冷や汗が出るほどの腹痛や吐き気に突然襲われると、動けなくなってしまうほど苦しいですよね。そのような激しい症状の原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

 

また対処法はあるのでしょうか?きちんとした知識があれば、突然症状が現れても落ち着いて対応できるはずです。

 

 

 

 腹痛や吐き気、冷や汗がでる場合どんな病名が考えられるの?

9eefada875f50f7f5e4957784e302d27
病名を考える前に腹痛・吐き気・冷や汗はなぜ起こるのかについてお伝えしたいと思います。

 

≪腹痛≫

images (2)
腹痛には大きく分けて「体性痛」「内臓痛」「関連痛」の3種類があります。

 

体性痛とは、お腹の中の臓器が炎症を起こし、腹壁や腸間膜(腸と腸の間にある膜)が刺激されることによって起こる腹痛です。痛みの発生が狭い範囲に限られており、ここが痛い!とはっきり分かることが多いのが特徴です。動けないほどの鋭い痛みが続くこともあります。

 

お腹の中の臓器を包む膜が炎症を起こしている症状を腹膜刺激症状(ふくまくしげきしょうじょう)といいますが、腹膜刺激症状が見られた場合は緊急性が高いことが多いため、すぐに医療機関で診察してもらう必要があります。

 

内臓痛とは、胃や腸などの臓器が異常に収縮したり痙攣(けいれん)したりすることで起こります。肝臓などのお腹の中の臓器も、腫れたりすると臓器を覆っている膜が伸ばされて痛みが生じます。間欠的でなんとなくお腹に違和感があるような場合から、激しい腹痛まで様々です。痛みの部位は特定しにくく、お腹全体が痛い・下腹が痛いなど漠然とした訴えが多く聞かれます。

 

関連痛とは、内臓の痛みを伝える神経が皮膚の痛みを伝える神経と合流することで起こる痛みです。痛みの発生源となっている内臓から離れた場所で痛みを感じることがあります。原因はお腹にあるのに背中や肩などが痛む場合があります。

 

≪吐き気≫

p_03_01
吐き気とは、みぞおちの辺りから胸の辺りがムカムカして、今にも嘔吐が起こりそうな不快感で、悪心(おしん)とも言われる
ことがあります。

 

胃や腸などの消化器系をはじめ、心臓血管系、脳神経系、目や耳など様々な疾患が原因となって起こり、命に関わる危険信号の場合もあります。

 

吐き気が起こる仕組みもいくつかあります。

 

  • 胃や腸などからの刺激が自律神経を介して脳にある嘔吐中枢に伝わると、脳から「吐きなさい」という命令が出てムカムカが始まります。食中毒やウイルス性の腸炎、肝臓や膵臓の病気で起こる吐き気のメカニズムはこれだといわれています。

 

  • 嘔吐反射といわれる現象で、のどの知覚神経が刺激されると起こる反射です。ムカムカをすっきりさせようと、のどに指を突っ込んで吐く人もいますが、これは嘔吐反射を利用した行動です。しかし、あまりに頻回に嘔吐反射を繰り返していると、本当に必要なときに反射が起こりにくくなったり、逆に嘔吐癖が付くともいわれていますので注意してください。

 

  • 耳の中にある平衡感覚を司る部分の異常によって起こる吐き気です。これは車酔いやめまいの時に現れる吐き気で、体のバランスをとっている前庭(耳の奥にある器官)が誤作動を起こすのが原因です。

 

  • 脳内の疾患です。脳出血や脳腫瘍などによって脳が圧迫され、脳内の圧が上がったり、脳梗塞や脳挫傷などによって脳の血流が障害されることが原因で吐き気を催します。 その他に、心理的ストレス、視覚・味覚・嗅覚などからの刺激(おどろおどろしいものを見てしまい吐き気がしたなど)、ホルモンバランスの乱れ(つわりなど)、薬の副作用なども原因にあげられます。

 

≪冷や汗≫

sick_hiyaase
冷や汗とは緊張したり不安に思ったりしたときに出る汗で、精神性発汗といわれています。

 

手のひらや足の裏、脇の下、額などに局所的にかく汗です。汗の出口である汗腺は交感神経によって支配されており精神的なストレスによって交感神経が刺激されて発汗します。

 

発汗するときに皮膚が冷たくなっていることから冷や汗と呼ばれ、血管の収縮や鳥肌などの寒い時に起きる反応と一緒に起こるのが特徴です。冷や汗に似ているもので、脂汗(あぶらあせ)があります。

 

脂汗とは、激痛を我慢したときなどに出る汗で、こちらも精神的な要因が強いです。興奮や緊張など精神的な要素による原因、内臓の機能不全や何かの病気にかかっているときによる原因、副交感神経が機能していないという原因が考えられます。

 

