下痢の症状は痛みがなくても続くと心配ですね。痛みは体からの異常を知らせるサインであるという考えから、痛みのない体の異変の方が心配だという人います。

 

痛みのない下痢はいったい何が原因でどのように対処すればよいのでしょうか?知っておくと落ち着いて正しい対処をすることができるはずです。

 

 

スポンサーリンク

 

下痢が続くけど痛くないなんてあるの?

images
まずは下痢という症状ついて少し知っておきましょう。下痢とはどのような便の状態をいうのでしょうか。

 

理想的な便の固さは便の中の水分量が70~80%といわれているのに対し、様々な原因で便の中の水分量が増え、90%以上になり水のようになった便を下痢と呼んでいます。腸は蠕動運動(ぜんどううんどう)をしながら栄養や水分を吸収し残った不要な物を便として排出しています。

 

通常水分は99%吸収され残りの1%が便となって排出されます。

 

しかし、腸の動きが活発になりすぎて、消化された内容物の通過が早く十分に水分が吸収されないまま排出されてしまう〝運動亢進性下痢(うんどうこうしんせいげり)〟や腸の吸収機能自体が低下してしまう〝浸透圧性下痢〟腸からの水分分泌が増えてしまう〝分泌性下痢〟などの原因により、通常よりも多量の水分が便として排出されるため下痢が起こってしまうのです。

 

下痢は「急性下痢」「慢性下痢」の2つに大きく分かれます

il05

急性下痢の原因には

 

  1. 暴飲暴食などによる消化不量
  2. 身体が冷えたことによる腸の異常収縮
  3. 細菌やウイルスに感染しておこる感染性胃腸炎
  4. アレルギー性の下痢

 

慢性下痢の原因にはストレスなどが原因で起こる過敏性腸症候群やクローン病や潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)、大腸ガンやバセドウ病など重篤(じゅうとく)な疾患が隠れていることもあります。

 

下痢というとグルグルとお腹が痛くなるイメージはありませんか?ときには吐き気や嘔吐がセットでやってくるような…。これはお腹が冷えて自律神経が乱れ、腸が異常収縮してしまったときや食べすぎによる消化不良、食中毒などのウイルス感染を起こしたときなどに多くみられる下痢の症状です。

 

しかし腹痛を伴わない下痢もあるのです。良く知られているのは、牛乳を飲むとお腹を下してしまうから飲めない人がいるという話です。また食べた物が上手く吸収されずにそのまま排出されてしまう場合は腹痛が起こらなくても下痢をしてしまいます。

 

下痢が続くのに腹痛なしって何が原因?発熱もなし?

 

他にも精神的にダメージを受けたことが原因の下痢には腹痛を伴いものもありますが、腹痛はなくいきなり下痢が出る場合もあるようです。また薬の副作用などが原因になる場合もあります。

 

大腸がんは腹痛のない下痢が起こることが知られています。

 

痛みのない下痢の原因って何?

ba353b943fb9985b677593b7a0d6121d
牛乳を飲むと下痢をしてしまう場合は、牛乳の成分である乳糖という物質を分解する酵素がもともと体の中に少ない体質の人にみられます。牛乳を飲んだ後に乳糖が上手く分解・吸収されずそのまま便として排出されてしまうため、便の水分量が多くなり下痢になってしまうというものです。

 

食べた物がそのまま排出される下痢の場合も仕組みはほとんど同じです。食べた物が胃や小腸で上手く消化されないまま大腸へと送られてしまい、栄養や水分を上手く吸収できないまま便として排出されるため、腹痛はないことが多いのですが下痢になってしまいます。

 

また加齢による消化液の減少や咀嚼(そしゃく)回数の低下も消化吸収機能の低下につながり下痢になってしまうことが考えられます。

スポンサーリンク

 

これらの腹痛のない下痢の場合は、病気である可能性は低いのですが、日常的に下痢が続くということは、体に栄養が取り込めていない状態が続いているということであり、体重減少や免疫力の低下などにつながってしまいます。そのような場合は速やかに症状の改善を行う必要があります。

 

精神的原因で下痢をする場合もあります。この場合は病院などで検査をしても体の異常は見つからないのに、下痢などの症状はずっと続いているということが多いです。

 

この症状を、過敏性腸症候群と言います。過敏性腸症候群は脳がストレスを感じると、自律神経でつながっている腸に刺激が伝わり、腸を異常収縮させたり腸の運動を亢進させてしまうため下痢がおこるので腹痛を伴うことが多いのですが、慢性的な過敏性腸症候群の人の中には腹痛を感じることはなくても、下痢になってしまうという人もいます。

 

こんなときの対処法は?

