妊娠中は普段とは違う体調の変化に戸惑うことも多く、不安に感じることも多いと思います。また、自分だけでなく赤ちゃんに何かあったらどうしようと心配になることもありますよね。

 

妊娠期の下痢やその他の症状について少しでも知っておくと、不安の軽減につながり、早期に正しい対処をする手助けをしてくれるはずです。

 

 

 

妊婦の下痢は何が原因で起こるの?

ebdac04f25b15bebf852481ed37f108f
妊娠中は下痢が起こりやすい状態と言われています。

 

その原因の1つにプロゲステロンという妊娠に欠かせないホルモンが関係しています。プロゲステロンは腸の働きを抑える作用も持っているため、妊娠によってプロゲステロンの分泌量が増えると腸内が不安定になってしまうのです。

 

妊娠によってホルモンバランスが乱れることで、排泄機能をコントロールする自律神経が乱れることも原因になっていると考えられます。

 

妊娠初期はつわりの症状が現れる人が多いです。つわりの重症度には個人差がありますが、吐き気や嘔吐をする中で、ついつい食べやすい冷たい物ばかりを食べてしまったり、吐き気や腰痛などが原因で姿勢が悪くなり血行不良を起こすことも下痢の原因になります。

 

また、ホルモンバランスが崩れるために体温調節が上手くできず、妊娠前よりも体が冷えやすい状態になっており、お腹が冷えて下痢を引き起こすなどが考えられるのです。

 

他には、妊娠中期~後期になると子宮が大きくなることによって腸が圧迫され、胃腸の活動が妨げられ、胃液の分泌が低下します。

 

すると、十分に消化できていない状態で食べ物が腸へと送られ、消化不良を起こして下痢につながったり、溜まってしまったものを消化しようと胃腸が異常な働きをするため下痢になる場合があります。

 

妊娠中は貧血になりやすく、貧血治療薬を服用している方もいると思いますが、貧血治療薬の副作用で下痢になることもあります。 

 

このように、妊娠中の下痢には妊娠していない時の下痢の原因に加えて様々な原因があり、下痢をしやすい状態にあると言えるのです。

 

 妊娠初期での腹痛や出血は危険な状態なの?

d90174e038156c0040fcdffc04a6269a1
妊娠初期の腹痛や出血には、危険なものと心配のないものがあります。そのため過度に心配しすぎず、見極めることが大切になってきます。

 

妊娠初期の腹痛で1番心配されるのが流産の危険です。 

 

妊娠初期である妊娠12週までは、流産が発生しやすい時期ですので、安易に腹痛と考えず、もしかして?と疑うことも必要になってきます。

 

妊娠初期に起こる流産の原因は、胎児側の染色体異常がほとんどであると言われており、お母さん側に責任があるわけではありませんが、妊娠初期の流産発生率は10~15%と言われており注意が必要です。

 

妊娠初期には、腹痛やお腹が引っ張られるような感覚を覚える妊婦さんは多いようです。こうした感覚は、妊娠することで子宮が大きくなろうとするために起こる症状だと考えられます。

 

着床した胎芽を育てるのに必要な過程なので心配はいりませんが、筋肉の増加や血流量の増加、子宮の伸びなど様々な変化が現れますので、感じ方には個人差があります。

 

中にはチクチクとした痛みを感じる方もいます。

 

危険な腹痛や出血と心配のない腹痛や出血の違いについて具体的に見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

1.〈心配ない場合〉 

0a29e7042407eb08d426ce98bd6c72b0

  • 下腹部が外に引っ張られる感じがして痛い 
  • お腹から腰に掛けて痛みがある 
  • お腹全体が引っ張られるように痛い 
  • 生理痛に似た腹痛がある 
  • キュッとした軽い痛みがある 
  • 腹痛が長時間続かない 
  • おりものに混ざって少量の出血がある 
  • 茶褐色の出血や薄いピンク色の出血があるが短期間である 
  • 検診直後や夫婦生活直後の出血 

 

2.〈危険な場合〉 

There's a baby in my tummy

  • ギューっと締め付けられるような痛みがある 
  • 痛みが継続して起こっている 
  • ズキズキと下腹部が痛む 
  • 下腹部にかなり強い痛みを感じる 
  • 出血の量が多い 
  • 鮮血や血の塊がでる

 

この症状と合わせて、以下の症状が現れたときは早急に診察をうけてください。 

 

  • 基礎体温が低下している
  • つわりなどの妊娠初期症状がなくなった 
  • 頭痛が続いている 

 

早めに診察することで、切迫流産と判断された場合でも心拍が正常で、赤ちゃんの姿が確認できれば、妊娠を継続できるケースもあります。

 

妊娠初期の下痢と流産は関係があるの?

147881
結論から言うと、妊娠初期の下痢が流産の直接的な原因になることはないと言われています。

 

しかし、妊娠中の下痢の原因の1つである食生活の乱れや冷えは注意が必要です。赤ちゃんに届く栄養が不十分である場合や体が冷えた環境は、赤ちゃんにとっては居心地の悪い場所となりますので、少なからず流産のリスクが発生してしまいます。 

 

水の様な激しい下痢が、1日に何度もあったり、長期的に続くようなら、それが刺激となって子宮収縮を招く恐れがあるため注意が必要です。

 

妊婦で下痢が続く。妊娠中期でも流産の危険はあるの?

 

ウイルス性の腸炎や食中毒が原因で下痢になっている場合もないとは言い切れず、そのような病原菌が流産のリスクを上げることも考えられるので、下痢で流産することはないと油断してはいけません。 

 

まとめ

妊娠初期は様々な体の変化が起こります。普段は軽く考えている腹痛や下痢などの症状も、妊娠中は過敏になってしまいがちです。

 

もちろん症状が出ているということは、体の中で何かが起こっているということであるため、安易に考えてはいけませんが、すべてが危険な症状というわけではないので、冷静な判断と対処で赤ちゃんと自分の健康を守っていってください。