では腹痛・吐き気・冷や汗の症状から考えられる病気にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

便秘症

これは誰にでも起こる病気で、腹痛・吐き気・冷や汗を伴う最も身近な病気といえます。 お腹の中に溜まり続けていた便が腐敗して、ガスを発すると、腸が膨張して他の臓器を圧迫し上手く働くことができず痛みを発するようになります。

 

この腹痛に伴って冷や汗が出ます。 あまりに便が溜まりすぎていると、腸の中へと食べ物が進んで行かないため、吐き気を催すこともあります。

 

腸捻転(ちょうねんてん)や腸閉塞

腸がねじれたり塞がっている状態で、便が通り抜けることができず激しい痛みを発することがあります。

 

実は多くの人はもともと腸がねじれています。それでも便秘になる人とならない人がいるのは、運動量の違いが関係しているといわれています。たくさん動き、外からの心地よい刺激を与えていれば便がつまることはありません。

 

腸が塞がってしまっている場合は便秘がどんどん進行し、噴水用の嘔吐を起こすこともあります。腸閉塞が疑われた場合はすぐに病院へ行ってください。

 

腹膜炎を起こしている

腹膜とはお腹の中の臓器(胃腸、肝臓、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、子宮など)がお互いに絡まないように区分している膜の事で、その膜が炎症を起こした状態を腹膜炎といいます。

 

細菌感染や胃潰瘍・十二指腸潰瘍で穴が開き、内容物が胃や十二指腸と腹膜の間(腹腔)に漏れ出して腹膜が炎症を起こした場合、胆嚢炎や虫垂炎、腸結核などの穿孔による場合、子宮周囲炎などの婦人科系の病気、胆嚢炎、肝炎、膵炎など、様々な原因で起こります。

 

腹痛が治まらず続くのに原因不明。何科に行けば良い? 考えられる原因は?

 

かなり激しい腹痛が起こり、それに伴って冷や汗や脂汗がでます。そして吐き気や嘔吐と伴います。

 

大腸がん

腸の中にガンがあるため便の通りを妨げ便秘になるのはもちろん、激しい痛みや吐き気を引き起こします。また血便がみられることも多いです。

 

対処法はどうすればいいの?

便秘であれば本来は薬を使うことなく改善するのが理想です。下剤などを使ってしまうと、腸が「頑張らなくてもいい」と勘違いしてしまい、ますます便秘がひどくなる恐れがあるからです。

 

まずは体のリズムを作ることが重要です。動くときはしっかり動き休むときは十分休むというメリハリをつけましょう。できる限り起床時間と就寝時間を固定するのが良いです。

 

食事も同じように、お腹が空いたときにダラダラ食べるのではなく、決まった時間に1日3食摂ってリズムを付けるのが理想的です。まだ食物繊維の豊富な食材を摂るように心がけ、水分もしっかり摂るようにしましょう。

 

腸捻転も運動で改善することが多いです。毎日の生活に、軽い有酸素運動を取り入れてみたり、お尻で歩く運動も効果があると言われています。しかし腸閉塞や腹膜炎を疑う腹膜刺激症状が現れた場合は、命にも関わりますので速やかに病院で検査を受け治療を開始してください。

 

下痢の時の腹痛の時はなぜあんなにお腹が痛くなるの?

 

腹痛・吐き気・冷や汗に血便が続く場合は、大腸がんの恐れがあります。この場合も病院での適切な治療が必要です。

 

便秘に効く食べ物は何が良いの?

便秘解消に効果的な食べ物は食物繊維を多く含む食品ですが、食物繊維には2種類あるため、両方をバランスよく摂るとさらに効果が期待できます。

 

  • 果物や海藻類に多く含まれる、水溶性食物繊維です。これは腸の中で便を柔らかくする働きがあります。

 

  • 穀物、根菜、豆類に多く含まれる脂溶性食物繊維です。水に溶けにくく便のかさを増して腸を刺激し、腸の運動を活発にする働きがあります。

 

オススメの食材はプルーン・バナナ・リンゴ・ヨーグルト・オリーブオイルです。

 

ぜひ積極的に摂るようにしてください。しかし、偏った食生活は逆効果なのでこれらの食材ばかり食べ続けるのはやめましょう。

 

まとめ

腹痛・吐き気・冷や汗がなぜ起こるのか、また何が原因なのか知っていただけたでしょうか。

 

これらの症状を伴う原因は便秘から大腸がんのような重篤な病気、腹膜炎などの緊急性を要する病気など様々です。便秘の場合は、日々の生活を見直すことで十分改善が期待できます。

 

しかし腹痛や吐き気が起こっているということは、体からの異常を伝えるサインです。「便秘のせいだろう」などと油断せず、他の症状などとも総合的に考えて原因を見極め、正しく対処しましょう。

 

症状があまりにひどいときや長引くときなどは、病院で検査を受けてください。