乳糖不耐症の場合は、乳糖を分解する酵素を増やすというのは難しいので、牛乳をそのまま飲むことは控えなければなりません。ヨーグルトやチーズなどは同じ乳製品でも下痢を起こしにくいといわれているので試してみてもいいでしょう。

 

食べた物が消化吸収されずに下痢として出てしまう場合、つまり消化不良を起こしている場合の効果的な方法は食生活の見直しです。以前は平気だったのに今はあまり食べたくなくなったという経験はありませんか?

 

それは年をとるにつれて体が欲する食べ物が変わってきた証拠です。そのようなものを無理に食べると体にとっては負担となり、消化吸収力がますます低下してしまう原因となります。

 

脂肪分は消化しにくいものの代表ですので、脂っこい物を食べすぎていないか、また体を冷やすような物を摂りすぎていないか、刺激物を摂りすぎていないかなどを振り返ってみましょう。

 

ちょっとしたことですが、サラダ油よりオリーブオイルやごま油の方が消化が良いとされていますので上手く食事に取り入れてみてください。そして何より暴飲暴食を避け3食しっかり食べて、規則正しい食生活を心がけてください。その他にもストレスで下痢になる場合もよくあります。

 

ストレスの場合は、下痢が続く→気持ちが落ち込む→腸内環境が悪くなる→ますます下痢がひどくなるといった悪循環に陥ることも考えられます。

 

ストレスの原因を取り除くことができれば最も良いのですが、なかなか難しいですよね。そんな時はお腹と相性の良い食べ物を摂って、悪循環のどこか1か所を断ち切りましょう。

 

根菜類やあまり精製されていない穀物、味噌などの発酵食品はお腹との相性がいいだけでなく、セロトニンという幸せ物質を含みストレスに良い食事とも言われています。

 

また、自分に合ったストレス解消法を見つけ出し、ストレスを溜め込みすぎないように、定期的に発散する環境作りをしてみてください。

 

下痢の水状態がずっと続く…お腹は痛くないのになぜ?

 

善玉菌と悪玉菌のバランスを調節したり腸内環境を整えたりするサプリメントもあるので、食生活や生活習慣の改善だけではどうにもならないときは使ってみても良いかもしれません。

 

腹痛のない下痢って予防できるの?

下痢の予防法はいくつかあります。対処法と重なることもあるのですが、まずは日頃から暴飲暴食をしないことが大切です。食べすぎや早食いは消化不良を起こしやすいです。

 

日ごろから腹八分目、良く噛んでゆっくりと食べることを心がけましょう。また下痢を起こしやすい食べ物はなるべく避けるように心がけましょう。

 

果物や豆類に含まれる糖類や甘味剤は腸内に水分を溜める効果があり下痢になりやすいと言われています。他にも香辛料の多い料理やカフェイン、アルコールや冷たい飲み物などは腸管を刺激し下痢を引き起こしやすいと言われているので口にする際は気をつけましょう。

 

体を冷やさないようにすることも大切です。

 

特に女性は生理期の冷えに注意します。体の冷えは自律神経の乱れを引き起こし、腸管を異常収縮させて下痢へとつながってしまいます。

 

防寒着などで体温調節を行い、特に腹部を冷やさないようにしましょう。冬場はもちろん、夏場でもエアコンの効いた部屋に長時間いたり直接冷風に当たっていたりすると、思っている以上に体は冷え、血行も悪くなっています。気を付けてください。

 

まとめ

腹痛を伴わない下痢には様々な原因がありました。下痢をしていても痛みがないと、症状自体を軽く見てしまいがちですが、大人の下痢は痛みがなくても正常な状態とは言えません。

 

きちんと原因を理解し正しく対処して、健康的な排便習慣をつけたいですね。

 

スポンサーリンク