下痢や腹痛だけでもしんどいのに、発熱や寒悪まで起こってしまうと非常に苦しく、どうなってしまうのかと心配になりますよね。

 

そもそも下痢や腹痛、発熱や悪寒の症状が現れた時、体の中ではいったい何が起こっているのでしょうか?

 

それを知った上で対処法などを理解しておくと、いざという時に焦らず対応できるはずです。詳しく解説していきますね!

 

 

 

下痢・腹痛・発熱・悪寒はなぜ起こるの? 

gerideturai1
まずは、下痢や腹痛、発熱、悪寒が起こる原因やメカニズムについて知っておきましょう。

 

下痢

そもそも下痢とはどのような便の状態を指すのでしょうか。理想的な便の固さは便の中の水分量が70~80%といわれているのに対し、様々な原因で便の中の水分量が増え、90%以上になり水のようになった便を下痢と呼んでいます。

 

下痢になる原因には、暴飲暴食などよる消化不良や体が冷えたことにより自律神経が乱れ、腸が異常収縮してしまうことがあります。これらは誰もが1度は経験したことのある下痢だと思います。

 

細菌やウイルスに感染することで起こる感染性胃腸炎も原因の1つです。食当たりやノロウイルスの感染などがそうです。ストレスなどが原因で起こりやすい過敏性腸症候群も下痢を繰り返します。

 

最も怖いのはクローン病や潰瘍性大腸炎、バセドウ病などのように、重い病気が原因で下痢が起こっている場合です。下痢がおこるメカニズムは、一言で言うと腸での水分調節機能の不具合です。

 

健康な腸は水分や栄養を吸収し、その残りを便として体外に排出します。腸を通過する水分の99%は腸で吸収されてしまうと言われており、残りの1%の水分が便に含まれることで理想的な固さの便となり排泄されます。

 

しかし、腸の運動が活発になると、内容物が腸を通過するスピードが速くなり十分に水分を吸収できないまま排泄されてしま為に便の水分量が多くなってしまいます(運動亢進性下痢)。

 

下痢、発熱、頭痛、関節痛、悪寒。これに当てはまる病気って何?

 

また、腸自体の水分吸収機能が低下してしまっている場合(浸透圧性下痢)や腸から水分の分泌量が増えしまった場合(分泌性下痢)も便として排出する水分量の調節が上手くいかず下痢になってしまいます。

 

腹痛

腹痛には大きく分けて「体性痛」「内臓痛」「関連痛」の3種類があります。

 

  • 体性痛

お腹の臓器が炎症を起こして、腹壁や腸と腸の間にある膜が刺激されることによって起こる腹痛です。痛みの発生が狭い範囲に限られていることが多いです。うずくまってしまう程の鋭く強い痛みが続くこともあります。

 

  • 内臓痛

胃や腸などの臓器が収縮したり痙攣(けいれん)を起こしたりすることで起こります。間欠的でお腹に違和感を覚えるような症状から激しい腹痛まで様々です。痛みの部位が特定しにくく、お腹全体が痛い・下腹が痛いなど漠然とした訴えが多いようす。

 

  • 関連痛

内臓の痛みを伝える神経が皮膚の痛みを伝える神経と合流することで起こる痛みです。痛みの発生源となっている内臓から離れた場所で痛みを感じることがあります。

 

発熱

発熱は口内体温計で約37,8℃より体温が上がった状態をいうのですが、普段の体温よりも安静時なのに明らかに体温が高ければ発熱と考えてOKです。

 

発熱は感染症や外傷から体を守る防衛反応です。細菌やウイルスが侵入してくると、体の中にある免疫細胞が体を守ろうと戦います。その時にサイトカインという物質が作られ血流に乗って脳へと運ばれます。そして脳から「発熱せよ!」という命令が出ることで、体は様々な反応を起こし体温を上げます。

 

なぜ発熱命令が出るのかというと、細菌やウイルスとの戦いを有利にするためです。病原菌のほとんどが低温の方が繁殖しやすく、37℃前後で最も活発になります。

 

体温が上昇した熱い環境では細菌やウイルスの動きが鈍くなるのです。逆に体を守るために働いてくれる白血球などは体温が高くなると戦闘モードに入り活発に動きます。

スポンサーリンク

 

悪寒

悪寒は先ほど発熱の時に脳からの「発熱せよ!」の命令を受けて体が起こす反応の1つです。体温は上がっているのに、寒いと感じさせることによって、筋肉を震えさせて熱産生を促しさらに体温を上げようとしているのです。

 

また皮膚の血管を収縮させて、体の表面の血流量を減らしたり、汗腺を閉じることで体の外に熱が放散されるのを防ぐ反応も同時に起こります。 

 

この症状からどんな病気が考えられる?

