大腸カメラは正式名称を下部消化管内視鏡検査といいます。

 

消化管は胃、十二指腸などの上部消化管に対して、大腸は下部消化管といいます。

⇒参考:腸の名前と機能と働き

 

大腸の様々な疾患に対して、肛門から細いファイバースコープを挿入し、直接消化管内腔を観察したり、場合に応じては生検などの処置ができる検査です。

 

下部消化管内視鏡の適応は幅広く、腹痛や便通異常、血便などの症状を認める場合だけでなく、個別検診や集団検診の要精査としても広く行われています。

 

特に、血便を訴える場合には器質的病変(大腸癌)が存在する可能性を疑って積極的に施行していきます。

 

一方、強い腹膜刺激症状を認める場合は、腸管穿孔や腸管壊死などの可能性があるため、原則禁忌であり、まず腹部単純レントゲン写真や腹部CT検査などの非侵襲的検査(患者への負担が少ない検査)を行います。

 

これに対して、腸管狭窄や腸管の強い炎症が疑われる時は、前処置として用いられる腸管洗浄液の使用は避けますが、下部消化管内視鏡のスコープ挿入自体は可能とされます。

 

 

また、下部消化管内視鏡検査を行う時には、心疾患や呼吸器疾患などの重篤な合併症を有する患者は、術中に心電図や酸素分圧などのモニタリングを行うとともに、患者の状態をよく観察しながら、より慎重に検査に望む必要があります。

 

 

大腸カメラの手順

下部消化管内視鏡検査の前処置は、以前は注腸造影検査の場合と同様に、検査前日に大腸検査食と下剤を服用する方法が一般的に行われていました。

 

近年はニフレックという等張性腸管洗浄液を用いることで、

①洗腸効果が良い

②脱水になることが無く粘膜が湿潤な状態に保たれるため、スコープの挿入が容易

③検査前日に大腸検査食を摂取する必要がない

 

などの利点があり多く使用されています。

 

具体的には、検査前日に夕食後1時間してからマグコロールなどの下剤を服用します。

 

普段から便秘傾向の患者に対しては、3日前より少量の下剤を服用させておくと前処置を円滑に行うことができます。

 

そして、検査当日は食止め(飲水は可)とし、検査開始4〜5時間くらい前から等張性腸管洗浄液(ニフレック)を2リットル2時間で服用します。(30分ごとに500ml×4回、15分ごとに250ml)×8回)

 

検査施行前には前投薬を使用します。使用する薬剤は施設によりますが、抗コリン薬と静脈麻酔薬です。

 

  • 抗コリン薬

抗コリン薬を投与することで、腸管の蠕動運動を抑制し、検査がよりスムーズに行えるようになります。

 

腸管の収縮が少なくなることで、スコープの挿入が容易になったり、病変の観察がしやすくなったりする利点があります。

 

ただし、虚血性心疾患、緑内障、前立腺肥大症などの既往を持つ場合は、抗コリン薬は使用出来ません。

 

 

  • 静脈麻酔

欧米では下部消化管内視鏡検査を行う際は、全例に静脈麻酔を行っていますが、我が国では施設により使用状況や使用薬剤が異なります。

 

主に使用する薬剤は、ドルミカムやセルシンなどの鎮静剤を用います。

 

これらの薬剤を使用する際には副作用として呼吸抑制が起こることがあるので、酸素分圧モニターや脈発、血圧などを管理しながら行います。

 

万が一の場合は気管挿管を行い、呼吸管理ができる体勢にしておきます。

 

検査終了後は、たいていリカバリールームといった、麻酔の作用が切れるまで休む部屋があり、当日は車や自転車の運転はなるべくしないようにすることが望ましいです。

 

 

大腸カメラはどんな時に受けるべきか

近年は、症状が無くても人間ドッグや検診で大腸カメラを施行する機会が増えていますが、便通異常や下血を認めた際には積極的に大腸カメラを受けるべきです。

 

便秘の中でも器質的便秘といって消化管の内腔に炎症性の癒着や腫瘍が考えられることもあります。

 

下血の場合は、特に鮮血便を認めた時は、大腸カメラを受けるべきです。

 

空腸から肛門への大腸に腫瘍や潰瘍などの病変が存在した時は、鮮血便を認めることが多いので、確定診断には下部消化管内視鏡検査が最も優れているからです。

 

50歳以上の方で、まだ一度も大腸カメラを調べたことがない、という方は、男女問わず一度は受けておくことを強く推奨します。