ノロウィルスに感染すると、便の臭いが気になります。それは、食べ物が腐ったような腐敗臭だったり、酸っぱい臭いがすることも。

 

また、下痢の回数には個人差がありますが、その根本的な原因を探っていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

ノロウィルスの下痢には独特の臭いがある?

健康な状態の便は、70%程度の水分ですが、下痢を起こすと、その水分は90%以上になります。ぜんどう運動が激しくなり、消化物が、腸をすべるように移動してしまうため、腸内で水分吸収されずに排出されてしまうためです。

ノロウイルス,下痢,臭い,回数
ノロウィルスに感染した場合のような、感染性胃腸炎などは、体内の防衛反応により、異物を早く外に出そうとする力が加わり、一気に加速して下痢が起こります。ノロウィルスの下痢には、酸っぱい臭いの混ざった腐敗臭、「酸化腐敗臭」がします。

 

便の臭いの原因は、大腸にある、たんぱく質です。体の構成に必要なたんぱく質は、大腸に到着した時には、すでにアミノ酸に分解されているため、腐敗臭の原因にはなりません。アミノ酸は、甘酸っぱい匂いで、不快な臭いではないのです。

 

ところが、体に不必要なたんぱく質は、そのまま大腸に到着し、悪玉菌によって「アンモニア」「硫化水素」「アミン」「インドール」「フェノール」「メルカプタン」などの、悪臭物質に分解されてしまうのです。その悪臭物質が、下痢となって流れ出てくるため、酸化腐敗臭がするのです。

 

そのため、ノロウィルスに感染した人が、常日頃から、善玉菌が多いか、悪玉菌が多いかによって、その臭いの強さが変わります。ノロウィルスの下痢を起こした時に、強烈な酸化腐敗臭があったなら、それをきっかけに、善玉菌を増やす生活に変えるチャンスです。

 

臭いだけではなく、善玉菌が多い腸なら、感染率も下がり、感染したとしても下痢の症状も、比較的楽に済むのです。

 

ノロウィルスの下痢は、腸内細菌の状態で変わる?

大腸は、小腸より短いのですが、大腸が悪くなる病気の方がたくさんあります。

 

「大腸がん」「大腸ポリープ」「潰瘍性大腸炎」「クローン病」まだまだ、たくさんあります。これは、大腸には、大量の腸内細菌がいるためです。この腸内細菌の内訳は、善玉菌が20%悪玉菌が10%日和見菌が70%が、健康な状態です。

ノロウイルス,下痢,臭い,回数
これらを合わせると、およそ1~1.5Kgの重さになり、数なら100兆個、種類は1000以上となります。

 

日和見菌とは、善玉菌が優勢なら善玉菌側に、悪玉菌が優勢なら悪玉菌側にと、大変優柔不断な菌なのです。それが70%もあるので、体は善玉よりにも悪玉よりにも、すぐに傾いてしまうのです。

 

そして、動物性たんぱく質をたくさん摂取する生活をしていると、悪玉菌の大好物の「体に不必要なたんぱく質」がたくさん流れてくるため、悪玉菌が元気になり、日和見菌は一気に悪玉菌側についてしまいます。

 

ただし、莫大な腸内細菌の数と種類のため、それぞれの菌、すべての働きが判明しているわけではありません。

 

悪玉菌の中にも、何かのきっかけで善玉菌になるものもあったり、反対の場合もあります。日和見菌にいたっては、さらに膨大な数があり、宇宙かと思うほどです。善玉菌の中には、良く知られている菌がありますね。

 

ビフィズス菌や乳酸菌などは、ヨーグルトや乳酸菌飲料によって増やすことが出来、古くから体に良いと言われています。でも乳酸菌が増えるとどんな効果があるのでしょうか?

 

乳酸菌の主な働きは、病原菌から腸を守ること、悪玉菌による腸内の腐敗を抑制すること、そして免疫力の向上があります。善玉菌が優勢の腸なら、そもそも感染しにくくなりますが、腐敗させる悪玉菌を抑制でき、便の悪臭を感じることもなく、腸内の被害をより小さくすることができるため、下痢もひどくならないのです。

スポンサーリンク

 

ノロウィルスに感染したら、出勤停止はいつまで?その期間と家族の対処は?

