妊娠後期になるとお腹も大きくなり、自分の体も自由にならないことも多いのに、そんな時期の下痢や腹痛は、普段の時よりも辛いですよね。

 

また、自分だけじゃなくて赤ちゃんに何かあったらどうしようと不安にもなります。

 

妊娠後期の下痢や腹痛は、お母さんや赤ちゃんにとって危険なものなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

妊婦は下痢や腹痛になりやすいってホント? 

shutterstock_198668627-480x318
妊娠中は妊娠前よりも下痢や腹痛になりやすくなっているというのは本当です。

 

その理由にはいくつかありますのでお伝えしたいと思います。

 

①妊娠中は様々なホルモンが増減することで、体の中のホルモンバランスが乱れやすい状態と言えます。ホルモンバランスの乱れは、排泄をコントロールする自律神経の乱れにつながり下痢になりやすかったり、それに伴って腹痛が起こったりします。 

 

②妊娠にはプロゲステロンというホルモンが欠かせません。しかしプロゲステロンは腸の働きを抑える作用も持っており、腸内が不安定になってしまうことがあります。そのため下痢や腹痛になりやすいと考えられます。 

 

ホルモンバランスの乱れは、体温調節機能の低下も招きます。体温調節が上手くできないと、妊娠前よりも体が冷えて下痢や腹痛を起こしやすくなります。 

 

④妊娠中は貧血になることも珍しくありません。貧血がひどい場合は貧血治療薬を服用することもあるのですが、貧血治療薬の副作用で下痢を起こすことがあります。 

 

⑤妊娠初期に現れることが多いつわりの症状も下痢や腹痛を引き起こすことがあります。つわりの時期は吐き気や嘔吐の症状におそわれる人が多いですよね。

 

何も食べたくないけど食べなきゃいけないというときは、ついつい食べやすい冷たい物ばかりを食べてしまたり、特定の食べ物ばかりを食べてしまいがちになり、下痢や腹痛を起こしやすくなります。また、長期間続く体調不良のせいで姿勢が悪くなり、血行不良を起こして下痢や腹痛につながることもあるといわれています。 

 

妊娠後期の下痢や腹痛の原因は?

057070
妊娠後期でも、先に挙げた①~④の原因は考えられますし、人によっては出産までつわり症状が続くといった場合もあるので、⑤は妊娠後期には全く当てはまらないというわけではありません。

スポンサーリンク

 

しかし、妊娠後期の下痢や腹痛は、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮が大きくなり、子宮の周りにある胃や腸が圧迫されることによって胃腸の活動が妨げられことが原因であることが最も多いです。 

 

胃や小腸の活動が妨げられると、胃液や胆汁などの消化液の分泌が低下します。すると、十分に消化できていない状態で食べ物が大腸へと送られ、消化不良を起こして下痢や腹痛につながってしまいます。

 

また大腸の活動が妨げられることで、内容物の水分をきちんと吸収することができず、下痢になってしまうことも考えられます。

 

下痢や腹痛に対する対処法や予防法は?

128713
1.下痢になってしまった時の対処法は、まずお腹を温めて冷やさないように心がけることです。
腹巻や靴下などは、夏でも着用することがすすめられています。 

 

特にお腹が大きくなる妊娠後期は、お腹の皮膚が伸びて毛穴が広がり、熱が逃げやすく冷えやすい状態になっているので気を付けてください。

 

また胃腸に負担をかけない食べ物を選んで食べるようにし、食べ方も急いで食べるのではなくよく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。 1度にたくさん食べるのではなく、少しずつ分けて食べることで胃や腸への負担を減らすことができます。

 

また薬の副作用で下痢や腹痛を引き起こしている可能性がある場合は、なるべく早く主治医に相談してください。 下痢に効くツボがいくつかあるので、すぐに出来る対処法として実践してみるのも効果があると思います。 

 

2.下痢になる前の予防法としては、非妊娠時でもいえることですが、食べすぎや飲み過ぎを避け、脂っぽい物や冷たい物ばかり食べないようにしましょう。

 

また睡眠を十分に取り、規則正しい生活を心がけます。

 

妊婦と下痢って関係があるの?下痢の時の食事で気を付けることは?

 

お風呂にゆっくり入ったり足湯をしたりして、体を温めるような行動を心がけましょう。 野菜やヨーグルトなどを摂る習慣をつけて、腸内環境を整えておくことも効果的です。 

 

 まとめ

妊娠中は下痢や腹痛が起きやすい体の状態であることがわかりました。原因は様々ですが、日々の生活の見直しで改善できることも多いです。

 

赤ちゃんのことが心配でつい神経質になってしまいがちですが、考えこんでしまうとさらに症状を悪化させてしまうこともあります。

 

我慢できない程の激しい腹痛や全く治まらない下痢が長期に続く場合を除いては、大丈夫なことも多いですので、落ち着いて原因を考え対処するようにしましょう。

 

スポンサーリンク