ノロウイルスは、もともと汚染された二枚貝から起きる食中毒です。ところが、近年は二枚貝が原因のノロウイルス感染は

 

少なくなっています。新たな感染経路や、キスで起こる唾液感染、さらには空気感染などの注意も必要なのでしょうか?

 

 

 

ノロウイルスの感染経路を確認したい!

ノロウイルス,感染経路,キス,空気感染
ノロウイルスは経口感染です。すべて口からウイルスが侵入して、感染を起こします。この経口感染には、いくつかのルートがあるのです。

 

  • 食中毒

これは、ノロウイルスに汚染された二枚貝を食べることによって、食中毒を起こすものです。生牡蠣や、加熱不十分な二枚貝を食べることによって、起こります。また、調理した人が感染者で、その人が食材や水をノロウイルスで汚染し、それらの物を口に入れることによって、感染を起こします。

 

  • 接触感染

感染者の便や嘔吐物を処理したさいなど、手に付いたものの洗浄不足により、口に入って感染します。感染者の手についたウイルスが、ドアノブなどにつき、それを触ることで、感染します。

 

  • 飛沫感染

感染者の便や嘔吐物が飛び散り、飛沫して口に入って感染します。

 

  • 空気感染

感染者の便や嘔吐物の処理が不十分なため、乾燥して、チリやホコリと一緒に空気中を漂い、それを吸って感染します。

 

ノロウイルスの感染経路!キスでも感染する?

ノロウイルスは感染者の便や嘔吐物によって感染を起こします。唾液感染はありませんので、彼氏の症状が下痢だけで、しかも手洗いや消毒もバッチリなら、キスしても感染しません。と言うことは、嘔吐したてでキスをしたなら感染してしまう可能性がありますね。口の中にウイルスが残っているはずなので。

ノロウイルス,感染経路,キス,空気感染
でもこれは、男女の仲ならあまり考えられない場面ですね。ノロウイルスじゃなくても考えものです。また、潜伏期間中のキスも感染の恐れは、ほぼありません。

 

唾液感染はしないので、あまり怖がる必要はありませんし、口の中はいつまでもウイルスがいるわけではありません。唾液の殺菌作用で消滅してしまいます。一番考えられるのは、乳幼児とママのキスです。

 

乳幼児は、普段から顔をくっつけてきますね、嘔吐があって辛いと、もっとママにくっついてきます。その時に、うっかりキスをされてしまうと、感染の確率は高いです。

 

ノロウイルスの感染経路!空気感染について!

ノロウイルスは、経口感染なので、すべて口から感染します。そして、ウイルスは感染者の便や嘔吐物に・・・口に入るなんてゾッとしますよね。でも、空気中には、恐ろしい数の菌やウイルスが蔓延しています。

 

ノロウイルスが空気感染する時に考えられるのは、便や嘔吐物を処理した際、その処理が適切ではなく、取り残しや消毒が足りなくて残ってしまい、その部分が乾燥によって舞上がり、チリ、ホコリと一緒に、空気中を漂っていると言う事です。

 

感染者の便や嘔吐物には、大量のウイルスが入っています。そのため、家庭での汚物の処理や、病院、施設、学校などでの適切な処理方法が肝心です。

 

嘔吐物が飛び散った場合は、それを処理するさい、必ずマスク、ゴム手袋、エプロンをして行います。汚物をキッチンペーパーで拭き取り、汚物が合った場所を次亜塩素酸ナトリウムの消毒液で十分に消毒します。

 

ノロウィルスで激しい下痢・嘔吐を伴う食中毒!その特徴とは?変異が止まらない!

スポンサーリンク

 

汚物の付いたキッチンペーパーは、ビニール袋を二重にして捨てます。そして、ビニール袋の口を閉じる前にも、次亜塩素酸ナトリウムの消毒液をかけてから口を閉じます。これらが不十分だと、空気感染を起こします。

ノロウイルス,感染経路,キス,空気感染
空気感染は、限られた場所で起こると思われるため、一般的な外部からの感染より、多くはありません。空気感染と言うと、怖いですが、ただ同じ場所にいるだけで感染する病気とは違います。

 

厳密に言うと「塵埃感染」です。そのため、嘔吐直後の感染者がくしゃみや、咳をした場合以外は、くしゃみ、咳、つばきなどでの感染はありません。

 

ノロウイルスの感染経路で一番多いのは?

ノロウイルスの感染で、一番多いのは、「不顕性感染者(ふけんせいかんせん)」による「接触感染」です。不顕性感染者と言うのは、感染しているのに、発症しない人のことを言います。自分で感染に気付かず、普段通りに過ごしてしまい、知らず知らずのうちにウイルスを付けて廻ってしまうと言う接触感染です。

 

不顕性感染を起こしている人の便には、発症している感染者と同じくウイルスが存在しています。ところが、気づいていないため、排便後の手洗いが不十分で、そのままドアノブ、蛇口、を触り、ウイルスで汚染させてしまいます。

 

それを、多くの人が触り、次々と感染していくのです。そして、同じようにまだ発症していない、潜伏期間中にも感染が考えられます。ノロウイルスに感染すると、15時間で排便の際、ウイルスの排出が確認されています。

 

下痢を起こす前の段階で、すでにウイルスの排出が始まっているのです。すぐ近くにいた人が発症したなら、見当がつきますが、感染に気が付いていない場合の潜伏期間は、不顕性感染の人と同じく、知らず知らずのうちにウイルスを撒き散らしてしまうのです。

 

しかも、今年大流行の恐れがあるノロウイルスは、今までとは型が異なり、「GⅡ・17」と言われるもので、この型は、市販されている、検査キットでは見つかりにくいと言われているのです。自分でたしかめることさえ出来ないのでは、どうしようもありませんね。

 

ノロウイルスの予防!感染しない対策や効果的な食事はある?

 

この状態は、止めようもなく、学校、施設、病院などの人の集まるところで調理を担当している人たちは、徹底した予防、消毒をしていますが、一般の人は無防備と言えます。

 

これを防ぐには、外出時のマスクの着用、徹底した手洗いをして、自分で防ぐしかないのです。

 

ノロウイルスには感染しやすい人としにくい人はいる?

B型は感染しにくく、O型は感染しやすいと言われていますが、これは、ノロウイルスの中にはそう言う型がある!と言うだけで、実際には全員感染する恐れはあります。

 

感染しにくいと言われる人は、生活リズムがしっかりしている人、つまり免疫力の高い人は、感染しにくく、また感染しても、症状が軽い傾向にあります。

 

免疫力を高めて、ノロウイルスなんて怖くない体にするしかありません。

 

まとめ

ノロウイルスはすべて経口感染です。経口感染とはウイルスが口から入って感染するものです。

 

そのため、マスクを使用することで、外での感染はかなり抑えることができます。接触感染、飛沫感染、空気感染などの感染経路がありますが、いずれも入念に手洗いをすることや、うがいなどで、予防が可能です。

 

ただし、ノロウイルスの感染力は大変高いため、予防にも限界があります。ノロウイルスは、2~3日の発症以降、重症化することはありません。あまり神経質にならず、感染してしまったら、水分を取りながら安静にして、自分が感染源とならない事を考えなくてはいけません。

 

また、自分は感染しないと過信してはいけません。社内で自分だけが感染しなかったと喜んでいると、不顕性感染を起こしていて、大変迷惑な人となっている可能性もあるのです。

 

保健所に連絡する義務のある集団感染以外は、不顕性感染を確認することは出来ませんが、日本中が感染する中では、良識的な判断で生活することが、人として大切なことです。