便培養検査とは、患者さんの糞便を検体として採取し、細菌学的に検査を行っていく検査手法のひとつです。

 

臨床細菌学的検査の流れは、なんらかの症状を有する患者から検体(便や尿、血液や喀痰など)を採取し、それを検査材料として塗抹染色し、形態や染色性を判定し細菌を同定したり、あるいは分離培養させることで検体中の細菌を増殖させ、生化学的性状や血清学的性状を確認したり、ターゲットとなる細菌を特定することができます。

 

つまり、どのような菌が悪さをしているのかを調べる検査、ということになります。

 

さらに、薬剤感受性テストを行い、有効な抗生物質を判定することもできます。

 

この臨床細菌学的検査の中でも、患者の便を検体として用いる手法を便培養検査、といいます。

 

 

一般的な培養検査とは

各種検査材料から感染症の原因菌、または感染症と関係があると考えられる菌を選び出すことを分離培養といいます。

 

選びだして菌の性質をさらに詳しく調べ、感受性検査などその後の検査を行う目的で、1種類の菌だけを増殖させるのを純培養といいます。そして、純培養した菌がどんな種類の菌かを調べるために、各種の培地に植えて性質を調べ、近縁の菌と区別するのを鑑別培養といいます。

 

特に腸内細菌を疑っている場合、主要な鑑別点をおおざっぱに調べて、分離培養で捉えた菌が果たして目的とする菌か否かを調べる確認培養という方法もあり、これは鑑別培養の前段階ともいえます。

 

 

分離培養の方法

培地とよばれる細菌が繁殖する母地の表面に検体を塗抹し、細菌繁殖させる方法です。

 

この培地は細菌によって繁殖可能な培地と、繁殖不可能な培地があり、それらを組み合わせることで、検体の中に含まれる目的菌を同定していく手法です。

 

分離培地には選択培地と非選択培地があり、選択培地では特定の菌以外の菌は発育が阻止される培地です。対して、非選択培地は材料中にある多数の菌が発育するものです。

 

選択培地としては、赤痢菌、サルモネラを発育させるSS培地。腸炎ビブリオ、コレラ菌を発育させるTCBS培地。病原ブドウ球菌を発育させるブドウ球菌培地。ジフテリアを発育させる荒川培地。グラム陰性桿菌とグラム陽性球菌の混在する材料中からグラム陽性球菌のみを発育させる0.25%フェニルエタノール加血液寒天培地などがあります。

 

非選択培地としては、代表的なものは血液寒天培地です。

 

培養環境

細菌によっては環境に応じて発育したり、逆に発育を阻止されます。ですので、培養環境で目的菌を発育させることも可能です。

 

好気性菌や通性嫌気性菌は大気中で培養します。

 

淋菌や髄膜炎菌、ブルセラを検出させるには炭酸ガスの濃度をある程度高くした環境で培養することが必要です。具体的な方法としては、気密容器の中でローソクを燃やし、ローソクの火が自然に消えた状態で培養する方法で、これにより炭酸ガス濃度を3〜4%に上昇させることができます。

 

嫌気性菌を培養する時は人工的に嫌気環境を作成します。具体的な方法としてはガスパック法といって、触媒を入れた瓶の中で、水素を発生させると、触媒が働いて酸素は水素と化合して水となり除かれます。これにより瓶の中は酸素が無い嫌気状態が作られます。

 

 

細菌の同定

以下の手順で、菌の性状を定められた方法で調べていきます。

  • 形態;球菌、桿菌、ラセン菌、個々の菌体の配列および莢膜や鞭毛の有無を調べます。
  • 発育に際しての生理的条件;好気性、嫌気性、通性嫌気性、編性嫌気性、二酸化炭素の存在が必要か、至適発育温度、至適PH、などをみます。
  • 生化学的性状;炭水化物の利用能、アミノ酸、そのほか各種基質の利用能と分離様式、発育因子の要求性、溶血性、色素産生能、特定の抗菌物質に対する感受性などを確認します。
  • 血清学的性状;とくにサルモネラ、赤痢菌、細胞侵入型の病原性大腸菌、コレラ菌などでは同定に役立ちます。

 

 

便培養の適応疾患

基本的には細菌が原因となっている感染性胃腸炎、嘔吐下痢症などから、その原因菌を特定するために行います。適応となるのは、細菌性の腸炎を疑われるような、熱が高い、腹痛が強い、下痢が強い、高齢者や小児など重症化のリスクが高い、海外渡航後などのある方が対象になります。

 

上記のような検査の流れで、便培養は検査技師さん泣かせの検査とされ、なかなかに大変な検査です(医師はオーダーするだけですが、苦労は知っているので適応を選んでいます。もちろん必要な人には必ず行う検査です)

 

具体的には赤痢、腸チフス、パラチフス、コレラ、腸管出血性細菌感染症、サルモネラ、ビブリオ、エルシニア、カンピロバクターなどの腸管感染症による食中毒、薬剤性腸炎、MRSA腸炎などです。

 

これらを疑った際には、診断を確定させるために便培養検査を行います。