妊娠中は、普段よりも体がだるく感じたり、少しの体調の変化にも敏感になって、精神的にも疲れてしまったりしますよね。

 

妊娠中は免疫力が低下しているため、風邪やインフルエンザなどの病気に十分注意しなくてはなりませんが、実はさらに注意が必要なのが食あたりなのです。

 

普段は何気なく食べているものや食生活でも、妊婦は食あたりになってしまうことがあります。ではそういったことになった時の対処法などはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

 

妊婦の食あたりは特有の原因があるの?

46a305c899ce718d4fe5a41424bceae9
妊娠中は、普段よりも体がだるく感じたり、少しの体調の変化にも敏感になって、精神的にも疲れてしまったりしますよね。

 

妊娠中は免疫力が低下しているため、風邪やインフルエンザなどの病気に十分注意しなくてはなりませんが、実はさらに注意が必要なのが食あたりなのです。

 

普段は何気なく食べているものや食生活でも、妊婦は食あたりになってしまうことがあります。

 

妊婦の食あたりは特有の原因があるの?

8beaead27c4b2964f5015b0f826bf43f_s
食あたりの原因となる病原菌は様々です。時期によっても異なり、それぞれに流行があります。

 

食あたりを引き起こす細菌やウイルスで特に多く有名なのは、魚介類(特に生魚)を食べたことで感染する腸炎ビブリオ、鶏卵や鶏肉を食べることで感染するサルモネラ、二枚貝を食べることで感染するノロウイルスなどがあります。

 

これらの細菌やウイルスは感染力が強く、免疫力の低い子どもや高齢者、妊婦などはもちろん、健康な成人でも感染することは少なくありません。

 

しかし、妊婦が特に注意しなければならないのは、チーズやハムなどに含まれるリステリア、鶏肉や飲料水にも含まれるカンピロバクターです。 

 

妊婦の下痢や嘔吐の原因は何?頭痛や発熱もある場合は?

 

その理由は、リステリア菌が発生させるトキソプラズマという毒素やカンピロバクターは、母子感染によってお腹の赤ちゃんにも影響が出る可能性があるという報告がされているからです。

 

リステリア菌は、日本ではあまり見られず、感染力もノロウイルスなどに比べると低いのですが、抵抗力の低下している妊娠中は十分注意しなければいけません。リステリア菌やカンピロバクターは食べ物からだけだはなく、ペットなどの動物やガーデニングの土からも感染することがあるので気を付けてください。

 

妊婦の食あたりも症状は嘔吐や下痢なの?

妊婦の食あたりも、通常の食あたりと同じように主な症状は嘔吐や下痢です。妊娠初期であれば、嘔吐の症状はつわりと勘違いすることもありますし、妊娠中は下痢をしやすくなっているため、食中毒になる前から便が緩くなっている方もいるかもしれません。

 

しかし嘔吐の症状が慢性的に続く場合や、水の様な下痢を併発している場合は食あたりを疑ってください。

 

また、腹痛や場合によっては発熱を伴うこともあり、抵抗力が低下している妊娠中は重症化してしまう恐れもあります。

 

原因となっている病原体の種類によっては、お腹の赤ちゃんへの影響も心配されますし、繰り返す下痢の刺激で子宮収縮が促されてしまっても困ります。そのような場合は早めの受診も必要です。

 

食あたりへの対処法は?

妊娠中は、普段と違って安易に薬を飲むことができません。そのため自宅でもできる対処法を実践して症状が治まるのを待つことで、食あたりを乗り切ることが多くなります。

スポンサーリンク

 

①水分補給

450x253x2a5293c9906bf2d397be66d0ba6837b0.jpg.pagespeed.ic.-X0kSZaReh
最も重要な対処法になります。嘔吐や下痢は私たちが思っている以上に、体の中の水分を奪ってしまいます。そのためこまめに水分補給をして、脱水にならないように注意しなければいけません。

 

特に妊娠中は、お腹の赤ちゃんにとっても水分はとても重要になりますので気を付けてください。1度にたくさんの水を飲んだり、冷たい物ばかりを飲んだりすると、それが刺激となって嘔吐や下痢を悪化させてしまう恐れがあります。

 

②食事の内容を工夫する

muramatugayu2
食欲はあまりないかもしれませんが、食べないと病原菌を倒したり外へ追い出すための力がでません。

 

食べるものとしては、便と同じ柔らかさのものから食べ始めるというのが基本です。また消化の良いお粥や温かく煮込んだうどんなどが適していると言われています。

 

③お腹を温める

ゆたんぽ
妊娠中は食あたりなどに関係なく、みなさんお腹を冷やさないように心がけていると思いますが、お腹が冷えると刺激となって症状を悪化させたり、病原菌の活動を活発にさせてしまったりしますので、腹巻や湯たんぽ、カイロなどでお腹を温める工夫をしてください。

 

④ツボを刺激する

tubo
嘔吐や下痢に効くといわれるツボは手や足、お腹の周りなどにいくつかあり、刺激することで効果も期待できます。しかし、ツボを押すことで子宮収縮を促してしまうなどの危険もありますので、むやみに行わず、主治医や専門家の指示に従ってください。

 

情緒が不安定になりやすくなっている妊娠中は、感染してしまった自分を責めたりすると、精神的な面でも体調に大きな影響を与えることがあります。

 

妊婦の下痢は何が原因?妊娠初期で腹痛や出血もあるのは危険なの?

 

一人で抱え込まずに誰かに相談したり、医療機関を受診して原因などをはっきりさせてもらうことで、少し安心できるかもしれません。また症状が長引いたり、あまりにもひどい場合は迷わず病院を受診してください。

 

まとめ

妊娠中は食べるものに気を付けたり、手洗いうがいや調理器具の消毒など感染予防にも注意していると思います。それでも免疫力の低下などが原因で食あたりになってしまうことはあります。

 

もし食あたりになってしまっても自分を責めることなく、自分ができる対処法から実践し、安静を心がけ、病院への受診も考えて適切な対応をしてください。少しでも早く健康なマタニティーライフに戻りましょう。

 

スポンサーリンク