便秘と下痢が繰り返し襲ってくる場合は、「過敏性腸症候群」かもしれません。この病気は、ストレスの多い先進国で良く発症が確認されています。

 

日本では10~15%の人が、過敏性腸症候群と言われています。中でも20~40歳の、働き盛りの年代に多く見られるため、ストレスとの関係は大きいと思われます。

 

若年化が進んでいる傾向があり、ストレス対応できない若者が発症するケースが増えてきています。

 

また、お腹が張り、おならが出たらどうしようと、過剰に気になることでさらにガスが発生する、「ガス型 機能性腹部膨満症」も考えられます。それでは詳しく見ていきましょう!

 

 

 

便秘と下痢を繰り返すのは過敏性腸症候群!

便秘,下痢,おなら
この病気は、「消化管運動異常」「消化管分泌異常」「心理的要因」の3つが原因になると考えられます。

 

<病型>過敏性腸症候群の病型は、大きく4つに分類されます。

 

  • 不安定型…主に腹痛、腹部違和感、下痢と便秘が交互に発症します。(交代型)
  • 慢性下痢型…常に腹痛や下痢症状への不安がつきまとい、少しのストレスや不安感でも下痢を起こします。悪化すると、その不安から通勤や通学の電車やバスに乗るたびに、下痢をもよおし、外出が困難になります。
  • 慢性便秘型…痙攣性の便秘が起こり、便が滞ります。便意をもよおしても、水分のないコロコロの便がやっと排出される状態です。
  • 分泌型…強い腹痛が起こった後、大量の粘液が排出されます。

 

<診断基準>過敏性腸症候群は、ローマ基準と言う世界基準によって、診断されます。

 

  • ローマ基準…1998年 ローマで開催された、「第13回 国際消化器学会」で決められた診断基準です。初代のものが、「RomeⅠ ローマ・ワン」と呼ばれ、今は、2006年に改訂された、「RomeⅢ ローマ・スリー」によって、診断されます。
  • ローマⅢによる過敏性腸症候群の診断…繰り返す腹痛、または腹部違和感が、最近3か月のうち少なくとも1か月に3日以上あり、しかもそれらの症状が、以下の3つのうち2つ以上を伴うこと。

 

  • 症状が現れたときにより、排便の回数が異なる
  • 排便により、症状が軽快する
  • 症状が現れたときにより、排便の状態が異なる

 

症状は診断時より、少なくとも6か月以前に発症し、最近3か月の症状において診断基準を満たすこと

 

<症状>

 

  • 慢性下痢型 …この病型は、精神的な要因が多く、緊張したり、不安になると腹痛を伴う下痢症状をおこします。特に、通勤電車に乗るとお腹が痛くなり、途中駅で下車することなどが多く、それが不安で、さらに気になり、電車に乗ると毎回お腹が痛くなるようになってしまいます。また、大切な会議や、人前で話す時などの緊張を強いられたときにも腹痛が起こります。悪化すると、緊張する場面や、不安なことを考えただけでも腹痛や下痢が起こります。また、下痢が出てしまうと症状は軽快しますが、何度も繰り返します。

 

  • 慢性便秘型…過敏性腸症候群の便秘は、痙攣性の便秘に分類されます。腸が痙攣するということは、過剰なぜんどう運動と鈍く動かない状態が、繰り返し起こることを意味しています。スムーズに便の移動が起こらないため、水分が吸収された便はコロコロのウサギのフンのような形状になってしまいます。大腸の運動異常が原因のため、便が腸内に長くとどまることで、ガスが発生し、腹部の膨満感を感じます。便意とともに、さらに腹圧がかかるため、腹痛が伴います。

 

  • 分泌型 …これは、便秘でも下痢でも起こります。強い腹痛が起こり、排便と共に、大量の粘液が排出されます。これは、消化管の粘液異常が原因です。

 

<原因>

過敏性腸症候群は、腸の検査をしても異常は見られません。そのため、ストレスからくる自律神経の異常が原因だと考えられます。腸は、自律神経が支配しているため、自律神経がバランスを崩すと、直に影響が出てしまうのです。

 

自律神経は、交感神経と副交感神経で成り立っています。腸を正常に機能させているのは、副交感神経です。そのため、副交感神経が過敏になり、神経伝達物質を大量に分泌してしまうと、腸のぜんどう運動は過剰反応を起こし、下痢を起こしてしまいます。

 

