場所や状況に関係なく襲ってくる突然の下痢って本当に困りますよね。

 

水下痢が出ているということだけでも体からの異常サインですが、いつもと違う悪臭があるとますます心配になってしまいます。

 

水下痢や悪臭の原因はいったい何なのでしょうか?また他にどのような症状が起こりやすいのでしょうか?

 

 

 

水下痢が臭い。これって何が原因なの?

03
水下痢とはどのような便のことをいい、なぜ起こるのでしょうか?理想的な便の固さは便の中の水分量が70~80%といわれているのに対し、様々な原因で便の中の水分量が増え、90%以上になり水の様になった便を水下痢と呼んでいます。

 

水下痢とは一般的に使われる用語で、医療用語ではありません。医療用語では水様便(すいようべん)と言われます。下痢がおこる仕組みは、腸での水分調節機能の不具合といえます。

 

健康な腸は水分や栄養を吸収し、その残りを便として体外に排出します。腸を通過する水分の99%は腸で吸収され、残りの1%の水分が便に含まれることで理想的な固さの便となるのです。下痢が起こる仕組みには3種類あります。

 

  1. 運動亢進性下痢…腸の運動が活発になると、内容物が腸を通過するスピードが速くなり十分に水分を吸収できないまま排泄されてしまうために、便の水分量が多くなってしまう下痢です。 
  2. 浸透圧性下痢…腸自体の水分を吸収する働きが低下してしまっている場合です。 
  3. 分泌性下痢…腸から水分の分泌量が増えしまった場合も、便として排出する水分量が増えてしまい下痢になってしまいます。 

 

水下痢を起こす原因は様々です。

 

代表的なものは、感染性胃腸炎です。細菌やウイルスに感染してしまったことで起こる水下痢で、細菌やウイルスを体の外に出そうとする体の防衛反応の1つです。

 

ノロウイルスやロタウイルス、O-157やサルモネラ菌などは聞いたことがありますよね。感染性胃腸炎は嘔吐(おうと)や発熱を伴う場合も多いです。

 

一般的な下痢の原因といえば、暴飲暴食による消化不良、お腹を冷やしてしまったことによる腸の異常収縮、脂肪分を含む食べ物の食べ過ぎによるものなどがあります。これらが原因の下痢はみなさんも1度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

数回トイレに行けば治ったという経験もあるかも知れませんが、水のような下痢が続いた人もいるかもしれません。もちろん水下痢をしている状態で、その原因を改善しない限り症状は続きます。

 

食品アレルギーで水下痢になる場合もあります。 

 

ある特定の食べ物を食べると必ずお腹を下してしまうという場合はアレルギー反応が起こっている可能性があります。

 

よくあるのが牛乳を飲むと下痢をしてしまうという症状です。これは牛乳に含まれる乳糖という物質を消化するための酵素が少ない体質の人に起こり、乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)というものです。他にもマグネシウムが多く含まれている硬水を飲むと下痢をする人やカフェインがダメな人もいます。

 

ストレスが主な原因と言われている過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)という病気で水下痢を起こすこともあります。これは上記の下痢が急性下痢なのに対し、何カ月も下痢症状が続くこともある慢性下痢に分類されます。

 

日本人でこの病気を患っている人は実はとても多く1000万人以上ともいわれている病気です。

 

そして最も怖いのが、重大な病気の1症状として水下痢が続いている場合です。クローン病や赤痢、潰瘍性(かいようせい)大腸炎、大腸がんも下痢を引き起こす病気です。またバセドウ病も下痢が続くという症状を持っています。

 

では臭いの原因は何なのでしょうか?

 

便は食べ物のカスが排出されたもので、水分と食物繊維と腸内細菌から成り立っています。そのため、便を観察することである程度は腸内環境を把握することができます。

 

便の臭いは、主にタンパク質が腸内細菌によって分解されることででてきます。タンパク質が大腸に入ってくるまでによく消化されていれば、臭いもそんなにきつくなりません。

 

同じタンパク質でも臭いの強さは、肉類→魚介類→植物性たんぱく質の順に薄くなりますし、野菜でもニンニクやニラのように元々臭いの強い物は、便にもその臭いが残ってしまいます。

 

私たちが便を汚い・臭いと感じるのは、悪玉菌が生成した腐敗物質が多く含まれているからです。

 

アンモニア・インドール・スカトール・アミン・フェノール・硫化水素・メルカプタンなどが主な腐敗成分です。こうした腐敗成分が多ければ多いほど便の臭いはひどくなっていきます。

 

悪臭の他にも、肌荒れや老化の促進、発がん作用など体に悪影響を及ぼすことが分かっています。便には悪玉菌だけではなく善玉菌も混じっています。

 

善玉菌が多い便は悪臭も少なく、有害性は低くなるのです。赤ちゃんの便は90%以上を善玉菌が占めているため、臭いはほとんどなく有害性は少ないのです。

スポンサーリンク

 

胃痛と水下痢って関係があるの?対処法は?

