妊娠中は体に様々な変化が起こります。下痢をしやすかったり嘔吐が続くなど辛い症状が出てくる人も少なくありません。

 

お腹の中の赤ちゃんの成長に伴う、妊婦特有の原因ということもありますが、そうでない場合もあり、注意しなければならない症状もあるので、詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

妊婦の下痢や嘔吐も原因は何?

Nausea
妊娠中は普段より下痢を起こしやすい状態になると言われています。その原因はいくつかあります。

 

  • プロゲステロンの分泌量の増加 

プロゲステロンという妊娠に欠かせないホルモンが関係していると考えられています。プロゲステロンは妊娠を継続させるために、妊娠中は分泌量が増えるのですが、腸の働きを抑える作用も持っています。プロゲステロンの分泌量が増えることによって腸内が不安定になってしまうのです。

 

  • 自律神経の乱れ 

妊娠によってホルモンバランスが乱れます。自律神経は排泄機能をコントロールする役割があるため、自律神経が乱れることで下痢になりやすくなります。 

 

  • つわりに伴う食生活の乱れや姿勢の変化 

妊娠初期はほとんどの人につわりの症状が現れます。つわりの重症度には個人差がありますが、吐き気や嘔吐をする中で、ついつい食べやすい冷たい物ばかりを食べてしまったり、吐き気や腰痛などが原因で姿勢が悪くなり血行不良を起こすことも下痢の原因になります。 

 

  • 体温調節機能の低下 

ホルモンバランスが崩れるために体温調節が上手くできず、妊娠前よりも体が冷えやすい状態になっており、お腹が冷えて下痢を引き起こすことがあります。 

 

  • 赤ちゃんの成長に伴い子宮が大きくなる

妊娠中期~後期になると子宮が大きくなることによって腸が圧迫され、胃腸の活動が妨げられ、胃液の分泌が低下します。すると、十分に消化できていない状態で食べ物が腸へと送られ、消化不良を起こして下痢になります。また、溜まってしまったものを消化しようと胃腸が異常な働きをするため下痢になる場合があります。 

 

  • 貧血治療薬の副作用 

妊娠中は貧血になりやすく、貧血治療薬を服用している方もいると思いますが、貧血治療薬の副作用で下痢になることもあります。 

 

妊娠中の嘔吐はつわりの代表的な症状です。

 

妊婦の食あたりは特有の原因があるって本当?症状は嘔吐や下痢?対処法は?

 

嘔吐が続くつわりを、一般的に吐きづわりと呼びます。ひどい場合は食べ物のにおいをかいだり、水を1口飲むだけでも吐いてしまいます。吐くと普通は少しスッキリして落ち着くのですが、つわりの場合は吐いた後も吐き気が続くことが多くとても辛い症状です。

 

吐きづわりの原因は?

  • 黄体ホルモンとゴナドトロピンというホルモンの分泌増加が関係しているといわれています。急激なホルモンバランスの変化に身体が追い付かないことや、嗅覚を敏感にさせる働きがあるために、普段何気なく食べているものでも気持ち悪く感じて嘔吐してしまうことがあると考えられています。

 

  • まだ胎盤が未熟であり、妊婦の体が赤ちゃんを異物だと認識してしまうために起こるアレルギー反応の1つとして嘔吐という症状があります。

 

  • 急激な身体の変化に自律神経が乱れ、それが副交感神経の興奮を招いて吐き気・嘔吐を誘発させてしまいます。

 

  • 妊婦の動き過ぎを抑制して、流産のリスクを減らそうとしているともいわれています。

 

※つわりの原因は、あくまで妊娠上の体の変化由来の憶測内を出ず、直接の原因はまだわかっていません。

 

妊婦の下痢や嘔吐に加えて頭痛や発熱がある場合何が原因? 

