お酒を飲みすぎて下痢になった経験のある人もいるのではないでしょうか。

 

数回下痢をして治るなら、飲みすぎたかなと反省するだけでもいいかもしれませんが、その便が黒く変色していると、病気になったのかと不安になってしまいますよね。

 

黒い便の原因や対処法を知って、焦らず対応できるようにしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢が黒いのはお酒のせい?

snapcrab_noname_2015-4-15_11-46-41_no-00
まず下痢とはなぜ起こるのかについて知っておきましょう!

 

理想的な便の固さは水分が70%~80%含まれた状態の便であるのに対して、何らかの原因で水分量が増え、80%~90%の状態のいつもより柔らかい便を軟便、水分量が90%以上になり液体のようになった状態の便を下痢と呼んでいます。

 

下痢がおこるメカニズムは、簡単に言うと腸での水分調節機能の不具合です。

 

健康な腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)しながら、水分や栄養を吸収し、その残りを便として体外に排出します。腸を通過する水分の99%は大腸で吸収されると言われており、残りの1%の水分が便に含まれることで理想的な固さの便となります。

 

下痢が起こる仕組みは3つに分けることができます。

20141216-00039247-r25-001-2-thumb

  • 運動亢進性下痢 

腸の蠕動運動が活発になると、内容物が腸を通過するスピードが速くなり十分に水分を吸収できないまま排泄されてしまい便の水分量が多くなってしまうために起こる下痢です。

 

  • 浸透圧性下痢 

腸自体の水分吸収力が低下してしまうために起こる下痢です。

 

  • 分泌性下痢 

腸からの水分分泌が増えしまうために起こる下痢です。腸の中でこのいずれかが起こると下痢という症状が現れます。

 

それでは、お酒を飲んだ後に下痢になるのはなぜなのか考えてみましょう。それは肝臓のアルコール分解機能と代謝機能が関係しています。

 

肝臓の働きの1つに胆汁(たんじゅう)の生産があります。胆汁とは脂肪分の消化吸収を助ける消化液の1つで、黄色いアルカリ性の液体です。肝臓で作られた後、十二指腸で分泌されて食べ物と混ざり消化を助けます。

 

多量のアルコールが体の中に入ってくると、肝臓はアルコールの分解に追われ、胆汁の生産機能が劣ってしまいます。そうなると脂肪分を上手く消化できなくなり、吸収されないまま排泄されることになるため、下痢になると考えられます。

 

下痢の色でわかることがある?緑、黒、茶色何が違うの?

 

アルコールの摂りすぎが原因で起こる下痢のほとんどが黒く変色するわけではありません。黒い便の事を「黒色便」や「タール便」と呼ぶのですが、タール便が出る原因には様々あるのです。

 

 タール便って何? 

黒く変色した便のことをタール便と言います。道路を舗装するときなどに使うコールタールが語源で、コールタールのように黒いことからタール便と呼ばれるようになりました。便が黒くなる原因を説明する前に、便の色がどのように付けられるのかお伝えしたいと思います。

 

便の色というと、ほとんどの人が黄土色や茶色をイメージするのではないでしょうか。私たちの便の色を決めているのは、先ほどもお伝えした胆汁に含まれる〝ビリルビン〟という色素なのです。

 

十二指腸で胆汁が食べ物消化を助けている時に、ビリルビンという色素も内容物に混ざり色が付くのです。

 

その後小腸を通り抜け大腸に移動すると、このビリルビンは再び吸収されて黄土色~茶色の便となり排出されるのが健康な状態なのですが、腸の炎症などの病気やその他の原因によって、便は様々な色に変化します。便の色の変化は、体の中の異常を知らせるサインの1つと考えてください。

 

便が黒くなる原因は次の3つからなると考えてもらって大丈夫です。

 

①食道や胃、十二指腸からの多量の出血が考えられます。

toketsu
腸などの肛門に近い部位(下部消化管)での出血の場合は、血液の色がそのまま付着し赤い便となるのですが、食道や胃、十二指腸(上部消化管)での出血は腸を通っている間に血液が酸化して黒く変色するためタール便が出ます。また便が柔らかくなればなるほど、出血量が多いと考えられます。

 

病名としては

 

  • 急性胃粘膜病変
  • 急性胃炎 
  • 急性胃潰瘍(いかいよう) 
  • 食道静脈瘤(じょうみゃくりゅう)

 

などがあります。

スポンサーリンク

 

