下痢の時の食事ってどのような物を食べていますか?

 

何も食べたくないことも多いですが、全く食べなければ栄養が摂れず回復が遅くなってしまうことも…。

 

しんどいときに摂る食事なので、できるだけ体に良いものを食べて早い回復を期待したいですよね。そのためにも下痢の時の食事について正しく知っておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢の時の食事で気を付けることって何?

g05_3
最初に下痢の原因やどのようにして下痢が起こるのかについて知っておきましょう。

 

そもそも下痢とはどのような便の状態を指すのでしょうか。理想的な便の固さは便の中の水分量が70~80%といわれているのに対し、様々な原因で便の中の水分量が増え、90%以上になり水のようになった便が下痢です。

 

腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)をしながら栄養や水分を吸収し残った不要な物を便として排出しています。

 

通常水分は99%吸収され残りの1%が便となって排出されるのですが、腸の動きが活発になりすぎて、消化された内容物の通過が早く、十分に水分が吸収されないまま排出されてしまう“運動亢進性下痢(うんどうこうしんせいげり)”や腸の吸収機能自体が低下してしまう“浸透圧性下痢”、腸からの水分分泌が増えてしまう“分泌性下痢”などの原因により、通常よりも多量の水分が便として排出されるため下痢が起こってしまうのです。

 

簡単に言うと、下痢は腸の水分調節機能の不具合によって起こるということです。

 

また、下痢は「急性下痢」「慢性下痢」に分けられます。

 

急性下痢とは、1~2週間以内で治癒(ちゆ)する下痢で、原因も比較的はっきりしているものが多いです。主な原因は、暴飲暴食・お腹の冷え・アレルギー・ストレス・細菌やウイルスの感染・乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)などです。

 

※乳糖不耐症…牛乳などに含まれる乳糖を分解する酵素がもともと少ない体質の人が、牛乳や乳製品を摂ったときに上手く分解吸収できず、下痢として排出されてしまうこと。

 

急性下痢は大抵の場合、原因が排除されれば徐々に改善していきます。薬などで下痢を無理に止めてしまうことは下痢の原因を体の中に留めてしまう可能性があり、下痢症状が長引いてしまうことにつながります。水分補給をしっかりして、出る下痢は出し切ってしまった方がよいです。

 

それでもあまりにも下痢がひどい場合は、病院に行って診てもらいましょう。

 

慢性下痢とは、3週間以上だらだらと続く下痢で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。

 

考えられる原因は、日常的にストレス状態に置かれている、慢性的な睡眠不足、過労があり、このような原因で起こるのが過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)といわれる状態です。過敏性腸症候群は慢性下痢の原因の70%を占めるといわれています。

 

また、慢性下痢には病気が原因で症状が現れるものがあるので注意が必要です。

 

ガン、ポリープ、クローン病、潰瘍性大腸炎(かうようせいだいちょうえん)、バセドウ病、肝臓病、糖尿病、泌尿器の炎症、慢性膵炎(まんせいすいえん)などの怖い病気の症状の1つということもあります。

 

では、下痢になった時はどのようなことに気を付けて食事をするのが良いのでしょうか。

 

下痢の時は腸が弱っている状態です。ですので、最も大切なことは腸を安静にしてあげることです。腸の中に何も入れないというのが1番安静なのですが、下痢の時は私たちの想像以上に水分や栄養分が失われています。

 

下痢をして半日~1日は腸の安静のために絶食するのが良いです。しかしこの間も水分はきちんと摂りましょう。冷たい飲み物は腸を刺激してしまいますので、温かい飲み物か常温の物にします。

 

お茶やミネラルウォーターでも良いですが、スポーツドリンクや経口補水液などは、体の電解質のバランスも崩さずに水分補給ができるのでオススメです。

 

半日~1日経って、下痢の症状が少し落ち着いて来たら食事を始めます。食事をする際は常に消化の良い物・腸への負担が少ない物を選ぶように意識してください。また、1回に食べられるだけ食べるのではなく、少しずつ何回かに分けてよく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。

 

胃腸炎の症状は下痢と嘔吐?どんな食事がいいの?

