下痢に発熱、それに頭痛や関節痛、悪寒まで…。こんな時は動けない程しんどいですよね。

 

しかし、今起こっている症状を把握することは病気を知る重要な手がかりになります。

 

このような症状が現れたときは、どのような病気を疑えばよいのでしょうか。知っていれば正しい対処ができるはずです。

 

 

 

下痢、発熱、頭痛、関節痛、悪寒。これってなぜ起こるの?

ねつでたよ1
最初にそれぞれの症状がなぜ起こるのか知っておきましょう。

 

下痢はどこから下痢なの?

下痢とはどのような便のことを指すのか知っていますか?

 

理想的な便の固さは便の中の水分量が70~80%といわれているのですが、様々な原因で便の中の水分量が増え、90%以上になり水のようになった便を下痢と呼んでいます。

 

下痢になる原因の1つ目は、暴飲暴食による消化不良や体が冷えたことにより自律神経が乱れ、腸が異常収縮してしまうことがあります。これらは誰もが1度は経験したことのある下痢ではないでしょうか。病気ではなく一過性であることが多い下痢です。

 

2つ目の原因は、細菌やウイルスに感染することで起こる感染性胃腸炎です。食当たりやノロウイルス・ロタウイルスなどが有名ですね。

 

3つ目の原因としては、ストレスなどが原因で起こりやすい過敏性腸症候群があります。

 

4つ目の原因は、クローン病や潰瘍性大腸炎、バセドウ病などのように、重い病気が原因で下痢が起こっている場合です。この場合が最も恐ろしく、速やかに病院で検査を行い適切な治療を開始する必要があります。下痢がおこるメカニズムは、腸での水分調節機能の不具合です。

 

下痢・腹痛・発熱・悪寒…この症状から考えられる病気って何?

 

健康な腸は水分や栄養を吸収し、その残りを便として体外に排出します。腸を通過する水分の99%は腸で吸収され、残りの1%の水分が便に含まれることで理想的な固さの便となるのです。下痢が起こる仕組みには3種類あります。

 

  1. 運動亢進性下痢…腸の運動が活発になると、内容物が腸を通過するスピードが速くなり十分 に水分を吸収できないまま排泄されてしまうために便の水分量が多くなってしまう下痢です。
  2. 浸透圧性下痢…腸自体の水分を吸収する働きが低下してしまっている場合です。
  3. 分泌性下痢…腸から水分の分泌量が増えしまった場合も、便として排出する水分量が増えてしまい下痢になってしまいます。

 

発熱は?

発熱の定義としては、口内体温計で約37,8℃より体温が上がった状態をいうのですが、普段の体温よりも安静時なのに明らかに体温が高い状態がしばらく続けば発熱と考えてOKです。

 

発熱は体内に侵入してきた病原体や外傷から体を守る防衛反応の1つです。

 

病原体が体内に侵入してくると、体の中にある免疫細胞が体を守ろうと戦います。その時にサイトカインという物質が作られ血流に乗って脳へと運ばれます。そして脳から発熱命令が出ることで、様々な反応を起こし体温を上げようと頑張ります。

 

なぜ発熱命令が出るのかというと、細菌やウイルスとの戦いに勝利しやすくするためです。病原菌のほとんどが低温の方が繁殖しやすく、37℃前後で最も活発になります。体温が上昇した熱い環境では細菌やウイルスの動きが鈍くなるのです。

 

逆に体を守るために働いてくれる白血球などは体温が高くなると戦闘モードに入り活発に動きます。体温を上げることで病原菌体を弱らせ、免疫細胞を援護しているのです。

 

頭痛は?

頭痛の原因は様々ですが、特に明確な病気があるわけではないのに繰り返し起こる頭痛を一次性頭痛といい、病気が原因で起こる頭痛を二次性頭痛といって区別しています。

 

代表的な一次性頭痛には片頭痛があります。その他に緊張型頭痛や群発頭痛、混合型頭痛が主な一次性頭痛です。二次性頭痛には、風邪などの病気で起こるものもありますが、脳腫瘍やクモ膜下出血、脳梗塞などの恐ろしい病気の場合もあります。

 

頭痛が起こる仕組みについては、まだ明確になっていない部分も多くあるのですが、「頭が痛い!」と思ってもそれは頭蓋骨や脳そのものが痛みを感じているわけではないのです。

 

頭蓋骨や脳は刺激をしても痛みを感じないことが分かっています。骨膜(こつまく)や太い血管、頭皮、頭を覆う筋肉、脳神経、上部頸髄神経(じょうぶけいずいしんけい)などが圧迫されたり炎症を起こしたりすることで、頭痛として感じるのです。

 

関節痛は?

関節痛は風邪などで発熱が起こった時に経験したことのある人も多いのではないでしょうか?この症状は病原菌が関節で炎症を起こしているのではないかと思われていることも多いのですが、実はそうではありません。

 

発熱のところでもお伝えしたのですが、病原体が体内に侵入してくると、体の免疫細胞が働き体を守る反応が起こります。

 

この時にサイトカインという物質が作られるとお伝えしたのですが、サイトカインが増えすぎると臓器の機能不全の原因になることがあり、逆に体に悪影響を及ぼす危険があります。

 

それを防ぐために、サイトカインを抑制する働きのあるPGE2という物質も作られるのですが、このPGE2は血管を拡張させる働きがあるため発熱を促進させ、関節内の血管も拡張してしまうことで関節に痛みが生じると考えられています。

 

悪寒は?