このとき、大量に出ている神経伝達物質は「セロトニン」と言い、通常の働きは、興奮を抑えたり、気持ちを落ち着かせたりする、ホルモンです。セロトニンは、リラックスしたり、良い睡眠がとれている時に分泌されるホルモンなので、貧血や片頭痛を持つ人にとっては、なんとかして増やしたいぐらいのホルモンなのです。

 

ところが、この時に分泌されているセロトニンは、リラックスなど関係なく、ただ単に自律神経→副交感神経が正常に機能しなくなったために異常に分泌されているだけのものです。

 

また、本来、腸が元気でいるために、副交感神経はセロトニンの分量を調整し、適度のぜんどう運動や消化液の分泌を促しています。腸は第二の脳と言われるのは、自律神経によって、不調が起こりやすいためで、ストレスを受けて耐え切れない時に、腸に不調が現れます。

 

<治療>

過敏性腸症候群の治療は、ストレス原因を取り払わない限り治りません。それは、容易なことではないため、人は過敏性腸症候群を抱えたまま、毎日を過ごすことになってしまいます。

 

この病気は、年齢を重ねていくと症状が軽くなっていくことから考えて、ある程度の人生経験を積んで、ストレス耐性ができると回復に向かう傾向があると思われています。

 

 

そのため、若いうちから、ストレス耐性を作ることで、早いうちに回復させることができます。若くても、ストレスに強い人も大勢います。その人たちの特徴を見てみましょう。

 

<ストレスに強い人の特徴> 

 

  • 「まぁ どうにかなるさ」と受け流すことができる
  • 何事も経験だ!と思える
  • 周囲を頼ることが出来る、人に相談することができる
  • 責任元を追求しない
  • 人を助けて、見返りを期待しない
  • 仕事を離れた趣味がある

 

などがあります。

 

繊細な人にしてみれば、とても恐ろしくてそんな風に考えられないと思うかもしれませんし、無理に同じようにする必要はありませんが、一人で抱え込んでしまうのは、大変危険なことなのです。

 

ストレスに強くなり、症状を軽くしたいと考えたなら、まずは周囲に協力を求めることから始めると、気持ちが楽になります。

 

通勤電車で下痢症状が起きると、「遅刻してしまう」「迷惑をかけてしまう」と心配事が増えて、よけい下痢が起きやすくなってしまいます。周囲に相談することで、「理解されているから大丈夫だ」と言う安心感が生まれると、症状が軽減されていきます。

 

便秘を改善するためには運動が必要?効果的な食べ物は?

 

ストレス性の便秘の場合は、水分を多めに摂ったり、毎日オリーブオイルを小さじ1杯飲むなどの工夫で、便の滑りを良くすると、改善が見られます。

 

おならが気になって仕方がない!いつもお腹が張っている!

過敏性腸症候群の症状に、「腹部の違和感や、腹部の膨満感によってガスが溜まる」というものがあります。

 

原因は、ストレス性で過敏性腸症候群と同じものなのですが、このガスによるものだけ、ローマ基準により、別の病名がついています。

 

☆ガス型 機能性腹部膨満症

 

<症状>

常にお腹が張っている、おならが出やすい、お腹がゴロゴロ鳴る、お腹がグーッと鳴るなどのお腹の症状に加え、胃のむかつき、ゲップが異常に出るなどの胃の症状も含まれます。

 

おならが気になる症状は、過敏性腸症候群の下痢と同じく、「おならが出たらどうしよう」と考えることで、さらに出やすくなってしまうと言う、神経症状です。

 

<原因>

ストレス性で、腸内環境が悪化したために、腸内にガスが溜まり発症します。

 

<治療>

ガス型の症状がある場合は、腸内環境を整えることでも軽減できます。ガスを抑える薬を飲むことで、実際にガスも減り、「これでおならが出なくなる」と言う安心感が生まれることで症状が緩和されるのです。

 

まとめ

便秘と下痢を繰り返すような症状は、過敏性腸症候群が考えられます。過敏性腸症候群は、ストレス性の病気です。症状が心配になることで、さらに症状が悪化すると言う、悪循環を招いてしまいます。

 

この病気は、ストレスの多い先進国で発症することが多く、さらに年齢的にも20~40代と、ストレスを受けやすい人たちが発症しています。

 

便秘に効果的なツボとは?即効性のある足裏や手のツボは?

 

腸と精神状態は、密接なつながりがあるため、ストレスを受けると腸に影響し、反対に腸内環境が悪くなると、精神状態も悪くなります。両方を、より良い状態にしていく努力が必要なのです。