下痢・腹痛・発熱・悪寒、この4つの症状からまず考えられるのは、細菌やウイルスに感染したことによる感染性胃腸炎です。一般的に言う食中毒もこの中に含まれます。

 

感染性胃腸炎は〈細菌性腸炎〉と〈ウイルス性腸炎〉に分けられます。

 

細菌性腸炎

細菌性腸炎は細菌が感染することで起こる腸炎で、夏に多く起こります。いわゆる食中毒です。感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症します。下痢、腹痛、発熱が見られます。原因菌はサルモネラ菌やO-157などです。

 

一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。悪心(おしん)、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌が有名です。

 

ウイルス性腸炎

original-
ノロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。潜伏期間は1日~2日。有効な抗ウイルス薬がないため、主に対症療法(症状に対してそれを緩和させる治療)を行い自己治癒力(じこちゆりょく)に任せます。

 

ウイルス性腸炎も下痢・腹痛・発熱・悪寒・さらに嘔吐を伴うことが多いです。

 

インフルエンザも考えられます。インフルエンザの初期症状は、下痢や腹痛が多く、やがて体温がどんどん上がり、かなりの高熱になります。発熱に伴って悪寒もおこります。

 

他には薬の副作用やアレルギー反応でのこのような症状が起こる場合もありますし、もっと重い病気の初期症状ということもあります。

 

このような症状が起こったらどうすれば良いの?

下痢に対しては、水分を何回にも分けてゆっくりと摂ります。これは下痢によって多量の水分が体から奪われていることにより、脱水になるのを防ぐためです。冷たい物をごくごく飲むと腸を刺激しさらに下痢を悪化させるため、白湯や常温のお茶、スポーツドリンクなどが好ましいです。

 

また下痢が始まって半日~1日は絶食して腸を安静にしましょう。食べ始めはお粥やうどん、スープなどの消化の良いものを食べます。感染性胃腸炎の場合は病原菌を早く体外へ出したいので、下痢止めを使って無理に下痢を抑えるのは控えましょう。

 

腹痛に対しても下痢の対処法と同じように腸を安静にすることが第1です。温めたり、前傾姿勢をとることで痛みを和らげる効果が期待できます。

 

発熱は病原菌を倒すために体が反応しているので、あまり急激に熱を下げてしまわない方がいいのですが、あまりにも高熱になると、熱に弱い脳がダメージを受けてしまう恐れがあります。そのため頭は冷やすようにしましょう。

 

悪寒が起こっている時は無理に冷やさず体を温めます。体温が上がりきったら、今度は汗をかくなどして体温を下げようと体が動きだすので、暑いと感じた時に体を冷やし始めます。

 

体を冷やすポイントとしては、大きな血管が皮膚に近い所を通っている場所を冷やします。首や脇の下、足のつけねを冷やすと効果的です。脇の下で体温を測っている場合は、両方を1度に冷やしてしまうと正確に体温が測れないので、片側ずつ冷やしてください。

 

腹痛や吐き気、冷や汗が出る場合の病名は?対処法はどうすれば良い?

 

それでも、下痢や腹痛、発熱が続くようであれば速やかに病院で診察をうけて原因を追究し、適切な対応をすることが必要です。

 

まとめ

なぜ下痢・腹痛・発熱・悪寒が起こるのか分かったでしょうか?

 

これらの症状は、体の防衛反応であることがほとんどです。

 

しかしこのような症状が続くと体力的にも精神的にも辛いですよね。原因を見定めて、それぞれの症状に対する適切な対処を行い、少しでも早く回復できるようにしましょう。