妊娠中はそれだけで普段よりも体調がすぐれないことがあるのに、下痢が続いていると、体力的にもしんどいですし、赤ちゃんになにかあったらと思うと不安で精神的にも辛いですよね。

 

安定期と呼ばれる妊娠中期ですが、下痢と流産は関係があるのでしょうか? 

 

 

スポンサーリンク

 

妊婦で下痢が続くのはなぜ?

700x420x0e846e2f5461617d23aadf3a3de3a6bf-700x420.jpg.pagespeed.ic.0EkhxN2xn9
妊娠中は下痢や便秘になりやすいと言われています。理由は様々ですが、まず考えられるのはホルモンバランスの変化です。

 

妊娠を継続するためにはプロゲステロンというホルモンが欠かせません。しかしプロゲステロンは腸の働きを抑制するという効果も持っており、腸が上手く働けないことで下痢になってしまう可能性が高くなります。

 

また排泄機能をコントロールする自律神経は、ホルモンバランスの乱れに大きく影響されてしまいます。そのため下痢や便秘になりやすくなるのです。

 

その他にも体温調整機能も低下も下痢の原因になります。非妊娠時よりも体温が下がってお腹が冷えてしまうことがあるのです。

 

妊娠中期や後期に入ると、赤ちゃんが大きくなることで子宮も膨らみ、周りの胃や腸を圧迫していきます。胃が圧迫されることで胃酸の分泌が減り、消化不良を起こして下痢になることも珍しくありません。

 

また、腸が圧迫されることで便秘になり、溜まった便を排出しようとする働きが強まることで、便秘の固い便が出た後に下痢便がでるということもあります。このように妊娠中は普段よりも下痢や便秘を起こしやすい体の状態にあると言えるのです。

 

妊娠中期の下痢でも流産の危険はあるの?

46
妊娠中期になると、多くの人がつわりなどの症状も治まって少し楽になるころです。子宮の中では胎盤が完成し、流産の心配もぐんと減ると言われています。このように妊娠期の中で1番心身ともに落ち着く時期のため安定期とも呼ばれるのです。

 

妊娠中期に入ると、お腹も大きく目立つようになり、乳腺も発達して乳房が大きくなります。それが負担となり便秘や下痢、肩こりや頭痛などの症状に悩まされる妊婦さんもいます。

 

下痢と言っても少し柔らかめの便が出ている程度であれば、よくある症状ですのであまり心配はいりません。しかし、水の様な下痢が1日に何度も出るようであれば注意が必要です。

 

下痢が直接流産につながるということは考えにくいと言われており、特に妊娠中期に入っていれば、下痢をしたからといって流産に対してそれほど神経質にならなくても大丈夫です。 しかし下痢をしているということは、何か体に不都合な原因があるということです。

 

妊婦の下痢は何が原因?妊娠初期で腹痛や出血もあるのは危険なの?

 

つわりが治まったからと言って、食べすぎたり飲みすぎたりしていませんか?お腹が冷えるようなことはありませんか?また水の様な下痢が続く場合は細菌やウイルスによる感染性胃腸炎なども疑われます。下痢が流産につながるのではなく、下痢を起こす原因が流産の原因にもなってしまうことはあるのです。

スポンサーリンク

 

妊娠中期って他にどのような変化が起こるの?

tgtrtrrtt
妊娠中期での、下痢の原因となるような体の変化についてお伝えしましたが、他にはどのような変化が起こるのでしょうか。

 

  • 腰痛や背中の痛みを感じやすくなります。

500x0_549a610e-b3cc-42af-9e23-6aa40a0100b9.jpg
お腹が大きくなり、グッと前にせり出すような姿勢になります。子宮底(子宮の上側の端)がおへその高さくらいまで上がってくるためです。普段とは違う姿勢で過ごすようになるために、腰や背中に負担がかかり痛みを感じる妊婦さんが多いようです。

 

  • 大きくなった子宮が背中側の血管を圧迫するようになります。

お腹の後ろ側には、自律神経や腎臓に行く血管、大動脈、大静脈などが走っているため大きくなった子宮がそれらの神経や血管を圧迫すると体調が不安定になったり、血圧が高くなってくることがあります。

 

きつい下着や洋服、コルセットなどで子宮を背中側に押し付けるように締めたり固定したりすると、症状を悪化させてしまいますので気を付けましょう。

 

  • 乳腺が発達し、乳汁が出てくることも。

ママの体は出産後の育児に向けてもホルモンが活発に働き準備を進めます。母乳は乳腺組織で作られるのですが、妊娠中期に入ると乳腺はかなり発達して、乳頭を押すと薄い黄色の乳汁が出ることもあります。

 

  • 仰向けで寝ると苦しいことがあります。

dabb83c0ef438577405d1a34c29cb2da-480x320
妊娠中期は心拍数がピークになり動悸がして寝苦しかったり息苦しく感じることがあります。また仰向けで寝ると、低血圧になることもあります(仰臥位低血圧症候群)。これは大きくなった子宮が下大静脈を圧迫して心臓に戻る血流が滞ってしまうために起こる症状です。

 

まとめ

妊娠中期に限らず、下痢が直接流産につながるということはほとんどありません。しかし、下痢になりやすい環境=流産のリスクを高める環境ということは考えられます。

 

妊娠中期は安定期だからと思い、少し無理をしてしまうこともあるかもしれませんが、妊娠中期も身体には様々な変化が起こっています。

 

自分の体調管理が赤ちゃんのためにもなりますので、日々の生活をもう1度振り返ってみてください。下痢やその他の異常が続いている場合には、産婦人科の医師や助産師に相談してください。 

 

スポンサーリンク