悪寒は先ほど発熱の時に脳からの発熱命令を受けて体が起こす反応の1つです。体温はいつもより上がっているのに、寒いと感じさせることによって、全身の筋肉を震えさせて熱産生を促しさらに体温を上げようとしている状態のことです。

 

また皮膚の血管を収縮させて、体の表面の血流量を減らしたり汗腺を閉じたりすることで、体の外に熱が放散されるのを防ぐ反応も同時に起こります。 

 

この症状に当てはまる病気ってなに?

ac_kounetu200-200x194
5つの症状についてお伝えしてきましたが、頭痛や関節痛・悪寒は発熱を伴い、同じようなメカニズムで起こることが多いので、セットで考えてもよいかもしれません。

 

下痢と発熱が主な症状として現れる病気には、まず感染性胃腸炎が考えられます。感染性腸炎とは細菌やウイルスに感染することにより腸が炎症を起こす病気です。

 

細菌性腸炎とウイルス性腸炎の大きく2種類分けることができます。細菌性腸炎は、夏季に多く起こります。食中毒と言われるもののほとんどがこれです。

 

感染型と毒素型があり、感染型は感染後1~4日後に発症します。下痢、腹痛、発熱が見られます。サルモネラ菌やO-157などは有名ですよね。これが原因で起こるのは細菌性腸炎の感染型です。

 

一方の毒素型は食後2~24時間で発症します。吐き気、嘔吐、腹痛が見られますが、発熱することは少ないです。原因菌は黄色ブドウ球菌やボツリヌス菌などがあります。

 

ウイルス性腸炎は、毎年冬に流行するノロウイルスやロタウイルスなどが原因の腸炎です。他にもアデノウイルスやエンテロウイルスなども腸炎を起こす感染症の代表です。他にはインフルエンザの可能性も高いです。

 

インフルエンザには様々な型がありますが、いずれの型も1~3日の潜伏期間を経て悪寒を伴う高熱、全身倦怠感(けんたいかん)を伴って急激に発症します。

 

下痢や吐き気などの消化器症状や、咳、咽頭痛(いんとうつう)などの呼吸器症状を引き起こすことが多く、頭痛や関節痛も現れてきます。その他には、潰瘍性大腸炎やマラリアなどの重い病気が原因で起こっていることもあります。そのような場合は病院での治療が最優先になるのですが、件数的には少ないです。

 

病気になった時の対処法は?

下痢と発熱を中心に対処していく必要があります。できれば原因を知るためになるべく早く病院に行くことが望ましいのですが、症状が激しいとなかなか病院に行けませんよね。

 

家にいる間は安静と水分補給が最も重要です。激しい下痢は半日以上続くことも多く10時間以上の下痢は深刻な脱水症状を引き起こしてしまいます。

 

この間は食事を控えて胃腸への負担を減らし、常温のお茶やスポーツドリンクなどをこまめに飲むようにしてます。また水分だけでなく塩分も一緒に失われているので、電解質バランスを保つため、ごく少量の塩を混ぜて飲むとよいです。今は経口補水液がどこでも売っているのでオススメです。

 

下痢は、体に有害な物を外へ排出しようという防衛反応の1つなので無理に抑えると体の中に細菌やウイルスを留めてしまうことにもなります。辛いですがすぐに下痢止めや吐き気止めを使うのはやめましょう。

 

また、発熱も同じように体の防衛反応なので、すぐに解熱剤を使って急速に熱を下げてしまうのはあまりお勧めできませんが、発熱によって起こる頭痛や関節痛がとてもひどい場合は無理せず薬の力を借りてください。

 

また、あまりにも高熱になると、熱に弱い脳がダメージを受けてしまう恐れがあります。そのため頭は冷やすようにしてください。悪寒が起こっている時は無理に冷やさず、寒くないように体を温めます。

 

体温が上がりきったら、今度は暑く感じ汗をかくなどして体温を下げようという働きに変わるので、暑いと感じた時に体を冷やし始めます。

 

体を冷やすポイントとしては、大きな血管が皮膚に近い所を通っている首や脇の下、足のつけねなどを冷やすことです。感染性胃腸炎もインフルエンザも5日~1週間程度で回復します。

 

下痢と腹痛が同時に起こる。よく効くツボが手にあるって本当?

 

あまりにも症状がひどく水分が全く取れない場合や何日も激しい下痢・高熱が続く場合は、医療機関で適切な処置を受けてください。

 

まとめ

下痢、発熱、頭痛、関節痛、悪寒がそれぞれなぜ起こるのか知っていただけたでしょうか。

 

それぞれの反応は体を守るための働きなのですが、こんな症状に襲われればやっぱり辛いですよね。対処法も紹介しましたので試してみてください。

 

自宅で適切に対処できるのとできないのでは、きっと治るまでの時間や辛さに差が出てくるはずです。それでも無理は禁物。病院で診察を受け治療をしてもらうという選択も大切です。