子供だからなおさら心配な下痢、小さい子供であればある程ドキドキして対応に困ってしまうものです。正しい知識を持つ事で無用に救急車や病院に行くこともなくなります。

 

小児科はとても混む場合が多いのでしっかりと判断して受診をきめましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

腹痛を伴わない下痢、子供の場合は?その対処法とは?

Fotolia_40047019_XS
子供の場合は胃腸炎が疑われます。子供の下痢として多いのはウイルス性や細菌性のものです。小さな子供の場合は大人より免疫力が低いため感染しやすいものです。

 

冬の寒い時期だとロタウイスルが猛威をふるったりします。便に血が混じっている時はO-157、サルモネラ―、カンピロバクターなどの細菌感染が疑われます。

 

血便や黒緑色のな場合は医療機関を受診してください。ウイルス性の下痢、ウイルス性胃腸炎の可能性がある場合は原因といわれているウイルスは、ロタウイスル、アデノウイスル、ノロウイルスがあります。

 

この下痢の場合は抗生物質がきくので医療機関で薬を処方してもらうと治りやすいです。数か月や数年にわたって起こる下痢が慢性反復性腹痛です。

 

保育園や幼稚園、学校に行こうとして時に起こりやすく不登校と間違われる場合もあります。原因は心因性の事が多くストレスと見られています。

 

今ストレスは大人だけではなく子供にもあり得ます。急に保育園に通うようになったり生活の変化のストレスは子供にもあります。

 

腹痛、下痢、発熱だけど嘔吐はなし。これって胃腸風邪?病名は?

 

異常はないからとだけ説明するのだけではなく、多少腹痛があっても大丈夫だよと説明して安心させてあげることも大事です。

 

子供の下痢で心配なのは…

ダウンロード
やはり脱水です。幼児や乳児の場合体が小さく免疫力や体力もないので下痢による脱水が心配されます。

スポンサーリンク

 

吐き気を伴う場合はなおさら水分をとれないがあるので注意が必要です。喉が渇くのでゴクゴクと飲んではいてしまう事がおおいので冷水ではなく常温の水をゆっくり飲ませてあげることが必要です。

 

すぐ吐いてしまうようならスプーンに少し水を入れてなめさせるのもいいでしょう。

 

小さな氷をなめさせるのも有効です。それでもダメな場合は医療機関を受診して点滴などの対応をしてもらいましょう。

 

家庭で出来る下痢の治療は?

20150530040658
子供の場合は自分では出来ないので大人が注意してあげる必要があります。まずは水分をとる事です。

 

口から水分をとれるのが一番いいのですが、吐き気があり嘔吐してしまう場合は少しずつスプーンなどで水分を補給します。

 

それで大丈夫なら脱水にならないように少しずつ与えて行きます。あまりにも吐き気が強すぎで水分補給が出来ないと脱水症状に陥ってしまいますので速やかに医療機関を受診して点滴などの処置をうけてください。

 

食事も大切です。お腹が緩い時には消化の良いものをしっかりと食べてください。下痢がなおったら普通の食事をとり栄養をしっかりとって体を回復させます。なかにはお粥などが嫌いな子供もいます。無理に食べさせるのではなく、軟飯などのやわらかめのご飯を与えるとよいです。

 

まとめ

子供は大人よりも体力もなく抵抗力も少ないです。乳児になれば自分で痛いという意思を伝えることも難しい場合もあります。乳児は子供に比べると便が柔らかい事もあるし、離乳食をはじめたばかりの子供はうまく消化できずにゆるくなることもあります。

 

乳児の場合は良い便、悪い便などの区別をするための写真付きの表があるので参考にするといいです。子供でも普段の生活でもストレスも多くあります。

 

幼稚園や保育園でなにかストレスになる事はないか?先生ときちんと対話することも大切です。暑い時期などは冷たいものをたべすぎたり、旅行などで暴食してしまったり食生活が乱れがちです。

 

それは大人だけではなく子供にもある事です。しっかり普段の様子とどこが違うのか観察し対処することで早期に対応することができます。

 

スポンサーリンク