン薬では期待する副交感神経阻害作用のほかの作用があらわれます。期待される効果を薬の主作用といい、期待されない効果を薬の副作用といいます。

 

主な抗コリン薬の副作用は便秘・口の渇き・尿閉・眼のかすみ・眼圧上昇・眠気などがあります。

 

例えば胃腸の働きを弱める効果を利用して下痢止めとして使用されていますが、それ以外の副交感神経阻害作用が副作用となります。

 

ただし副作用は必ずしも生じるわけではありません。副作用の出方にも個人差があります。

 

抗コリン薬での便秘対策

ここまでのまとめになりますが、副交感神経が働くと胃腸の働きを促進し、消化を促す効果が働きます。抗コリン薬はこの働きを阻害してしまうために便秘が生じることがあります。

 

本来の目的で使用される抗コリン薬の副作用として便秘が生じたからといって、薬を中止することは多くの場合ありません。

 

では抗コリン薬の副作用で生じる便秘を予防するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず薬を服用するときは多めの水分で服用するようにしましょう。

 

また食物繊維を含んだ食品を生活の中で取り入れ、適度な運動もすると腸の働きが活性化します。

 

毎日決まった時間にトイレに入り排便習慣をつける行為も効果的です。

 

もともと便秘がちの方は、抗コリン薬を飲むことでさらに便秘を引き起こす可能性があります。食事や運動など自分でできる対策をしても便秘がひどくなり、腹痛などが起きるようならば処方医に相談してみましょう。

 

排尿障害改善薬のように継続的に飲む必要のある抗コリン薬の場合は対処療法として便秘薬が処方されることもあります。