妊娠中の腹痛や下痢はよくある症状なのですが心配ですよね。

 

もちろん自分自身もしんどいのですが、お母さんならきっと、自分の事よりも赤ちゃんのことが心配で精神的にもダメージを受け、それがさらに症状を悪化させているということもあるかもしれません。

 

それに加えて血便が出るとますます不安になってしまいます。妊娠中の腹痛・下痢・血便について詳しく見ていきましょう。

 

 

 

妊婦の腹痛を伴う下痢の原因は何? 

snapcrab_noname_2014-5-30_14-36-46_no-00
妊娠中は妊娠していないときに比べると、様々な身体の変化の影響で下痢になりやすいといわれています。妊婦の下痢の原因で1番影響を受けるものは、ホルモンバランスが大きく変化するということです。

 

妊娠を継続させるために、プロゲステロンというホルモンが普段よりも多く分泌されます。プロゲステロンには腸の機能を抑制する働きがあるため、下痢を起こしやすくなります。

 

ホルモンバランスの乱れが、自律神経を乱れさせ排泄機能が上手くいかなかったり、身体が冷えやすくなることも下痢を起こしやすくなる原因だといわれています。またつわり症状や味覚の変化などで、食生活が乱れたり大きく変化することも下痢につながります。

 

その他には、免疫力の低下によって風邪などの感染症にかかりやすくなったり、情緒が安定しにくいためにストレスからくる過敏性腸症候群によって下痢にを起こしやすくなったりします。

 

また、妊娠中は貧血になりやすく、ひどい場合は貧血治療薬を服用するのですが、その副作用で下痢が続く人もいます。妊娠中の腹痛で最も心配なことは、流産・早産の危険だと思います。

 

妊娠中は様々な腹痛を経験する人がほとんどで、お腹が引っ張られるような腹痛を経験する妊婦さんが多いようです。そのような痛みが時々起こる程度であれば、それは赤ちゃんの成長に伴って起こるものなので、心配いらないことが多いです。

 

しかし、妊娠中の腹痛には心配な腹痛とそうではないものがあり、危険な腹痛の場合は早期に受診治療を受ける必要があるため、見極めが重要になってきます。

 

<危険な場合> 

  • ギューっと締め付けられるような痛みがある 
  • 痛みが継続して起こっている 
  • ズキズキと下腹部が痛む 
  • 下腹部にかなり強い痛みを感じる 
  • 出血の量が多い 
  • 鮮血や血の塊がでる 
  • この症状と合わせて、以下の症状が現れたときは早急に診察をうけてください。 
  • 基礎体温が低下している 
  • つわりなどの妊娠初期症状がなくなった 
  • 頭痛が続いている

 

〈心配ない場合〉

  • 下腹部が外に引っ張られる感じがして痛い 
  • お腹から腰に掛けて痛みがある 
  • お腹全体が引っ張られるように痛い 
  • 生理痛に似た腹痛がある 
  • キュッとした軽い痛みがある 
  • 腹痛が長時間続かない 
  • おりものに混ざって少量の出血がある 
  • 茶褐色の出血や薄いピンク色の出血があるが短期間である 
  • 検診直後や夫婦生活直後の出血 

 

お腹の赤ちゃんの成長につれて、日常的に腹痛を感じることもあります。またいつもの腹痛かなと思っていると、本当は危険な状態を知らせるサインだったということが起こらないように、油断せず腹痛の特徴や継続時間などを把握するようにしてください。

 

妊婦で下痢に腹痛が続くのは何が原因?流産の危険や胎児への影響は?

