子宮内膜症は、子宮内膜または子宮内膜の特徴を備えた類似組織が子宮内腔内面以外の腹腔内に(異所性)存在する疾患です。

 

子宮内膜様組織は本来の子宮内膜と同様に卵巣ホルモン(特にエストロゲン)に反応し増殖していきます。

 

その臨床経過にはチョコレート嚢腫という類腫瘍性病変を認めます。

 

子宮内膜様組織は増殖するばかりでなく、ホルモン変動を受けて脱落し、月経様の出血を腹腔内で繰り返します。

 

すると、その存在部位では新旧の血液を混在した嚢胞が形成されます。そして、出血のたびに血液成分の刺激によって繊維化し、結果的に周囲の組織と癒着し、チョコレート嚢腫を形成します。

 

 

かつて本症は、子宮内膜組織が子宮体部筋層に存在する内性子宮内膜症と、子宮外に存在する外性子宮内膜症に分けられました。

 

しかし、内性子宮内膜症は疫学的にも臨床的にも外性子宮内膜症とかなり異なるので、現在では内性子宮内膜症は子宮腺筋症という名称を与え、別の疾患として取り扱っています。

 

つまり、子宮内膜症といえば外性子宮内膜症のことを指します。

 

子宮内膜症は、子宮外のどこに生じてもかまいませんが、骨盤内に発生するものが大半です。

 

まれに胸膜に生じた子宮内膜様組織によって気胸を呈する病態もあります。

 

なぜ、子宮内膜様組織がなぜ異所性に生じるのでしょうか。現在でも明確な原因はわかってないのですが、2つの説が提唱されています。

 

第一は子宮内膜移植説で、卵管を通って腹腔内に飛び出した子宮内膜細胞が生着すると考えられています。実際に、月経血には生きた子宮内膜細胞が含まれ、その一部が卵管方向に逆流することが確かめられています。

 

第二は、体腔上皮化説で、胎生期において腹膜上皮は体腔上皮から発生するので、腹膜上皮はいつでも子宮内膜様組織に分化する可能性があると考えられています。

 

異所生の子宮内膜様組織がエストロゲンによって増殖する本症は性成熟期の疾患であり、20〜30歳代に好発します。

 

後述するように本症の主訴の1つは月経痛ですが、初経時にはみられず、年齢を重ねるに従って増強していきます。そして閉経期が近づくとエストロゲンの分泌が抑制され症状は軽快します。

 

本症は頻度の高い疾患であり、性成熟期女性の5〜10%に認められます。開腹手術や腹腔鏡手術を行った際に、たまたま発見されるものを含めると15〜20%にも達します。

 

また、原因不明の不妊症の約半分は子宮内膜症が原因ではないか、と考えられています。高齢出産が多くなってきた近年では月経期間が増えたことで子宮内膜症の頻度は年々増加していきます。

 

 

子宮内膜症の症状

主訴は月経痛です。月経時には強い下腹部痛や腰痛を訴えます。

 

子宮内膜様組織が腹腔内の周囲の組織を癒着すると、癒着が骨盤内全体に広がり、月経時以外にも腹痛や腰痛を訴え、排便痛や性交痛、便秘症状なども認めます。

 

 

子宮内膜症の検査、診断

内診所見で後屈した可動性不良の子宮を触知します。癒着が広がると、ダグラス窩(子宮と直腸の間のスペース)も閉鎖し、直腸診を行うと骨盤内が堅く変性していることがわかります。

 

エコーでは子宮内膜症の臨床所見のひとつであるチョコレート嚢腫を認めます。

 

チョコレート嚢腫は肥厚した1個あるいは2個の嚢胞として描出されます。内部は微細な点状エコーで充たされ、半流動性の血液の存在を推測させます。

 

MRIではエコー同様にチョコレート嚢腫を確認することができます。放射線被爆もないため愛用されています。

 

 

子宮内膜症の治療に関して

基本的には薬物療法になります。初期の段階ではロキソニンやボルタレンといったNSAIDSという鎮痛薬で対応します。

 

それでも症状が改善しない時は低容量のピルや黄体ホルモン剤で排卵を抑制し、子宮内膜環境を整えることで疼痛を軽減していきます。

 

女性ホルモンが子宮内膜症増殖の原因になるため、GnRHアナログというエストロゲンの分泌を抑える注射を行うこともあります。これは偽閉経療法といい更年期症状を合併するため、長期には使用出来ません。

 

チョコレート嚢腫がある場合は、開腹手術、あるいは腹腔鏡手術で腫瘍摘出術を行います。