 

水下痢になる原因は様々お伝えしました。下痢をしているということは、腸内環境が乱れそれだけで臭いも強くなりがちです。その中でも特に食べ物が腐ったような臭い(腐敗臭)のする水下痢は、食中毒や赤痢、潰瘍性大腸炎が原因かもしれません。また酸っぱい臭いのする水下痢は、慢性膵炎の可能性もあります。

 

臭い水下痢症状の対処法は?

10602
まずは水下痢の症状への対処法です。

 

1番大切なことは、“胃腸の調子を整える”ことです。そのためには胃腸を安静にし、休ませてあげる必要があります。半日~1日は食事を控えましょう。その間も水分補給はしっかりと行ってください。

 

冷たい水ではなく、白湯(さゆ)・番茶・常温のスポーツドリンクや経口補水液などがオススメです。1回の量は少しずつ、こまめに何度も飲むようにします。

E1383634977106_2
水ばかりが体の中に入ると、体内の電解質のバランスが崩れてしまいますので。水分ともう1つ必要なのが適量の塩分です。

 

梅干しを1つ食べたり、熱すぎないお味噌汁を飲むのも良いでしょう。スポーツドリンクや経口補水液には塩分なども含まれているので追加で塩分を補給しなくても大丈夫です。

 

食事も最初は消化の良い物を食べましょう。

 

おかゆ・柔らかく煮込んだうどん・野菜スープ・などが良いです。野菜スープの野菜はキャベツや白菜、ニンジンをクタクタになるまで煮込んだものが良いです。

mainimg
野菜の中にはゴボウやタケノコ、キノコ類などの食物繊維を豊富に含むものがあります。下痢の時は食物繊維を豊富に含むものは避けてください。また柑橘類、刺激物は胃腸に負担をかけるので避けましょう。

 

湯たんぽやカイロ、腹巻などでお腹を冷やさない工夫をするのもよいです。

 

またストレスが原因の場合は、ストレスの原因を改善できるのが1番良いのですが、なかなか難しいですよね。自分に合ったストレス発散方法を見つけ、その発散法を習慣的に実施できる環境作りができれば良いと思います。

 

臭いに対する対処法も食生活の見直しが重要です。

 

食事の時間が不規則であったり栄養バランスが崩れていると、自律神経の働きが弱まり、胃酸の分泌量が少なくなってしまいます。

 

すると胃酸で溶かされるはずの食べ物がそのままの形で腸に降りてきてしまい、善玉菌による発酵だけでは追いつかず悪玉菌を増やし、食べ物を腐敗させて消化を進めようとします。すると臭いが強くなってしまいます。

 

また食べすぎも同じような仕組みで臭いが強くなってしまいますし、肉食の生活は、悪玉菌の大好物であるタンパク質を摂りすぎることで悪玉菌の増殖につながります。

 

善玉菌を増やして腸内環境を整える働きのあるヨーグルトを食べる習慣をつけることも悪臭改善の効果が期待できます。

 

水下痢が続き、臭いも強いときは何科に行けばいいの?

 

02
結論から言うと迷ったら内科、それも消化器内科が下痢症状を診察する専門になりますので受診してください。

 

消化器とは食べた物を消化吸収する器官のことで、口・食堂・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門までの1本道と、さらに消化を助ける酵素などを生産分泌する肝臓・胆のう・膵臓を指します。この消化器系を専門に診てもらえるのが消化器内科です。

 

臭い水下痢の原因は腸にありことが多いので消化器内科をまずは受診してください。

 

第1選択は消化器内科で良いのですが、女性の場合は婦人科も選択肢に入れておくとよいでしょう。

 

まとめ

水下痢の原因には様々ありますが、臭いの原因は腸内の悪玉菌による腐敗が原因であるため、臭い水下痢は腸内環境がさらに悪くなっていると考えられます。また腸や膵臓などの病気である場合もあり、油断はできません。

 

下痢や臭いは、食生活の見直しで治癒(ちゆ)、改善することがあるので、ぜひ見直してみてください。

 

症状がひどいときや長引く時は、迷わず消化器内科を受診し、診察してもらうようにしましょう。