妊娠中は様々な体調の変化が起こり、ただでさえしんどく感じたり不自由を感じることも多い時期なのに、下痢や腹痛が続いていては疲れ果ててしまいますよね。

 

また、赤ちゃんのことも心配で、精神的に辛くなってしまうことも。妊娠と腹痛を伴う下痢の関係を詳しく見ていきましょう。 

 

 

スポンサーリンク

 

妊婦で下痢に腹痛が続く原因は?

snapcrab_noname_2014-9-14_12-15-52_no-00
妊娠中は、普段に比べて下痢を起こしやすい体の状態になっており、妊娠中に下痢が続くことは珍しいことではありません。

 

妊娠中に下痢を起こしやすくなっているのは、ホルモンのバランスが大きく関係しているといわれています。

 

妊娠すると普段よりもプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。プロゲステロンは妊娠を継続させるために重要な働きをするのですが、同時に腸の機能を抑制する働きも持っているため、腸が上手く働けず下痢になってしまうことがあります。

 

また、ホルモンバランスの変化によって自律神経が乱れ体温調節が上手くいかずに体が冷えて下痢になったり、排泄を司る自律神経の働きが乱れて下痢になることもあります。

 

また食生活の変化や、子宮が大きくなり周りの胃や腸などの臓器を圧迫することでも、下痢になることがあります。

 

このようなことが原因で下痢になっている場合は、それほど心配することはなく、誰でもがなってしまう妊婦特有の下痢だと考えて大丈夫です。だからといって、もちろん放っておくのはよくありませんし、症状がひどい時には病院で診てもらわなければなりません。

 

ここまでお伝えした原因での下痢も、下痢をするときにはグルグルっと腹痛を伴うことはありますが、腹痛が続き下痢も続いているという場合は他の原因も考えられます。

 

●1つ目は・・・細菌やウイルスに感染して起こる、感染性胃腸炎や食中毒にかかっている可能性があります。妊娠中は免疫力が低下しているため、感染症にかかりやすくなっており、負担と同じような生活でも発症してしまうことが少なくないのです。

 

●2つ目は・・・ストレスが原因かもしれません。排便には副交感神が大きく関わっています。普段は体をリラックスするようにバランスをとっている副交感神経が活発に働いたときに便意を感じるのですが、妊娠による自律神経の乱れで過剰に反応してしまうことがあります。その結果、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になり過ぎて下痢になってしまうことがあります。

スポンサーリンク

 

流産の危険や胎児への影響は?

original-
結論から言うと、下痢が直接の原因で流産したり、胎児に影響が及ぶということは考えにくいです。

 

しかし、腹痛を伴っているとなると、腹痛の種類によっては流産の兆候かもしれませんし、感染性の下痢(食中毒など)の中には、胎児に悪い影響を与える微生物もいますので油断はできません。 

 

締め付けられるような痛みや・ズキズキと下腹部が痛む場合、激しい腹痛があり鮮血や血の塊が出ている場合は流産の兆候である可能性が高くなります。

 

これらの症状と合わせて、基礎体温が低下していたり、つわりなどの妊娠初期症状が急になくなったり、頭痛が続いている場合は早急に医療機関を受診し、適切な処置を受けください。

 

早めに診察することで、切迫流産と判断された場合でも心拍が正常で、赤ちゃんの姿が確認できれば、妊娠を継続できるケースもあります。

 

免疫力が抵抗している妊娠中は様々な病原体にかかりやすくなっています。

 

感染性胃腸炎は、サルモネラ菌やノロウイルスなどのよく聞く感染症にももちろん注意が必要ですが、妊婦が特に注意しなければならないのは、チーズやハムなどに含まれるリステリア、鶏肉や飲料水にも含まれるカンピロバクターです。

 

妊婦の腹痛を伴う下痢の原因は?血便も出ている場合は危険なの?

 

その理由は、リステリア菌が発生させるトキソプラズマという毒素やカンピロバクターは、母子感染によってお腹の赤ちゃんにも影響が出る可能性があるという報告がされているからです。

 

下痢や腹痛への対処法は?

hl16_17
原因によって対処法は少しずつ異なりますが、まずはストレスをためず、規則正しい生活をするように心がけましょう。 

 

また感染症にかからないためにも、人込みを避けたりマスクを着用したり、手洗いうがいの徹底や調理器具の清潔管理、生ものを食べないなどの予防がとても重要になってきます。

 

それでも下痢や腹痛が続く時は、十分な水分補給、食事の工夫、妊婦でもできるストレス発散方法を確立する、ひどい場合には病院での治療が必要になります。

 

水分は胎児にとっては重要な栄養分の1つですので、脱水にならないように気を付けてください。常温か温かい水やお茶を少しずつこまめに飲むのが良いです。

 

食事の工夫としては、消化の良いお粥や温かいうどんなどから食べ始めるのがよいです。またビタミンA,B,E、カルシウム、鉄分を豊富に含む食品を食べるようにしたり、乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べるのもよいでしょう。

 

妊娠中は薬の使用をためらう方も多いと思いますが、今は妊婦でも飲める薬を処方してもらえることもありますので、病院で相談するのもよいと思います。

 

まとめ

腹痛を伴う下痢が続く場合は、流産や胎児への影響も無視できません。また激しい下痢が続いているということは、腸が異常に収縮しているということであり、腸に近い子宮も同時に収縮してしまうことがあり、リスクが高まってしまいます。

 

下痢の原因を追究し正しい対処を行って、落ち着いた妊婦生活を送れるように健康管理をしていきましょう。

 

スポンサーリンク