 

日々の食生活の中で、肉を食べることが多くなってきている現代では、自然と悪玉菌傾向と言えます。そのため、あえて善玉菌の乳酸菌などを取り入れなくてはならないのです。ノロウィルスに感染することばかりを恐れるのではなく、感染しにくくなる体にしておく準備が必要ですね。

 

悪玉菌傾向の腸になる原因とは?

悪玉菌傾向の腸になりやすいのは、肉によるものだけではありません。

 

  • 食生活の乱れ

食事時間が不規則だったり、栄養が偏っていると、悪玉菌は増えてしまいます。

 

  • 食物繊維の不足

食物繊維は、お腹の中の腐敗物を絡めて、素早く外に排出してくれます。また、善玉菌が腸内発酵をおこない、腸内を弱酸性の状態にキープするために必要なものなのです。弱酸性にしておくことで、悪玉菌の繁殖を抑えているのです。

 

  • ストレス

ストレスから交感神経が優位に立つと、胃の働きが悪くなり、胃酸が分泌されなくなります。すると、殺菌力が衰えてしまい、有害なものの侵入を許すことになります。また、消化が悪くなるため、たんぱく質がそのまま腸まで流れて、「体に不必要なたんぱく質」となり、悪玉菌の繁殖となります。

 

ノロウィルスなどの感染性胃腸炎!下痢や嘔吐はいつまで続くの?

 

これらの条件で、悪玉菌は増えてしまいます。現代人は、肉食が主流だったり、無理なダイエットにより栄養が偏ったり、食物繊維を多く含む食品の敬遠、ストレスと、悪玉菌が増える条件にピッタリと合った生活をしているようです。

 

悪玉菌がもたらす体調不良とは?

悪玉菌は、ウィルス感染にも影響があることがわかってきましたね。その他には、どんな悪影響を及ぼしているのでしょう。

ノロウイルス,下痢,臭い,回数

  • 肌荒れ、口臭、体臭

善良な分解や発酵が行われなくなり、腸内に毒素や老廃物が溜まります。毒素はガスとなって大腸から血液中に浸透して、最終的に皮膚から排出されますが、その時、皮膚を傷つけて行くのです。吹き出物が出来やすい時は、腸に毒素が溜っていると考えられるのです。また、毒素の影響で口臭や体臭がきつくなります。

 

  • 太りやすい体になる

代謝機能が低下して老廃物や脂肪を溜め込みやすい体質になります。毒素や老廃物が血管に侵入し、血液がドロドロになります。これは、生活習慣病にもつながります。

 

  • 免疫力の低下

人の持つ免疫力のうち、その70%を腸内細菌が担っていると言われています。腸内細菌のバランスが崩れると免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、治りにくくなります。また、その他の感染症やアレルギーなどにかかりやすくなります。

 

  • 大腸がんのリスクが上がる

悪玉菌が優勢な傾向だと、発がん性物質が活性化しやすくなります。ポリープや腫瘍が出来やすくなります。

 

  • うつ症状

腸は第二の脳と言われる器官です。腸内環境が乱れると、精神状態も不安定になるのです。

 

まとめ

ノロウィルスなどの感染性胃腸炎にかかった時に、ひどい悪臭の下痢が出る場合は、すでに腸内が悪玉菌傾向であったということになります。

 

腸内細菌のバランスがとれていて、善玉菌が優勢な状態なら、ひどい悪臭はせず、下痢も最小限に食い止められるのです。そのためには、常日頃から、ビフィズス菌や乳酸菌を腸内に取り入れ、注意深く善玉菌を増やしておく必要があります。

 

風邪をひきやすくなっていたり、吹き出物ができているような時は、腸内が悪玉菌傾向なので、急いで善玉菌を増やさなくてはなりません。とは言っても、腸の働きは単純なものではなく、努力をしていても、悪玉菌優勢、善玉菌優勢を繰り返してしまいます。

 

それでも、努力を止めたら、ずっと悪玉菌優勢状態が続いてしまい、がんを発症してしまうかもしれません。出来る限り地道に努力を続けることが大切なのです。

 

スポンサーリンク