便培養検査とは、患者さんの糞便を検体として採取し、細菌学的に検査を行っていく検査手法のひとつです。   臨床細菌学的検査の流れは、なんらかの症状を有する患者から検体(便や尿、血液や喀痰など)を採取し、それを検査・・・