 

香辛料や脂肪分の多い物(脂っこい物)、冷たい物、アルコールやカフェインは腸にとって刺激物ですので避けてください。また食物繊維の多い食材も下痢の時は避けた方が良いです。

 

下痢の時に納豆やうどんって良いの?

では下痢の時には具体的にどのような物を食べるのがよいのでしょうか?

スポンサーリンク

 

下痢症状があるときは、消化の良い物を選んで食べる必要があるとお伝えしました。消化の良い物としてうどんが挙げられます。うどんもコシのある冷たいうどんではなく、柔らかくなるまで煮込んだ温かいうどんを食べるようにしましょう。

images

 

納豆も下痢に効くと言われることがあります。

images (1)
納豆には納豆菌含まれており、納豆菌は善玉菌として腸内で増えすぎた悪玉菌と戦ってくれるなど、良い働きをしてくれるからです。また納豆菌には他の善玉菌を増やす効果も期待できます。整腸剤やサプリメントにも、納豆菌が配合されているものがあるのはそのためです。

 

それなら、早い段階で納豆を食べればよいのではないかと思いますが、下痢で辛いときに納豆を食べたいと思う人は少ないですよね。

 

私たちの体は不思議なことに、体調に合わせて必要なものを欲し、体調に合わない時は欲しくないようにできています。納豆菌は確かに下痢の時に効果があるのですが、納豆自体は主に大豆でできていますよね。

 

大豆はたんぱく質を多く含んでおり、たんぱく質は消化の悪い食品ですので下痢の時に食べることは、腸への負担になってしまいます。体が納豆を欲しがらないのは正解なのです。 

 

ただし、症状が落ち着いて来たら、次は弱った腸を回復するために栄養が必要になります。良質のたんぱく質は、腸の機能回復のための良い栄養源となるために少しずつ摂っていきたい食品です。この時期になると、納豆を食べることをオススメします。

 

良質なたんぱく質を含む大豆と納豆菌を同時に摂れるからです。

 

うどんや納豆の他にはどのような食事が良いの?

d0105282_8523645
消化の良いものとして挙げられるのは、お粥が代表的です。

 

他にもご飯の代わりにパンを使ったパン粥、野菜をクタクタになるまで煮込んで作る野菜スープなどがあります。

e5ae8ce68890e291a0
野菜と言っても、ゴボウ、キノコ、ネギ、タケノコ、レンコンなどは食物繊維を豊富に含むので避けてください。キャベツや白菜、ニンジンなどが良いでしょう。

 

もう少し症状が改善し、納豆を食べるくらいの時期になれば、加熱した鶏のささみや卵(生卵は避けてください)、ヨーグルトなどを食べるのもよいです。

_1437049184_1947
特に納豆に含まれる納豆菌と、ヨーグルトに含まれる乳酸菌はとても相性が良く、相乗効果が期待できます。

 

乳酸菌は胃酸などの酸に弱いため、食べても生きたまま腸に届きにくく、大半が腸内にたどり着く前に死んでしまうと言われています。しかし、納豆菌と一緒に摂ると、腸まで生きてたどり着いたわずかな乳酸菌を増やしてくれる効果があります。

 

少なくなってしまった乳酸菌を増やすことができれば、悪玉菌と戦う仲間が増えるので、腸内を早く正常に戻すことができるのです。

 

まとめ

下痢の時の食事についてお伝えしました。下痢の症状がひどい時には、食べるものを選ぶ際にいくつか気を付けてもらいたいポイントがありますので、ぜひ覚えておいてください。

 

逆効果になるような食品を食べないように注意してくださいね。

 

下痢の状態や回復状況に応じて食べられるもの・食べた方が良い物も変わります。体調に合わせて、状態に合ったものや必要なものを食べ、少しでも早く下痢症状から解放されましょう。

 

スポンサーリンク