胃炎や胃潰瘍は、その名の通り胃の中で炎症が起こっておる状態や、胃の中に潰瘍ができている状態です。胃潰瘍や胃炎の原因には、アルコールやカフェインの摂りすぎで交感神経が刺激されて胃酸の分泌量が増え、胃を荒らしてしまうことが考えられます。荒れた部分から出血するとタール便につながります。

 

食道静脈瘤については、少し分かりにくいので説明しておきますね。

 

食道静脈瘤とは、食道や胃の粘膜に張り巡らされている静脈がコブのように膨らんで、血管がぐねぐねと曲がりデコボコになった状態をいいます。食道にできる静脈溜も胃にできる静脈瘤も、それ自体には痛みもかゆみもありません。そのため基本的には気づかないことがほとんどです。

 

しかし、食道は食べ物が頻繁に通る場所なので、大きくなった静脈瘤はその刺激で破裂してしまうことがあります。静脈瘤が破裂すると多量の出血を起こします。タール便をはじめ突然の吐血を起こし、静脈瘤に気づくことになります。

 

アルコールは刺激物なので、静脈瘤が出来ている場合の破裂のきっかけになってしまうことも否定できません。

 

  • 「消化性潰瘍」 
  • 胃潰瘍 
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • マロリー・ワイス症候群

 

が考えられます。

 

マロリーワイス症候群は聞きなれない病気だと思いますが、簡単に言うと、嘔吐(おうと)を繰り返すことで胃粘膜に亀裂がはいり、裂傷や潰瘍となって出血する病気です。

 

マロリーワイス症候群になる原因の30%~50%が飲酒が原因だという報告があり、飲酒が黒い下痢の原因だとすれば、マロリーワイス症候群を起こしている疑いがあります。

 

アルコールの他には、食中毒やつわりなども原因となります。怖い病気ばかり紹介しましたが、それほど深刻でない場合もあります。

 

②黒い食べ物をたくさん食べた場合 

img_index03_facescolor
これは参加した血液の色ではなく、食べ物の色がそのまま出てきているだけなので心配ありません。紫の野菜ジュースを飲んでいる場合も同じように、色素の関係で黒い便が出ます。

 

③貧血の治療薬を飲んでいる場合 

s-45
貧血の薬には鉄分がいっぱい入っています。鉄は酸化しやすく、酸化すると黒くなるので、その色が便に付着して黒い便として出ます。

 

黒い下痢にならないために、お酒を飲むとき気を付けることは?

最も気を付けることは、お酒の量とアルコール度数、また飲むスピードです。

 

言うまでもなく、お酒の量が増えたり、アルコール度数の高いお酒ばかりを飲むと、肝臓がアルコール分解に追われその他の働きが疎かになるため、体に支障が出ます。

 

アルコールの分解機能には個人差があるので、少しの量でも具合の悪くなる人や、いくら飲んでも全然平気な人もいますが、胃や腸への負担にはそれほど個人差は大きくありません。

 

アルコールは胃や腸にとっては刺激物です。その刺激が強すぎると消化管からの出血を招きタール便が出て、驚くことになるかもしれません。

 

下痢が続く原因ってアルコールが関係あるの?何科に行けばいいの?

 

お酒を飲むときは、アルコールの入っていないお茶やお水などを一緒に飲むことや、空腹でアルコールを大量に摂らないこと、飲酒の前に牛乳などを飲んで、胃粘膜を少しでも保護するなどの予防法をぜひ試してみてください。

 

参考までに食べ合わせの良い、お酒とおつまみの組み合わせを紹介しますね。

 

  • ビール:枝豆、豆腐料理など(良質なたんぱく質が豊富で、肝細胞の修復・再生を助ける)
  • 日本酒:イカやタコの刺身(イカやタコは肝機能を向上させるタウリンを豊富に含む食材)
  • ワイン:チーズや卵料理(たんぱく質が豊富に含まれている)

 

揚げ物やお肉などの脂肪分の多いおつまみばかりだと、ますます肝臓を苦しめてしまうので、おつまみ選びも大切です。

 

まとめ

黒い便が出る原因がお酒ということもあることが分かりました。お酒が原因の黒い下痢は、上部消化管の出血が原因である可能性が高いことも分かっていただけたと思います。

 

いたずらに不安になる必要はありませんが、重篤な病気が原因ということもありますので、続く下痢やタール便の際は、速やかに病院で診てもらう方が安心できると思います。

 

くれぐれも病気になるほどの飲酒には注意してください。

 

スポンサーリンク