試験当日や重要なプレゼンの前などに限って、グルグルとお腹が痛くなったと思ったら下痢になったり吐き気を催した経験はありませんか?

 

腹痛・下痢・吐き気などの症状はストレスが原因で起こることも少なくないのです。

 

なぜストレスを感じるとお腹の症状や吐き気につながるのでしょうか。対処法なども一緒にお伝えしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

腹痛からの下痢や吐き気はストレスが原因なの?

d32d0e3abe9af2bb0f77e6596a8290d9-e1432652624815 (1)
下痢や吐き気に伴って腹痛が起こる場合は、暴飲暴食やお腹の冷え、細菌やウイルスに感染して起こる細菌性胃腸炎などが考えられますが、腹痛が起こってから下痢や吐き気に襲われる場合はストレスが原因の過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)の疑いが強くなります。

 

過敏性腸症候群とはどのような病気なのでしょうか。

 

過敏性腸症候群には、下痢型・便秘型・下痢と便秘を繰り返す混合型の3種類に分かれるのですが、最も多いのが下痢型だといわれています。

 

下痢や便秘などの症状が長く続いているにも関わらず、病院で検査を受けても腸などに異常がみられない病気で、プレッシャーやストレスなどの精神的なダメージが原因で症状が現れていると考えられています。

 

過敏性腸症候群の人は、日本人では10%~20%もいると言われており、決して珍しい病気ではなく、他人ごとではありません。なぜ、ストレスなどの精神的なもので下痢や便秘、吐き気などの消化器症状が引き起こされるのでしょうか。

 

腸には脳と同じ神経が多く分布されています。そしてその神経は自律神経でつながっているのです。これを脳腸相関といいます。緊張やストレス、プレッシャーなどを感じると自律神経を通って腸に伝わり、腸は異常に収縮したり、運動を更新させたりしてしまいます。

 

このため腹痛が起こり下痢や便秘が起こるのです。逆に腹痛や腸の異常は脳が敏感に察知しストレスだと感じてしまいます。こうして悪循環が生まれてしまいます。

 

下痢に吐き気が止まらない…夏にもある感染症や胃腸炎とは?

 

これが、身体検査では異常を見つけることができない長引く消化器症状の仕組みです。

 

改善策や対処法はあるの?

341

①生活リズムを整える 

過敏性腸症候群に対する対処法で最も大切なのは、規則正しい生活を心がけることです。食事や入浴、睡眠時間などが日によって大きく変わるような生活は、過敏性腸症候群を悪化させてしまいます。

スポンサーリンク

 

  • 早寝早起きを心がける。 
  • 十分な睡眠をとる。 
  • 1日3回の食事をきちんと摂る。 
  • 便意がなくても朝食後はトイレへ行く習慣をつける。 
  • 適度な運動をする。 
  • 禁煙する。(喫煙は胃の粘膜を荒らす為) 

 

②お腹を冷やさないように心がける

お腹が冷えると血管が収縮し血流が悪くなると、下痢を起こしやすくなります。腹巻などでお腹を温めたりカイロを使うなどしてお腹を冷やさないようにしましょう。

 

③食事を見直しましょう 

 

  • 胃腸になるべく負担をかけない食事を心がけます。 
  • 香辛料やアルコール、カフェインなどの刺激物は避けましょう。 
  • 脂肪分の摂りすぎに注意しましょう。 
  • お粥や煮込みうどん、柔らかく煮込んだ野菜や豆腐などのお腹に優しい食事がおすすめです。 
  • 腸内環境を整える効果のあるヨーグルトを食べる習慣をつけましょう。 

 

④ストレスをため込まないようにしましょう 

ストレスの原因をすべて改善することは不可能に近いと思います。ストレスを感じやすいのも性格などが関係しているのでなかなか変えることは難しいですが、ストレスを発散する方法を考え、見出すようにしましょう。

 

過敏性腸症候群になりやすい人は?

015_1
繊細で几帳面な性格の人ほど過敏性腸症候群になりやすい
といわれています。20歳代の人に最も多く、70歳代を過ぎて第二のピークを迎えます。

 

傾向としては

 

  • 真面目で完璧主義 
  • 几帳面で神経質 
  • 幼少期から胃腸が弱く、よく下痢をしていた人 
  • 偏食気味な人 
  • ヘビースモーカー 
  • 喜怒哀楽が激しい人 

 

これはあくまでも傾向なので、当てはまらない人が過敏性腸症候群になる可能性ももちろんあります。

 

まとめ

腹痛が起こってから下痢や吐き気が起こるのは、ストレスが原因である過敏性腸症候群の疑いがあるので、過敏性腸症候群を中心にお伝えしました。

 

心と体は密接に関係しており、特に腸はストレスなどを敏感に察知し症状が現れることが分かりました。

 

生活習慣や食生活の見直し、ストレス発散方法の開拓などで症状は改善することが多いので、少しずつでも対処方法を実施し症状の改善につなげてください。

 

スポンサーリンク