2014.3column3
下痢や嘔吐については、妊婦によくみられる症状であり、辛い症状ではありますが、それほど心配しなくてもよい場合もあります。しかし、頭痛や発熱を伴う場合は、違う原因で起こっている症状かもしれませんので油断してはいけません。

 

下痢や嘔吐とともに発熱や頭痛が起こっている時は、細菌やウイルスに感染して胃腸炎を起こしている可能性が高くなります。

 

発熱や頭痛が起こるのは、体に入ってきた病原体と体を守ろうとする免疫が戦っている証拠である場合が多いからです。妊娠中は免疫力が低下させることによって、体内の細胞が赤ちゃんを攻撃しないようにするという体の変化が起こります。

 

この働きによって、感染症にもかかりやすくなってしまうのです。特に胃腸炎はかかりやすいといわれています。原因は生ものを食べることや、人の多いところでの飛沫感染とされています。

 

感染性胃腸炎そのものがあかちゃんに悪影響を及ぼすことはありませんが、胃腸炎による下痢のせいで善玉菌が大量に失われてしまい、食べた物の栄養が十分吸収できずに、赤ちゃんへの栄養が不十分になってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

 

さらに脱水症状を引き起こすと、血液量が不足して赤ちゃんの成長を阻害してしまうことも考えられます。

 

妊娠中の胃腸炎の対処法は? 

5e7fe52ee4b63b14e7761c8cc4abd26c_s
まずは、免疫力が低下していることを自覚し、マスクを着けたり人込みを避けたり、手洗いうがいを徹底したり生ものを食べないなどの予防が大切になります。

 

しかし、それでも胃腸炎になってしまった場合の対処法をお伝えします。

 

●食べ物

SBSH0049
胃腸炎にかかっている時の食べ物は、最初は水分のみで、症状がよくなってくるとともに、流動食→ペースト食→普通食と変えていきます。

 

  • 症状が激しいときは1~2日絶食するようにしましょう。水分はしっかりと摂ってください。 
  • 2~3日すると症状が楽になりますので、お粥・豆腐・果物ジュース・野菜スープなどを食べ始めるようにします。 
  • 1週間ほどすると、ほとんどの症状がよくなるので、普通食に戻します。 

 

注意点としては、塩、醤油、味噌、香辛料、油、アルコールなどは胃や腸に負担をかけてしまいますので控えるようにしてください。

 

●脱水に注意 

2015-07-18a
胃腸炎は、下痢や嘔吐、発熱に伴う発汗などで大量の水分が体から奪われてしまい、脱水症状を引き起こす危険性があります。

 

水分はお腹の赤ちゃんの貴重な栄養となりますので、しっかりと水分補給を行わなければいけません。目安としては、1日2リットルです。水分と言ってもなんでもよいわけではなく、炭酸飲料やアルコール、冷たすぎる飲み物は胃や腸を刺激し、胃腸炎の症状を悪化させてしまいますので飲まないでください。

 

白湯や温かいお茶などを、少しずつゆっくりと何回も飲むようにしましょう。

 

●薬の使用 

1薬イラスト
胃腸炎は、妊娠している・していないにかかわらず、特効薬はありません。整腸剤が処方されることがほとんどです。

 

妊婦の場合は薬はあまり使わないことが好ましいのですが、症状がひどい場合には妊娠中でも飲める薬がありますので、受診して処方してもらいましょう。 しかし、もちろん特効薬ではないので、食事の工夫や安静などは必要になります。

 

下痢や吐き気は基本的には強い下痢止めや吐き気止めを服用して、無理に止めてしまわない方がよいです。病原体を早く体の外へ出して、体内に留めないようにするためです。

 

妊婦さんにありがちな貧血は薬で治る?副作用で下痢になるって本当?

 

しかし、お腹の赤ちゃんにも危険が及ぶと判断されたときには、強い薬を使用することもあります。また、高熱が続く場合も解熱剤が処方されることがあります。

 

●お腹を温める(冷やさない) 

ni
冷えは、胃腸炎の症状をますます悪化させます。腹巻やカイロ、湯たんぽなどでお腹を温めて、食事もなるべく温かい物を食べるようにしましょう。

 

靴下をはく習慣をつけ、足元を冷やさないことも大切です。

 

まとめ

妊娠中の下痢や嘔吐は、妊婦の体の変化に伴って起こることも多く、病気ではないため治療が必要ないことも多いのですが、そこへ発熱や頭痛が加わると、早めの対処が必要な感染性胃腸炎の可能性がぐっと高くなることが分かりました。

 

感染性胃腸炎自体は直接赤ちゃんに影響を及ぼすことはないとされていますが、感染性胃腸炎の症状が長引くことで、赤ちゃんに悪い環境になってしまうことがあるので、早めの適切な対処で、少しでも早く胃腸炎が改善できるようにしていきましょう。 

 

スポンサーリンク