 

腹痛を伴う下痢の原因は、細菌やウイルスに感染して起こる感染性胃腸炎や食中毒にかかっている可能性や、ストレスが原因で過敏性腸症候群にかかっている可能性が高くなってきます。

 

血便も出ている場合は危険なの?

ketsuben
妊娠中の血便の原因で最も多いのが切れ痔によるものです。
特に下痢が続いているのであれば、弱酸性である肛門周囲の皮膚に、アルカリ性の便が何度も付着することで、皮膚がただれて弱くなってしまいます。

スポンサーリンク

 

そこへ何度もトイレットペーパーの刺激が加わることで、切れ痔になりやすくなってしまうのです。また、妊娠中が便秘にもなりやすいのですが、便秘になると便が硬くなり、排便時に切れ痔になってしまうことがあります。

 

切れ痔が原因の血便の特徴は、鮮血が便の外側に付着し、出血量はそれほど多くありません。切れ痔は2~3日で治まり、1週間もすれば完治するといわれていますので、それほど心配はいりません。もちろんお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすこともありません。

 

しかし、下痢や便秘が続いている時は、何度も繰り返してしまいますので対処が必要です。もしも便自体が赤黒い場合はすぐに病院を受診し検査を受ける必要があります。 

 

潰瘍性(かいようせい)大腸炎や食道静脈瘤(じょうみゃくりゅう)、などを引き起こしている場合があります。また大腸がんも血便や下痢の症状が出ます。いずれもすぐに治療が必要な病気です。

 

また粘膜が便に付着している場合は、細菌による感染症やアメーバ赤痢などの可能性があるので、この場合も見つけ次第すぐ病院を受診てください。

 

最近に感染症の中には、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすものもあります。サルモネラ菌やO-157などのよく聞く感染症にはもちろん注意が必要ですが、妊婦が特に注意しなければならないのは、チーズやハムなどに含まれるリステリア、鶏肉や飲料水にも含まれるカンピロバクターです。

 

リステリア菌が発生させるトキソプラズマという毒素やカンピロバクターは、母子感染によってお腹の赤ちゃんにも影響が出る可能性があるという報告がされているからです。

 

リステリア菌は、日本ではあまり見られず、感染力もノロウイルスなどに比べると低いのですが、抵抗力の低下している妊娠中は十分注意しなければいけません。

 

リステリア菌やカンピロバクターは食べ物からだけだはなく、ペットなどの動物やガーデニングの土からも感染することがあるので気を付けてください。

 

切れ痔による血便の対処法はある?

lvkhflasdf1
切れ痔の原因となりやすい下痢や便秘を解消することが1番の対処法です。排便コントロールを行い、さらに妊娠中にもメリットのある方法を紹介します。

 

①水分

kokoa
水分の摂取はやはり重要です。
下痢の場合は脱水予防の意味もありますし、便秘の場合は便を柔らかくするために必要です。常温か温かい飲み物を飲んで水分を摂取するのが妊娠中は特に好ましいです。朝起きて1杯の白湯を飲む習慣をつけてください。

 

また、1日の摂取量は1,5リットル~2リットルが目標です。オススメの飲み物はホットココアです。体を温めてくれますし、善玉菌も含まれているので、腸内環境を整えてくれます。

 

②食べ物

33b709da4ed51ab078bed1511212c604d7c80d0e.79.2.3.2
下痢の場合は消化の良い食事を心がけます。お粥や柔らかく煮込んだうどん、野菜スープやヨーグルトなどが良いといわれています。

 

便秘の場合は水溶性の食物繊維を摂ることが必要です。わかめ、寒天、リンゴ、オクラ、納豆などがおすすめの食材です。

 

③活動

20120906151812_5048402449159
下痢の場合は、胃腸への負担を減らすために安静にすることが基本ですが、便秘の場合はウォーキングやストレッチなどの適度な運動をする方がよいといわれています。

 

切れ痔でも、血便が1週間以上続いたり、出血量が多いときは念のために診察してもらうようにしてください。

 

まとめ

妊娠中は腹痛を起こしやすかったり、下痢になりやすかったりすることは特別なことではありません。なので、妊娠による体調の変化だと思い心配しすぎない方が良いです。

 

しかし、赤ちゃんに影響を及ぼすはもちろんお母さんの体を守るためにも、油断はせずに毎日の体調管理を行ってください。

 

血便も、最初見たときは驚いてしまうかもしれませんが、緊急性のある血便なのかそうではないのかを見極めることが大切です。不安な時は病院で診察を受ける方が安心できると思いますので、相談してみてください。